益田森林・林業普及情報

島根県西部農林振興センター 益田事務所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「農商工連携事業促進」セミナー

2008年10月27日 | エトセトラ(丸秘情報ガアルカモ?)
 11/11(火)13:;30~16:40の日程で、
 浜田ワシントンホテルプラザ2F会議室において、
 「農商工連携事業促進」セミナーが開催されます。

 同セミナーでは、
 国内有数の集成材メーカー銘建工業(株)
 代表取締役 中島浩一郎氏の話を聞くことができます。

 演題は、「木質バイオマス資源を活用した地域活性化」です。

 実は、9月にアウトドアライターの天野礼子さんの企画された
 “木質バイオマス社会設立”“CO2ゼロ”を学ぶ旅に
 私も潜り込ませていただいたのですが、
 この視察の中で、中島社長のお話を聞かせていただく
 機会がありました。

 銘建工業(株)の本社工場は、
 コストカット・世界一とされる一貫生産方式だけでなく、
 工場の電力のすべてをバイオマス発電でまかない、
 かつ、電力を「買電」している工場として、
 注目をされています。

 バイオマス発電は、集成材の製造過程で発生した、
 カンナ屑や木の皮等を利用しています。

 また、カンナ屑からは、ペレットを製造し、
 北は、北海道から、南は宮崎等、
 全国各地に供給しています。

 銘建工業(株)のペレットの生産量は、15千トン/年。
 全国の生産量の約半分のシェアを占めている
 と言われています。

 また、銘建工業(株)が所在する
 岡山県真庭市では、民と官の協働で、
 バイオマスを活用したまちづくりに
 取り組まれています。
(真庭市には、林業部門とは別に、
 産業観光部にバイオマス政策課があります)

 真庭市の視察では、
 コンクリート製品メーカーで木質チップが、
 農業や温水プールで木質ペレットが、
 ボイラーの熱源として、
 実際に利用されている状況を
 目の当たりにしました。
 
 セミナーでは、
 中島社長からは、このような
 会社や真庭市でのバイオマスへの取り組みについて
 お話が聞けるのではないでしょうか?

 参加費無料です。
 益田管内の林業・木材産業関係者の方も
 積極的に参加して下さい。

 セミナーの詳細、申込み方法については、
 こちらを御覧下さい。 


 投稿者 島根県西部農林振興センター益田事務所林業普及グループ 
     主任林業普及員 大場寛文

 ~清流高津川、山の緑に映える柿色の瓦屋根の町並み~ 
  なつかしの国石見(いわみ)

この記事についてブログを書く
« 林業普及員全体研修会開催 | トップ | 樹は熟した。 »
最近の画像もっと見る

エトセトラ(丸秘情報ガアルカモ?)」カテゴリの最新記事