益田森林・林業普及情報

島根県西部農林振興センター 益田事務所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

低コストで壊れない作業道研修会の開催について

2007年07月10日 | 森づくり
 来たる7月17日(火)、高津川流域林業活性化センターの主催により、「低コストで壊れない作業道研修会」が開催されます。
 
 開設費・維持管理費が安価で、
 しかも、長期に渡り、繰り返し使用できる耐久性を持った
 道づくりの研修会です!

 低コストで安定的に木材を生産するためには、
 持続的な林業経営を行うためには、
 低コストで壊れない道づくりが必要不可欠です!! 

 益田管内の林業関係者の方、また、作業道の勉強をされたい方は、ぜひ、御参加下さい!

 以下、研修会の概要です。

1.日時  平成19年7月17日(火)13:30~17:00

2.場所  島根県益田市昭和町13-1 益田合同庁舎5階 大会議室

3.主催等 
  1)主催 高津川流域林業活性化センター
  2)共催 島根森林管理署、島根県西部農林振興センター益田事務所、公社造林推進協議会

4.講師  徳島県 橋本光治氏、橋本忠久氏
 
※講師概要
 橋本光治氏は、作業道の第一人者である大橋慶三郎氏の指導を受け、自家山林に高密度路網を開設されている。
 また、近年は、作業道の講師として、全国各地で活躍されており、指導実績は四万十式作業道で脚光を浴びている四万十町役場等、多数ある。
 その他、持続的な林業経営に取り組んでおられ、長伐期択抜施業、複層林施業、針広混交林施業についても、造詣が深い。
 橋本忠久氏は、光治氏の子息であり、光治氏と同様に作業道の指導経験が豊富である。

5.内容  低コストで壊れない道づくり及び橋本氏の山林経営についての講演


参考) 低コストで壊れない作業道のルート設計の概念(図は、林野庁資料より転載)

・安全な尾根筋に幹線(S字状登坂路)を入れる。
・路面勾配により、雨水を誘導し、安全なところへ排水する。
・路面の雨水は、一箇所に集めず、出来る限り分散して排水する。


 このほか、18日(水)~20日(金)には、橋本先生に引き続き、現地研修をお願いしています。

 場所は、島根県鹿足郡津和野町の赤石山町有林です。
 対象は、高津川流域内の森林組合や林業事業体等を予定しています。
 雨が、大変心配ですが、実りある研修となることを祈っています。

投稿者 島根県西部農林振興センター益田事務所林業普及グループ 主任林業普及員 大場寛文 

この記事についてブログを書く
« 粘菌を飼ってみました。 | トップ | 島根県緑の少年団連盟総会の... »
最近の画像もっと見る

森づくり」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事