益田森林・林業普及情報

島根県西部農林振興センター 益田事務所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

熊! くま! クマ!!

2014年05月07日 | 森の環境と生き物
この春、益田管内でクマの錯誤捕獲や目撃情報が相次いでいます。


4月10日(木)
山中で、イノシシのおりにクマが錯誤捕獲。


↑麻酔で眠らせたクマ

今年度、県内初の錯誤捕獲でした。


4月17日(木)
クマの子供2頭が奥山で発見されました。



かわいい! ・・・だからといって近づいてはいけません。
子供を探しに来た親グマと鉢合わせの可能性があり、とても危険です。


5月1日(木)
民家の裏でクマを目撃。




↑麻酔で眠らせ、当事務所・金澤鳥獣専門員と益田市・吉田鳥獣専門員で個体計測。
 その後、学習放獣しました。

このほかにも、益田事務所管内での目撃情報が数件報告されています。


この時期、冬眠から覚めたクマは食糧の山菜を求めて山を歩き回ります。
みなさんも山菜取りなどで山に入るときには注意してください。


第一にクマに出合わないようにすること。

遠くからでもクマにこちらの存在を気づかせるため、
山に入るときはクマ鈴やラジオなど音の出るものを身につけましょう。
クマは臆病な動物なので、こちらの存在に気づけば
多くの場合はクマの方から離れていきます。

それでも万が一、クマと鉢合わせてしまったら、
クマを刺激しないように、ゆっくりとその場を立ち去りましょう。


クマを目撃したら、お近くの市町村役場または農林振興センターに連絡してください。

この記事についてブログを書く
« 第4回高津川流域木の家コン... | トップ | 「木の家づくりコンテスト」... »
最近の画像もっと見る

森の環境と生き物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事