益田森林・林業普及情報

島根県西部農林振興センター 益田事務所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤いスギは枯れていますか、花粉が飛びますか?

2006年02月16日 | 森づくり
 花粉症の方はいやな季節になりますね。枯れて花粉を飛ばさなければよいのですが、冬季に見る葉が赤いスギは、枯れてはいませんので、花粉を飛ばします。

 
  冬季に赤く変色したスギ林

 葉の色の変化は、クロロフィルとロドキサンチンの消長に関係しているようです。温度が低くなるとクロロフィルが減少し、ロドキサンチンが増加しスギの葉が赤みを帯びてきます。
 また、冬季に緑のままで「みどりすぎ」と呼ばれる個体もありますが、これはロドキサンチンの生合成がうまく機能しない個体です。
 皆様ご存じのクロロフィルは葉緑素ともいい緑色の基になり、ロドキサンチンはカロチノイドの一種で青黒色系の結晶です。
 なお、冬になると増加するロドキサンチンの意義・効能はよく分かりませんでした。

   
 枝先にはしっかり花粉の元(雄花)が付いています。



この記事についてブログを書く
« 荒廃森林の墓碑(番外編) | トップ | 列状間伐研修会を開催します »
最近の画像もっと見る

森づくり」カテゴリの最新記事