中小企業診断士 藤田雅三 ブログ

~コンサルティングblog~ざっくばらんにいろいろ書きます。

スーパーとレストラン

2018年10月20日 11時49分41秒 | 戦略・ブランド・コスト・業務改善

 

 

人事コンサルタント養成講座 ただいま第21期、2018年12月期生を受付中です。実践実務で使えるツールが満載です。

おはようございます!経営コンサルタント 中小企業診断士の藤田雅三(フジタ マサカズ)です。

先日の日経MJに次のような記事がありました。

「食料品店×レストラン成城石井10店体制に」
・高級スーパーの正城石氏は店内で調理した料理を店内で食べられるグローサラントを取り入れた店舗を拡大する。10月に千葉県に2号店を開き、今後4年間で10店まで広げる。本格的な焼き立てのピザやホットドッグなどをメニューとして提供する。
(出所:2018/9/21 日経MJ)

とのことです。

店舗の既存スペースの横に約20席の飲食コーナーとのことで、販売する食材を使用したピザやホットドッグ、持ち帰り用ローストビーフ、など。来店頻度や客単価の上昇を見込んで売上を2割増を目指すそうです。

2017年9月に開店した1号店の東京都調布市の店舗では、ハンバーガーをメニューとしたところ、通常店では売れ行きが悪いハンバーガーのバンズが月600個売れるなど、食材購入につながる効果を確認したそうです。

阪急オアシスなど大手でもスーパーの中にレストランのようなものを導入する動きがあり、業態開発が進んでいますね。
店内飲食がどの程度食材の購入に結び付くかは、微妙かなあとは思うのですが(店内で食べたら、その食材は買わない?また食材を買うなら、店内ではそれを食べない?)、買って帰るか、そこで食べて帰るかという食の選択肢が増えるのは利便性が向上するのでしょうね。といいながら一方では軽減税率の問題がスーパーやコンビニでの飲食にどう影響してくるかというのも始まってみないと何ともわからない部分はありますね。

単なるイートインとの違いをどうだすかは、スーパーの休憩所のように安っぽくならないようスペースの作りこみとメニューが重要かなという気がいたします。

★ブログランキングに参加中です。1日1クリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
blogramランキング


流通小売業、飲食業、サービス業の戦略、マーケティング、業務改善
製造業(消費財・生産財)のBtoBマーケティング、営業戦略
人事コンサルティング(人事評価制度・賃金設計・各種研修)
創業 / ベンチャー支援 経営革新 事業再生・企業再生 事業承継 / 後継者支援 初回無料ご相談はお気軽にこちらまで。E-mail
インサイトアップ株式会社 公式サイト
人事評価制度研究所 公式サイト
経営コンサルタント
経済産業大臣登録 中小企業診断士
NPO法人金融検定協会認定 ターンアラウンドマネージャー
藤田雅三

 

 

ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« コンビニの専用工場 | トップ | 今年最後です、あと1~2名の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戦略・ブランド・コスト・業務改善」カテゴリの最新記事

Twitter

カレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

gooブログ おすすめ

  • RSS1.0 RSS2.0

なかのひと

無料アクセス解析