アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

平成が失ったもの

2019年02月21日 | ギャラリー

間もなく代替わり。

30年続いた「平成」という時代に幕がおりる。
この時代を生きた一人として感慨を新たにする。

このところ、各種の雑誌で「平成特集」が組まれたが、この時代、身近にあって親しまれてきたものが次々と姿を消した。

時代の趨勢と言えばそれまでだが、中には郷愁を誘われるものもある。
例えば、電子機器の分野でも・・・。

この他にも、

 ①ワープロ
 ②フロッピーディスク
 ③8cmCDアダプター
 ④CDラジカセ
 ⑤ブルトレ
 ⑥ポリ容器入りお茶
 ⑦駅の切符切り
 ⑧世界2位のGDP

などを思い浮かべるが、反対に、平成で新たに出現したもの、強まったものもある。

 ①いじめ、児童虐待
 ②国と地方の借金(1,000兆円)
 ③政治の劣化
 ④ネトウヨ・レイシスト
 ⑤セクハラ・パワハラ
 ⑥非正規雇用
 ⑦日本の国際的地位(一人当たりの所得22位、報道の自由度67位)

とまぁ、何ともやりきれない感じではある。

コメント

時事川柳傑作選

2019年02月20日 | ドラミング

今朝の新聞(朝日)に載った時事川柳。

昨今の国会論戦などをふまえた傑作が並んだのでご紹介したい。

1、2句:ビックリしたなもう・・・。韓国の大統領は出していない由。

3~5句:同じ構図です。アベノミクスのためなら手段を選ばず、神の領域までも・・・。

6句:世界7不思議のひとつか?

コメント

いくら何でも・・・

2019年02月19日 | アーバンライフ

今朝の新聞(朝日)3面に掲載されたこの記事。

9割近い沖縄県民が、本土にくらべ「沖縄の基地負担は重すぎる」と回答した。

また、政権は沖縄の意見をきいているか、との問いには、67%の県民が「そうは思わない」と答えた。

そう、これが現実。

沖縄の基地問題は、内地に住む私たちの問題でもあるのだ。

コメント

新着ドーナツ~ホーネック「ベートーヴェン・交響曲第3番”英雄”」

2019年02月18日 | 音楽三昧

意欲的な音造りで名を馳せている指揮者だが、今回初めて聴いた。

名曲の指揮ということもあり、あれこれ細部の音の創り方の違いが気になった。
ただ、それは前向きの姿勢で、聴く意欲をそぐものではなかった。

彼は、ウイーンの出身で、クラウディオ・アバドの元で修行し、2008年からピッツバーグ交響楽団の音楽監督を務め、マーラー交響曲集の録音は高い評価を得ているという。

機会があれば、これも聴いてみたいと思った。

このドーナツには、リヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲第1番も収められている。

収録曲
 ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55「英雄」
 リヒャルト・シュトラウス:ホルン協奏曲第1番変ホ長調 Op.11

演奏 
 ピッツバーグ交響楽団
 ウィリアム・キャバレロ(ホルン)
 マンフレート・ホーネック(指揮)

録音:2017年10月27-29日・2012年9月22-24日(ホルン協奏曲)
Reference Recordings FR728SACD(輸入盤)

コメント

立て髪族???

2019年02月17日 | アーバンライフ

日刊しんぶん赤旗に、毎週末掲載されるこのマンガ。
「今どき小学生、くるみちゃん的生活」

時々拝見してニンマリしているが、今週は「たてがみ族」のお話。

それにつけても、千葉県野田市の両親の虐待で命を落とした栗原心愛ちゃんも同じ小学生。

彼女にもこんなほっこりした毎日をおくって欲しかった。

コメント