ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

冬眠から覚めた熊 コーデ

2018-04-06 04:32:18 | きものがたり
180324.sat.-2



東京は桜満開宣言。昨日、国立劇場にて歌舞伎鑑賞。
冬眠から覚めた熊。
っていうのが今回の私のテーマ(⌒-⌒; )



濃淡グレー縞の牛首紬。
レモンイエローの縮緬名古屋帯。お太鼓にマティスばりの熊ちゃん!
京都の日本画家 児玉静さんというおばあちゃま画。前帯は肉球ドーン!(笑)
白熊帯留めと濃淡グレーの三分紐。
帯揚は濃グレーのドット柄。
半襟は淡ベージュとグレー七宝柄のふくれ織。
長襦袢はぼかし入りの黒。
足袋は濃淡グレーの縮緬小紋の端切れで作ってもらったもの。
草履は紅型鼻緒の濃シルバー。
グレーとベージュの縞の伊那紬の長羽織。
根付は阿智村長岳寺の水琴鈴。



南信州伝統芸能研究会の皆さんと一緒だったので、伊那谷ゆかりのものも少しプラス。

「あっ、パンダだ!」(熊だけどね σ^_^; )
子ども達に人気のあるこの帯、おばさま達にも大評判でした。

コメント

サファリ コーデ

2018-03-17 02:52:20 | きものがたり
130311.sun.



11日、東織 着物パーティー。
この日のコーデ、テーマはサファリです。





うねうね柄お召の小紋は斉藤上太郎さん作。
名古屋帯にキリンを描いたのはお父様の斉藤三才さん。ぎょろ目がカワイイ??
帯揚は黄色のグレンチェック。
帯締は黄色の組紐。
半襟は淡ベージュとグレー七宝柄のふくれ織。
長襦袢はぼかし入りの黒地。
足袋はベージュ地の麻の葉柄。
草履は黒×茶の市松鼻緒に黒革。
道中着は野蚕シルクのすっぽりコート。(これについては別記予定)



帯飾りは根付の代わりに丸い大きなブローチ。ずいぶん前に故・吉武輝子さんに頂いたもので、朝、パッと目に入ったので (^^)
あ、ピアスはナンビア土産のキリンちゃんです??


会場は明治記念館。
フレンチのフルコースに、
余興はシテ方観世流 能「羽衣」。
若者の五人囃子が揃い踏み。ひととき天女の舞いを楽しみました。



そうそう!恒例の(というか皆さまお目当ての?)
訪問着や袋帯やらズラリ並んだ大抽選会。
滅多に(ほしいものが)当たったことのないワタクシが、
今回念じたのは日本酒です。

で、(こんなところで)念ずれば通ず(⌒-⌒; )
当たりました!



京都丹後は木下酒造のひやおろし。
杜氏はフィリップ・ハーバー氏。
3年後に飲んでくださいと言われたけど、
3年も我慢できないよ~(笑)


余談ですけど、
14時46分頃になったらいっときでも黙祷タイムをとるかな、と思ってたけど
なかったな~~ちょっと残念。
コメント

未来新年会は結城の訪問着で

2017-02-01 02:31:50 | きものがたり
170115.sun.

未来短歌会の新年歌会。



寒かった!! 連チャンの神楽坂。
日本出版クラブ会館に、準備のため朝8時半集合。

よ、よ、予想外にご、ご、五十肩で右腕が後ろに回せなくて(上には上がるのに)、、、
いつもなら15分で着るところ、なんと倍以上の時間がかかってしまった。
結局、初めて夫に手伝ってもらいましたのよ。とほほ。

 

 

すごく久しぶりに、結城紬の訪問着。
茶色地に松竹梅、桜、菊などの友禅染め。
(落款、誰なのか忘れてしまったけど)
唐獅子文様のモール織の袋帯。
若草色の梅鉢紋ふくれ織の半襟。
長着と同系色の帯揚げ。
若草色×辛子色の平組の帯締め。
根付は木彫りの鶏。
千鳥の帯留もどきは実は箸置きです。
梔子色ぼかしの長襦袢。
レース織の(一応、私的には)白足袋。
艶消しゴールド、桜柄の印伝鼻緒の草履。

 

岡井隆先生は風邪のためお休みでしたが、
豪華お弁当付きの賑やかな新年歌会でした。

コメント

消炭色小紋+一村袋帯

2017-01-12 07:47:27 | きものがたり
170109.mon.



一昨日、たまたま見ていた「開運なんでも鑑定団」で
田中一村の絵が出て、500万円という高値がついた。
真作なら、まあそうだろうなあ、、、と思って見ていて、
ふと「そうだ!一村の帯があった?!」

ということで、昨日の五行歌関東合同新年歌会のコーデはそれで決まり。




消炭色のぼかし染め小紋。
田中一村が奄美大島に移住してからよく描いたアダンの風景などを
友禅で模した袋帯。両縁は奄美の龍郷柄
(ソテツの葉とハブを図案化した大島紬の伝統的な柄)。
ふくら織の白半襟。
水色と淡紫の染め分けの帯揚げ。
臙脂色丸組帯締め(蜻蛉玉付き)。
紫の鱗柄の長襦袢。
小紋地の端切で作った足袋。
グレーぼかし染めの革草履。

そうそう、酉年なので、
飛騨古川の蜻蛉玉作家の友人の店で求めたひよこちゃんの根付。



夜風が心地よい晩でした。

コメント (2)

鳥獣戯画ギガコーデ(≧∇≦)

2016-11-22 10:09:19 | きものがたり
161112.sat.-2



同窓会へ、久しぶりにお着物で。
藍染大島紬に、絞りで鳥獣戯画を描いてた訪問着。
塩瀬の帯は黒地に鳥獣戯画のカエル君たち。
名付けて鳥獣戯画ギガコーデ!?(≧∇≦)



帯揚げ、帯締めはそのカエル色。
半襟は縮緬友禅の古布。
紫の鱗文様の長襦袢。
紫とグレーの細かい市松の足袋。



羽織はグリーン系の菊文様。
実はこれ、浴衣地(≧∇≦)羽織紐もグリーンのブレスレットで。
コメント (2)

久しぶりに、銘仙長羽織

2016-03-29 06:24:22 | きものがたり
160326.sat.-

後楽園(不忍歌会学習会)→TOKYOドームホテルでお茶
→ギャラリーゑいじうへ移動。



久しぶりに薄緑の結城紬。
160亀甲で細かい柄を織り出した好きな着物です。

 

60年前に義母が着ていたという銘仙を仕立て直した長羽織。
共布でベレーを作って、これを着るときには合わせています。
着物に帽子?まあ、いいではないの(^_?)?☆
と言い続けて20年近くなりました。

 

帯は、鹿系の動物が織られた深緑色の博多袋名古屋。
辛子色の半襟。
帯揚げは錆浅葱のちりめん。
帯締は辛子と薄茜のぼかしの紬地の丸ぐけ。
足袋は薄黄の麻の葉柄。
草履はグレー地に錆浅葱と薄紫の鼻緒。
コメント

波に鶴のお着物コーデ

2016-03-07 20:41:37 | きものがたり
160306.sun.

昨日から花粉症がひどくて、
薬で頭くらくら、鼻水、くしゃみ、目のかゆみでもう倒れそう。
なのに、わざわざ、とある着物のイベントへ。



波の文様の総絞りの小紋に、
若冲の鶴が織り込まれた袋帯。
波打ち際に佇む鶴って感じ?(≧∇≦)
帯締めは錆び朱の絞り、
帯揚げはスパンコール仕上げのよく見ると派手?な・・・(;^_^A
長襦袢、草履、帯飾り、ピアスは赤。

 

この袋帯、なんと、全通で8体の鶴図が織りこまれてます。
(締める前に写真を撮っておけばよかった~~!( ノД`)
なのにお太鼓に上手に出るのはここだけって・・・なんて贅沢な・・・。

 
 

でも、今日の隠れた主役はダニエルです。



張子と革で作られた黒猫のバッグは、
岩手在住のデザイナーcoshell 2 の作品。
ダニエルっていうのは、私が勝手に名付けたのですけどね。(笑)
無表情な黒猫。カワイイ。

 


そのあと、表参道のmatohuへ。



京都は「おくゎし とま屋」さんの、
とろけるようなわらび餅をいただきました。
とってもラッキーな日(^^♪ ご馳走さまでした。

 店内のビーズの象も気になる・・・
コメント (2)

2月は鬼の帯

2016-03-05 05:12:29 | きものがたり
060229.mon.-2

 

 

荒木町に着ていったのは、焦げ茶の縞の牛首紬。
帯は大津絵の鬼が三味線弾いて酒飲むの図の九寸名古屋。
これは2月のうちに締めなくちゃ、と。(笑)
前帯の裏を出しても、徳利だし〜〜σ(^_^;)

 

ぼかし地の紬の丸ぐけに、草花を染めた帯揚げ。
水色地のちりめん友禅の半襟、長襦袢は紫の鱗文様。
足元が寒いので、辛子色のネルの足袋。
草履は千鳥格子のツイードの鼻緒で。
野蚕糸で織った道中着。

 
コメント

睦月のお着物

2016-01-25 01:55:42 | きものがたり
161117.sun.


未来短歌会2016年新年会。

  

今週もやや華やかに古典柄の染め結城。
帯は瀧泰の朧染めの袋帯で。

午前中は9冊の歌集の講評とシンポジウム。
お昼を挟んで、岡井隆先生の講話。
選者12名による参加者120名ほどの歌評。
17時を回る頃にはぐったり。

その後、場所を変えて懇親会。
未来賞、年間賞の表彰、スピーチなど。
昨年よりさらに若返った感あり。

夜半より雪との予報を受けて、21時頃には帰路につく。
コメント

きものの美・最終章

2016-01-19 01:20:12 | きものがたり
160115.fri.


取材に行くのに、
これまでいちばん緊張したのは誰だろうと考えるに、
池田重子先生もその一人ではなかったか。
紹介者のIKKO氏から、
くれぐれも失礼のないようにとさんざん口煩く言われたこともありますが、
着物好きにとったらスーパー憧れの女性であり、
池田重子コレクションといったら文字通りの垂涎の的でもありましたものね。

池田先生の凛とした上品な佇まいと発せられた言葉が、
銀座松屋の「日本のおしゃれ展」で蘇ってきました。
今回展示されている帯留や半襟や袋物、
四季折々魅惑のコーディネートの周りでは、
誰もがただただ溜息を漏らすばかり。



新宿伊勢丹にまだ美術館があった1993年、
第1回日本のおしゃれ展を見た衝撃。
粋とか洒脱とか遊び心とか、突き抜けた美とか、
こんな風に着こなしていいのだという勇気と理想を示してくれたのだと、
いま改めて思います。
あれから二十余年が経って、
「最終章」と書かれた本を眺めながら、
無性に寂しくなってくるのです。

※ 池田重子先生は昨年10月に逝去されました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

コメント