ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

鳩間島3 海の中へ

2018-08-08 02:48:25 | 旅する
2018.07.13-15

7/12は大潮。
まさにその日を狙って、半年前から鳩間島への旅の計画を立てていたのはS嬢。
(彼女のことは別項にて記す予定)
夜中に満潮になるので、午前中から引き始めて、昼過ぎに最大干潮となる。
何がしたかったというと、その時間帯、海の底が露わになるわけでして、
普段は見られない海底の様子や珊瑚礁や取り残された魚たちやいろいろいろいろ。

島の半住人、羽根田氏が連れて行ってくれたのは、マイトウゼの反対側の浜。
歩いて20~25分か。
突然開けたのは海ではなく、薄茶色の珊瑚の地面。
遠くに見える青いところまで歩く、と言っても、サンダルを履いていても痛い感じ。
痛い痛いと言いながら、ウネウネとガキガキと広がる
少し前まで海水に浸かっていた「(今は)地面」をだいぶ歩いて「海」まで。



で、いきなり深い海ですよ(^_^;)
20年ぶりなのに、ここから入って潜るわけ?
ええい、ままよ!と入水。
と思ったら、いきなり波が押し寄せて、波ごとひっくり返る私
(その衝撃写真、S嬢が撮ってたんですが、未入手ゆえに後日公開)。
ああ、海だ。気持ちいい。
慣れるまでしばらく泳ぎ回って、さて、とジャックナイフ 、、、
はウエイトつけてないこともあるけど、やっぱりスムーズに降りてゆけない(^^;;
ジタバタしてたように見えただろうなあ(笑)
でも、予測?していた通り、自転車と同じ、昔とった杵柄ですぐに慣れました。
魚もいるいる。海だわ~~

大変だったのは、上がる時です。
波に押された時に岩場(陸に出てる珊瑚礁)を掴まないと、また引き戻される??
あーれ~~ーってな感じ。
Tシャツを着ていたものの、結構な擦り傷切り傷だらけに。
夫は岩場で腕を切って(上着の上から)、流血(・・;)

いやー。。。なんでこんな初日から痛い目に遭うの?
スマホは(たぶん)このときの熱と湿気でやられたと思う。
なので、この日の壮大な滅多に見られない珊瑚礁の陸地写真は全没となりました。

新調したピカピカのフィンは数時間にしてボロボロに(涙)

 → 

翌日、宿から15分足らずの屋良の浜で潜ったんですが、
なんて遠浅で静かな波なの。ああ、最初はここで優雅に潜りたかったよ。
だいぶ勘を取り戻したので、ぐぐーんと潜って、
底に見えた大きな巻貝を取ってこられました。

 

水中で一回転して上がってきながら、水面を眺めるのが好きだった。
またこんな気分を味わえるなんて嬉しかったなあ。



翌日のバラス島ツアーで完全復帰。
たくさんの魚やウミヘビと戯れてきました。
バラス島は珊瑚礁でできた無人島。
ここの写真も(誰かから入手できたら)後日改めて。
コメント

鳩間島2 青鳩

2018-08-06 23:52:24 | 旅する
2018.07.12-14



青鳩の鳴く声はか細い。
なんだか虚無僧が吹く気の抜けた感じの、もとい心に染み渡るような声で鳴く。
突然、森の奥からポォォーポォォー・・・♪
電線に止まって、気持ち良さそうにポォォーポォォー・・・?



散歩の途中でSさんが拾った青鳩の羽根の根元は、なるほど、うっすら緑色だった。

青鳩といえば、大磯の山から海へ海水を汲みにくる彼らを観察に行ったことはあるが、
声を聞くのは初めて。
我が故郷、伊那谷は大鹿村にも岩塩が出るせいかどうか?
青鳩が生息しているという話を聞いたことがあるが、見たことはない。



島にはもちろん都会でよく見る雉鳩も多い。
でも、島の鳩は華奢ですんなりしている。
総じて、鴉も鵯もスリムで身が軽そう。
鳩がたくさん生息しているから鳩間島というのかどうかは知りませんけどね。



島を出る日、船着場に向かう我ら8人を、
電線に止まった8羽の青鳩が見送ってくれたのは忘れられません。
コメント

鳩間島1 雨降らし花

2018-08-03 08:15:58 | 旅する
〈鳩間島-1〉


鳩間島では「雨降らし花」というそうです。
淡いピンクのシュッと細長い蕾がツンツン上を向いている。

「雨が降る前に咲くんだよ、この花は」と島の方から聞いたその晩、というか明け方、
スコールのような雨音(だったという。私は気づかなかったけど😅)。

翌朝、朝食をとりにペンションマイトウゼの海辺の食堂へ行く途中、
目に飛び込んできたのは、南の島には優しすぎる淡い色合いの花畑。
本当に!雨降らし花だったんだ〜♬


 
正式名はわかりません。ふふふ。
コメント

鳩間島へ

2018-07-30 02:11:39 | 旅する
180712.thu.

7月12日(木)から17日(火)まで、
沖縄・鳩間島~西表島に行ってきました。

羽田から石垣島空港へ降り立つと、
施設のあまりの発展ぶりと人の多さにびっくり!
20年前とは大違い!

タクシーで離島ターミナルまで行き、船に乗る。
西表島経由で40分かかると聞いていたのに、
高速船の直行便だったため、20分ほどであっという間に鳩間島。



ペンションマイトウゼに荷物を置き、さっそく島の探索です。

 

  

台風一過の海はエメラルドに光り、向こうには大きな西表島が見える。

 

すると、なんと!!!
海から虹が出ているではないですか。



虹が育っていくのを見るのは初めてです。

 

みるみる半円を描いて、陸地に着地。
すばらしい光景でした。

しかも、外側に副虹まで現れるというすばらしい歓迎ぶりに
皆でしばらく見とれておりました。

 

 防波堤に夕陽が映って金色に輝く

夜は、島バナナ🍌をつまみに琉球泡盛。
3日間お世話になるマイトウゼオリジナルラベルです。

  

 

夜空には満天の星。
さそり座の全貌も見られて、
まさにまさに、星が降る島でありました。

これから、少しずつ書いていきますね。
コメント

誕生日の「紅いダイヤ」

2018-07-30 02:09:46 | 美味いただく
お久しぶりでございます。
ブログ更新をひと月以上もさぼったのは初めて(;^ω^)
いや、なんかいろいろ忙しなかったんですね。
大丈夫です。倒れてるんじゃないかとか、寝込んでるんじゃないかとか
巷で噂になっていたようなのですが、大丈夫です。元気です!

まずは、今年の誕生日(7月5日)の前日のことから・・・。


180704.wed.



誕生日の少し前に、母が贈ってくれました。
ふるさとのさくらんぼです。
くだものの町・松川の「100カラットの紅いダイヤ」。
ねっとりと甘くて美味でした。


コメント