モンテッソーリ子どもの家アイアイ

愛知県西三河(刈谷市)にある少人数制のモンテッソーリ教室です。
子どもたちの主体的な活動を大切にしています。

発達支援教室「発達を促す遊び方セミナー」

2019年08月22日 | 【発達支援教室】

昨日は、発達支援教室クローバー(知立市)にて

「発達を促す遊び方」セミナーを企画していただき、受講してきました。

 

子どもは、

中心から末端へ、

粗大運動から微細運動へと発達します。

 

粗大運動の順番は、

首がすわる→寝返り→ずりばい→ハイハイ→一人座り→つかまり立ち→伝い歩き

そして、ヨチヨチと一人歩きし始め、だんだん歩行が安定してきます。

 

モンテッソーリ教育のNido(ニド)は、

赤ちゃんの発達に合わせて環境を整えているので、

とっても自然に発達を促します。

 

ご家庭でも、赤ちゃんが自由に動けるように、

危険なものは床に置かないようにして、

柵で囲わないようにするといいですね。

 

また、お座りさせれば座るからと座らせてしまうと、

お座りの方が楽しくなって、うつ伏せやハイハイが苦手になって、

おすわりのまま移動するお子さんもいらっしゃいますが、

寝返りやハイハイは、体幹を育てるので経験させてあげたい運動です。


ハンマー投げの室伏選手や、テニスの錦織選手などは

「赤ちゃんトレーニング」「体幹トレーニング」などを

取り入れているそうです。

ご家庭で場所を確保するのが難しい場合は、

お近くの子育て支援センターなど広い場所に連れていくなど

工夫されるといいですね。


それでも、皮膚感覚が過敏だったり、怖がりさんだったりで、

寝返りやハイハイが苦手なお子さんがいらっしゃいますが、

関わり方次第で成長することができます。

 

今回は、そのあたりを詳しくお聞きしてきました。

↓ 勉強の成果。紙がシワシワになってます

 

発達支援を専門にされている先生ですが、

必要だからと無理矢理やらせるトレーニングではなく、

子どもの自主性を大切にされています。

また、苦手なことに挑戦するときは、

スモールステップで進めていくところなど、

モンテッソーリ教育と共通する部分がたくさんありました。

 

必要な方がいらっしゃれば、

一緒に子育ての悩みを解消していきたいと思います

 

モンテッソーリ教育と赤ちゃんの環境について知りたい方は、

 こちらの「ベビーコース」にお申し込みください。

ママのためのモンテッソーリ教育勉強会ご案内

 

発達について相談したい方は、直接お問い合わせください。

発達支援教室クローバー(知立市)

カウンセリングや各種講座もあります。

「モンテッソーリ子どもの家アイアイのブログを見た」と

お伝えくださるとうれしいです

 

下矢印細井晴代先生のブログ

(愛知県)ちょっと気になる子を伸ばす発達支援ガイド

教育学修士、保健師免許、養護教諭免許、ムーブメント教育中級指導者

刈谷市で長年保健師をされ、現在、発達支援教室クローバー代表。

愛知教育大学非常勤講師でもあり、発達の専門家。

 

お知らせ

2019年10月27日(日)10:00~11:30

0~2歳までの運動と脳と発達についての子育て講座開催します。

笹瀬ひと美先生の子育て講座「0~2歳までに育てておきたいこと」

モンテッソーリと言えば、手先のお仕事に注目されがちですが、

赤ちゃんの体は、中心から末端へ発達しますので、

小さい頃の粗大運動は、とっても大切です。

また、入園前は親子で過ごす時間が多いと思いますが、

ご家庭で、親子で、手軽にできる遊びも紹介していただきます。

幼児期、学童期とどうつながっていくのか、お話していただきます。

下矢印下記申し込みフォームにてお申し込みください。

笹瀬ひと美先生の子育て講座申込フォーム

 

 

ぜひ、こちらもお読みください。
モンテッソーリ教育を初めて知る方へ
マリア・モンテッソーリ
モンテッソーリ実施施設の選び方
情報を見極める
モンテッソーリに関する書籍
家庭でモンテッソーリ教育を取り入れるなら

 

モンテッソーリを知りたい方はこちらへ。

ママのためのモンテッソーリ教育勉強会ご案内

 

入会ご希望の方はこちらへ。

モンテッソーリ子どもの家アイアイ クラスのご案内

 


この記事についてブログを書く
« 10月27日(日)子育て講座「0~... | トップ | チョウのお世話 »
最近の画像もっと見る

【発達支援教室】」カテゴリの最新記事