Exworld

ストレス自己テスト 解消法は?

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
記者 神出病院 報道
精神疾患とは、うつ病、双極性障害、不安障害、強迫性障害など、さまざまな精神疾患の総称であり、「統合失調症」とは言えません。
確かに春になると精神疾患の確診率が高いのは事実ですが、この現象を説明する科学的な理論が認められているわけではありません。
この理論を裏付けるような一般的な発言がいくつかあります:
内分泌の乱れを引き起こす天候の変化
春の天候が予測できないため、ホルモンの分泌が乱れ、精神状態の浮き沈みにつながることもあります。
年明けのストレス
春になると、一年の計画やタスクを立て始めると、ストレスレベルが上がり、精神的な病気に襲われやすくなります。
以下のような問題が数日~数週間連続して発生した場合は、そろそろ精神的・心理的な問題に目を向けてみてはいかがでしょう。

1.睡眠障害
寝つきが悪い、早起きしてしまう、夢を見てしまう、目が覚めやすい、悪夢を頻繁に見る、睡眠時間が減ってしまうなど、すべて睡眠障害に該当します。

2.情緒異常
情緒不安定、気分が落ち込んだり、喪失感を感じたり、不幸になったり、感情的でおせっかいなことが多いです。

3.行動障害
習慣が変わると社会性が低下する 人は怠け者になったり、不衛生になったり、過剰に清潔になったりして、入浴や着替えを繰り返します。

4.集中できない
大事なことを忘れていることが多く、終わりのないことをしていることが多いです。身体症状:頭痛、倦怠感、パニック発作、胸痛、首や四肢の頸部痛、食欲不振や食欲増進、月経の変化など。


精神状態をセルフチューンするのに良い方法:

日常生活と休息
規則正しい生活、規則正しい飲食、早寝早起き、過度な疲労や娯楽を避けましょう。
合理的な労働時間を維持し、業務を適切に配分し、定期的に休憩を取りましょう。食欲がある人もない人も、時間をかけて食事をするようにしたり、アルコールやカフェイン、ニコチンの摂取量を減らしましょう。

睡眠の質の確保
就寝前にはコーヒーやお茶などの刺激的な飲み物を飲まず、就寝2時間前には電子機器に近づかず、退屈な本を読みましょう。

豊かな生活と気晴らし
テレビ番組を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり、ゲームをしたりなど、ランニング、ボクシング、ウォーキング、水泳など、自分が楽しめるスポーツを選びましょう。 これにより、脳が感じる外部からの刺激を増やし、運動によって不安を解消していきます。

自己感情のデエスカレーション
不安や恐怖という感情は、危機に直面したときの通常の個人の反応であることを受け入れ、否定したり解任したりせず、自分が本当に不安や緊張を感じていることを確認し、不安や緊張を感じていることを書き出してみて、それを一つ一つ分析し、前向きな解決策を探してみましょう。

感情の共有
自分の気持ちや経験を友人や家族と話し合って共有したり、励ましたり、応援したり、肯定したり、社会的なサポートシステムを改善したり、家族や友人との接触を維持したりしましょう。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る