Exworld

社会は反社会性パーソナリティ障害の識別を改善すべき

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
記者 神出病院 報道

現在、国内外の主流の精神医学、心理学、法曹界、社会全体では、反社会性パーソナリティ障害の鑑別と予防に十分な注意が払われていません。

法律も遅れているし、いくら罰を与えても被害者の命は救えないし、壊れた被害者家族を取り繕うこともできません。

そして、患者の社会病質人格障害が発症する頃には、法の威厳から、社会に対する復讐のための彼らの極端な思考や計画を排除することが困難になっていることも少なくありません。


そのため、同様の悲劇を防ぐためには、反社会的パーソナリティ障害の鑑別・予防を強化する必要があります。そのためには、このタイプのパーソナリティ障害の形成につながるプロセスを深く理解する必要があります。

神出病院の先生によると、一般的に、パーソナリティ障害の特徴は、「共感力の欠如」、「自己反省の欠如」、「社会の規範をはるかに超えた行動」の3つです。

反社会性パーソナリティ障害の個人は、社会に復讐したり、罪のない人を傷つけようとする意図的で極端な行動をとるのが特徴です。

しかし、パーソナリティ障害患者の病理心理は、遺伝や先天的なものではなく、主に後天的な状態から段階的に進化していくものです。深層催眠下での外傷修復(TPTIH)の広範な臨床実践を通して、形成の原因は主に2つあることがわかってきました。


第一に、これらの患者さんは、重畳的な心理的トラウマを大量に受け、怒りや不満、恐怖などの強いネガティブな感情を時間をかけて蓄積し、歪んだ誤った認識を大量に発達させてきました。

第二に、これらの患者が成長するにつれて、彼らの家族が自己反省を学ぶように導くことができなくなりました。彼らは打撃や挫折に遭遇するたびに、一貫して外部に責任を負い、他人や社会に責任を転嫁しています。

そのため、日常生活では、このタイプの患者は、トラブルに巻き込まれるのが好きで、意見が過激で、他人の言動に非常に敏感で、常に暴言を吐いたり、社会への不満や愚痴を言ったり、責任を軽視したり、気質も内向的で、落ち込みやすく、イライラしやすいという印象を周囲に与えてしまいます。

明らかに、この集団の対人関係は、普段は何事もなく、どんどん他人との葛藤が深まっていきます。その結果、外界への恨みはますます深くなり、悪循環に陥ってしまいます。

最初のうちは、自分と対立した相手に復讐したいだけなのかもしれませんが、後になってそれが社会全体に広がっていきます。これらの心理的要因がある程度蓄積されると、ある日、ある刺激の下で、社会に復讐するために極端な手段をとることを決意します。

上記の心理的発達過程は、単純なうつ病強迫性障害不安障害、または双極性障害明確に異なります。残念ながら、一般の方はもちろんのこと、プロの精神科医でもあまり知られていません。

さらに、反社会的パーソナリティ障害の加害者がうつ病や不安障害、双極性障害を患っていたことが判明した場合、一般の人々は、これらの障害が原因で罪のない人々に危害を加えたと誤解し、これらの障害の被害者を否定的に見てしまうことが多いだろう。

実際、単にうつ病や不安症、双極性障害などの精神疾患を患っている人は、罪のない人を傷つけたりはしませんが。無実の人を傷つけるものは、反社会的パーソナリティ障害が原因であることが多いです。

したがって、私たち一人一人が社会の一員として、自己反省を強め、過ちから学び、この悲劇を通して、より多くの罪のない家族が被害者にならないように、関連する法改正や効果的な対策の実施を加速・強化していくべきです。

記者 神出病院 報道
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る