Exworld

どうやって精神疾患を持っているかどうかを見分けることができるのでしょうか? 精神疾患はどのようにして発症するのか?

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
記者 神出病院 報道
数ある病気の中で、一番気になるのは精神疾患だと思います。精神疾患がある方の多くが、発症する時に感情をうまくコントロールできない場合もあります。では、一般的な精神疾患はどのようにして発症するのでしょうか?

精神疾患がどのようにして起こるのかを知るために、その原因を理解することが大切です。
精神疾患には様々な種類があります。その中には、以下の要因と関連していることが多いらしいです。

遺伝的要因:
遺伝の決定的な証拠はありませんが、一般的に精神科の患者さんは家族に精神疾患の病歴があり、近親者であればあるほど精神疾患の可能性が高いと言われています。臨床観察では、一卵性双生児のうつ病の併存率は、二卵性双生児のうつ病の併存率の3倍以上であることが示されています。

性格的要因:
性格的特徴と精神疾患は、より大きな相関関係があります。例えば、敏感で疑心暗鬼、引きこもり、無愛想な性格の人は統合失調症になりやすく、反応性のある性格の人は双極性障害になりやすいらしいです。うつ病、用心深く、臆病で、ためらいがちな性格の人は、強迫性障害になりやすいといいます。

心理社会的要因:
深刻な自然災害、家庭の不和、不幸な結婚、キャリアの挫折など、様々な不利な人生の出来事が、長期的な精神的緊張や心理的矛盾をもたらし、しばしば不安や抑うつにつながり、精神疾患の前兆因子となることがあります。
また、文化や社会的な習慣や習慣、宗教的な信念や生活習慣が異なる人は、精神的な病気や精神症状、症状の現れ方が異なる場合があります。
精神的に病んでいるかどうかの判断は、精神疾患の種類ごとに異なる症状から判断すべきである。症状が優勢な統合失調症患者など、さまざまなタイプの精神科患者の症状が異なります。知覚・思考・感情・意志の障害や精神活動の協調性の欠如がしばしば見られます。これは、幻覚、連想障害、妄想、情緒障害、行動障害、意志力の低下によって現れます。
一方、情感的な統合失調症患者は、感情が変化していることが特徴である。例えば、躁病の中心的な症状は、感情の高揚、思考の活発化、言語の増加です。一方、うつ病では、気分が落ち込んだり、思考が遅くなったり、言葉の動きが少なくなったりするのが特徴です。
では、精神疾患の原因を知ることで、その人が統合失調症患者かどうかを判断するにはどうすればいいのでしょうか。

精神疾患を持っているかどうかの判断は、一般的には、その人の状態が発症してからの具体的な内容を十分に理解した上で行われます。職場の同僚、学校の同級生、家庭の親戚などの印象を、発症前と発症後で比較します。発症前と発症後の変化を比較することで、本人の印象を、同世代の人や周囲の同じような社会的地位の人と比較することもできます、つまり水平比較と垂直比較と呼ばれるものです。
精神疾患の症状は複雑で多様なもので、患者本人や家族は、「精神疾患かどうか」ということについては、あくまでもギスギスした判断しかできません。だからこそ、医師が診察して診断を決める精神科の病院に行くのが一番です。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る