Exworld

よく見られる8つの精神疾患まとめ

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
記者 神出病院 報道

今日では、精神疾患はもはや一般の人々にとってタブーではありませんが、多くの人は精神疾患とはどのような種類のものなのか、理解していません。今回は臨床でよく見られる精神疾患について簡単に説明します。



1.   うつ病
昨今、うつ病が注目されていますが、うつ病になる人が増えているようです。主な症状は、持続的な気分の落ち込み、どうしてもうれしくない、何事にも興味がない、考えるのが遅い、反応が鈍い、疲れやすい、不眠、食欲の低下、ひどい時に自分の存在価値がないと感じることなどです。
2.   不安障害
不安障害の種類は全般性不安障害(多くのことに不安を感じる)や特定の場合の不安障害、社会不安、広場恐怖症、パニック発作などです。不安の対象は異なるが、症状は似たようなもので、主にこれから起こることに対して過度な不安を感じ、不安を感じ、パニック、発汗、頻尿などの身体症状まで現れます。


3.   強迫神経症
強迫観念と強迫行動が同時に存在することを特徴とする神経症である。手洗いを繰り返したり、ドアのロックをチェックしたりといったステレオタイプな行為をしなければ、悪いことが起きるのではないかと心配してしまいます。患者は普通、自分の行動が正常でないことを知っていて、反強制的な衝動を持っているが、自分を抑えることができず、非常に苦しんでいます。
4.   統合失調症
統合失調症は精神疾患の一種で、症状の発現も複雑である。中核症状は思考障害、すなわち思考の一貫性と論理性に欠陥があり、最も多く見られるのは妄想である。次に知覚障害として聴覚的幻覚や幻覚などが挙げられるが、感情障害や意志行動障害が現れることもある。感情が薄れ、活動が減り、孤立し、孤独を好むこともある。
5.   自閉症
通常は乳幼児期に発症する広汎性発達障害で、症状の表れは多様です。自閉症の子供たちは、私たちの言葉を理解できず、普通の子供のように私たちと交流することができず、好きなものも特別である。


6.   ADHD
ADHDは子どもに多い心の病気で、集中力がなく、気が散りやすく、活動が多く、仕事が遅れ、落ち込みがちです。自制心が弱く、忍耐力がなく、衝動的になりやすいです。彼らの知能はほとんど正常な状態だが、授業の効率が悪く、学業成績も芳しくないことが多いです。ADHDは子どもに多くみられるが、患者の6ー7割は大人まで症状が続くため、早めの治療に注意が必要である。
7.   人格障害
人格障害とは、人格の特徴が著しく正常から逸脱したもので、多重人格、反社会性人格障害、演技型人格障害、分裂型人格障害などが一般的である。人格障害を持つ人は、通常、周囲の環境にうまく適応できず、社会的機能が低下し、他者との調和のとれた関係を築くことが困難です。人格障害の平均的な人は、通常、社会生活の中で葛藤があるときだけ医者に行くことを考えて、医者に行くことを開始することはほとんどありません。しかし、人格構造の変化は難しく、抗精神病薬の服用で情緒的・身体的症状は改善されますが、社会的適応の問題では心理療法の利用が必要となります。
8.   拒食症
拒食症は10代の女性に多く、すでに他人からは痩せているように見えても、食べたくない、太っていたら嫌われるのではないかと心配になり、次第に食べられなくなり、重度の栄養失調に発展していく女の子が多いのだそうです。拒食症の本質的な問題は食事ではなく、「やせる」と「好かれる」の間の病的な思考を調整することである。


以上は、一般的な精神的・心理的な病気のうちのいくつかですが、実際には、多くの症状は典型的なものとは言えず、具体的な症状も微妙に異なります。

記者 神出病院 報道
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る