gooブログスペシャルサイト 愛地球博公認 万博市民ブログ  
  ボタン:市民プロジェクトとはボタン:概要   gooブログ  
 
 

ラストスパート

やっと万博市民ブログが本格始動とおもったら、もはや閉幕まであと17日あまりということに・・・・・。しかし、万博史上初の市民プロジクトも、やってみてわかったことばかり、それらの成果を整理するために、このブログはいい機会になると思う。特にそれぞれの市民プロジクトの皆さんが成果を出し合って、それを最も大事なポスト万博に向けて、新たな旅に出るための、とてもよいフォローアップメディアになるとも思う。ぜひそれぞれブログを立ち上げて、その後の成果と経験の交換をしよう。

 市民パビリオンと海上広場に集まった235の市民プロジクトは、235の「市民の知」です。いま、その「市民の知」に興味をもってくれる、先見性の高い人々が現れはじめた。

 つい先日、横浜市の職員K氏が来られて、市民パビリオン対話劇場・対話ギャラリーで展開していることの継承を横浜市としてやりたい、という意向をもってきてくれました。彼は、中田横浜市長を市民パビリオンに連れてこられ、市長を説得させた人物。愛知からみなと横浜へ、そして横浜はなんと上海と姉妹都市。徐々に海上の森で始まった、第三の時代のエンジンのダイアローグは、いよいよ世界に向かって展出していくか?.

 また、中部経済同友会などの経済団体も、市民パビリオンに集まった235の「市民の知」と産業界との接点を研究しはじめている。持続可能なものづくりに市民との関係の重要性に企業側がきずき始めた。

 これらのためにも、それぞれの市民プロジェクトにおいて、万博ではじまった出来事について、ブログで報告してもられば、もっと具体的な持続的継承ができるとに思う。
NHKでも報道された、「IT寺子屋プロジクト」のカンボジアとの連携や「ときを祝うメモリー」のNPO化や、ストリートチルドレン芸術祭や地球スカベンジなどの全国展開など・・・・・。どしどし状況を報告してください。みんなで励ましあいながら、短いチャンスだから、ぜひ生かそうじゃないですか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )