gooブログスペシャルサイト 愛地球博公認 万博市民ブログ  
  ボタン:市民プロジェクトとはボタン:概要   gooブログ  
 
 

市民の力で駆け抜けてきた185日間

愛・地球博最終日を翌日に控えた昨日、「市民の叡智~市民プロジェクト185日の軌跡から~」と題して、「地球の愛し方」をテーマにプロジェクトを行ってきた市民のメッセージを映像とトークで綴り、184日間を振り返るイベントを行った。「万博は時代のエンジンを見せるショールームである」という、市民参加プロデューサーの小川氏のコメントからスタート。185日という期間の中で、参加市民として活動した皆さんが、この「愛・地球博市民プロジェクト」というイベントを通じて伝えたかった事、感じた事を、総勢70名近くのプロジェクトがリレースピーチを行なった。「私の人生で最大、最高のイベントだった。今後も地球環境にいいことをやっていきます」「万博に参加して、大きな自信とパワーになった。そして、多くの人はいつも平和を願っていることがわかって本当に嬉しい」と万博に関われた喜びを話す市民が多く、また「1年前、自分が万博に関わるとは思っていなかった。でも僕は今ここにいます。1年後、5年後、10年後のことを考えていきたい」「万博は明日終わります。9月26日から何をするかを考えましょう」と、今回の参加を「スタート」と捉える声も多かった。プロジェクトの懐かしい映像やスピーチを聞くうちに涙ぐむ参加者もおり、感動的なステージとなった。リレースピーチの間には市民パビリオンのテーマソングを歌う白井貴子さんや、対話劇場で数多くのライブやワークショップを行ってきたタムタムヤポネシア他、多数のゲストがライブを開催。劇場内は来場者・スタッフ共に大いに盛り上がった。
「時代を動かす市民の力」を糧に走り続けてきた市民パビリオン&海上広場は、本日グランドフィナーレを迎える。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何かを始めるのに「遅い」ということはない

シニア世代を考える「エイジングフォーラム2005」の最終日として、「地球への手紙、地球からの手紙」と題し、最近人気の絵手紙をテーマにしたプロジェクトが行われた。
花城祐子さんによる絵手紙ワークショップ(写真)や、公募作品の表彰式のほか、「創ることの楽しさ」と題したトークショーが、放送作家の五藤文夫さんのコーディネートで、写真家・浅井慎平さん、画家・城戸真亜子さん、作家・CW.ニコルさんらによって行われた。
 ものを創るということに対し、浅井さんは「本来人間が持っているものが、いつの間にか機械に取って代わられ、人間は薄っぺらい存在になってしまった。機械を使えばできことをあえて機械を使わないですることが、人間の価値になってくるのではないか」と、現在の社会へ疑問を投げかけた。城戸さんは「絵を描くことは本来楽しいことなのに、今の学校教育では絵を描かせて、それを先生が採点してしまう。子どもの創造力を摘み取っている」と教育への危惧を語った。ニコルさんは「3年ほど前に水はけの悪い藪だらけの土地で、排水溝を掘り、滝や池など色々と作ってみた。そこに昨年台風で砂が流れ込んだため、砂を掘ったところ今までいなかったヤゴや川えび、サンショウウオなど色々な生き物が一杯いた。人が手を入れれば自然は応えてくれる。森作りはそこが楽しい」との話があった。仕事しか知らない人が多い団塊の世代は、定年後の生きがいをどう見い出すべきかという五藤さんの問いかけに、浅井さんは「仕事を離れてからどう生きるかということを、今からよく考えることが必要。今と未来は繋がっているということを認識すべき」、城戸さんは「今から始めて遅いということは何一つ無い。とにかく行動することが大切だ」、ニコルさんは「年をとるほど身体作りをしっかりやるべき。コンピュータばかり見ていると脳みそが腐っちゃうぞ」とそれぞれ団塊世代へエールを送った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いきいきと元気に人生を楽しもう

シニアがいつまでも元気に、若々しく生きるにはどうすれば良いか?「アンチエイジング」をテーマに、医療、美容、男女の関係など、様々な側面の各界のプロがメッセージを発信した。
「失楽園」「エ・アロール」「愛の流刑地」など、男女間の物語を数多く執筆している作家、渡辺淳一さんはずばり「男と女」をテーマに講演。ユニークな語り口で様々な「男と女のエピソード」を交えながら「世の中にはいろいろな学問があるが、『男女学』というものはない。それは、男女の間のことは全て一世代の間のことで、決して進化することがない。平安時代も今も恋愛に関する男と女の心模様は変わらない。だが、こうした複雑さが人生を豊かにする」と語った。
美容アドバイザー・佐伯チズさんが「いつまでも若々しく」をテーマに、タレント・南美希子さんの進行でトークイベントを開催した。佐伯さんは雑誌の連載やテレビ出演をする傍ら、60歳を迎えたのを期にサロンを開店するなど、多忙な日々を過ごしているが「忙しいことはとても良いこと」と佐伯さん。「『忙しい』ということは『やることがたくさんある』ということ。私はやることがたくさんあるととても楽しく感じる。楽しく仕事をすることは大事なこと」と、何か夢中になれるもの、自分が楽しめるものを見つけることの大切さを語った。南さんから「佐伯さんはいつも健康で、綺麗でいらっしゃるが、健康で綺麗でいるための秘訣は?」と質問されると「食べること」と回答。「体の内面から綺麗になれば、肌も綺麗になるし健康にもつながる。例えば野菜は、葉・茎・根などを余すことなく、食べ物の全体をおいしくいただく」と説明した。最後に自身の化粧法を来場者に伝授。佐伯さんが行っていることを自分も実践してみようと、メモを取る女性の方が多かった。
その他、ステージ上では「アンチエイジング健康チェック」なども行われ、「いつまでも健康でいきいきと過ごしたい」と願う人々の注目を集めていた。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

伝わるこころ、つながる命

社団法人・日本臓器移植ネットワークによるプロジェクト「伝わるこころ、つながる命 臓器移植の世界」が、対話ギャラリーのスポット企画スペースでパネル展示や映像の上映を行っている。
臓器移植とは、心臓・肝臓・肺・腎臓などの臓器が機能しなくなり、移植でしか治療できない方の臓器と、死後に臓器を提供してもいいという方の臓器を入れ替えて回復させる治療法のこと。医者と患者だけでなく、第三者の善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療である。プロジェクトメンバーは「臓器提供意思表示カード」を配布し、来場者に臓器の提供を呼びかけている。カードには脳死判定をされた後に、移植のために提供しても良い臓器を書く欄が設けられている。脳死とは脳幹を含めた脳全体の機能が失われ、二度と戻らない状態を指し、世界のほとんどの国で「脳死は人の死」と考えられ、臓器移植が行われている。脳の機能が残っていて回復の見込みがある「植物状態」と脳死は全くの別物である。脳死移植までの流れは①本人の意思表示 ②家族の意思表示 ③脳死判定(法に定められた脳死判定を2回行う)④患者の選択(提供された臓器が最も合う人をパソコンで選ぶ)⑤臓器搬送 となっている。展示コーナーには芸能界・スポーツ界などで活躍している方々のメッセージパネルも展示しており、来場者は熱心に見入っていた。
「伝わるこころ、つながる命 臓器移植の世界」は、9月25日まで対話ギャラリー・スポット企画スペースにてプロジェクトを展開している。また、23日・24日には「地球の授業」も行われる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明るくシニア世代の責任を果たそう!

「いきいきシニア宣言」と題して、体操、オペラ、シンポジウムなど様々な形で未来の日本社会のあり方と、その中でシニアの生き方について、来場者にメッセージを発信した。棒ビクスでは来場者と共に、日常生活の中でできる棒を使った体操を披露。座った姿勢でも楽しんで行える簡単な体操で劇場内は笑顔に溢れた。オペラ「宮沢賢治の世界」では、シニア世代の元気な姿を表現。劇場内が満席になるほど盛況で、素敵な語りと名古屋二期会による美しい歌声が来場者を包み込んだ。最後の「いきいきシニアサミット」では、元NHK解説員・村田幸子さんの進行によりシンポジウムがスタート。パネリストに名古屋大学教授の牧野篤さん、介護保険の発案者としても全国的に有名な医師である井形昭弘さん、「歌う弁護士」こと大塚いく子さんを迎え「高齢者が生きがいを持って生きていくためには、どのような生活をしていくべきか」をテーマに、長寿国である日本のあり方について語り合った。途中、大塚氏が「今の時代のシニアは女性が元気。しかし時間もお金も豊かであるから、性別問わずいきいきと充実した生活を送って欲しい。これからの時代を楽しんでください」と語ると、会場内は拍手に溢れ、これからの社会を生きぬくシニアの姿を現しているようだった。最後にプロジェクトリーダーの橋本さんが、「未来に希望の持てる社会を創る為、自ら健康に留意し自立して少しでも社会の為に働き、智恵を伝えて明るくシニア世代の責任を果たします」と、「いきいきシニア宣言」を読み上げ、賛同の拍手の中プロジェクトは終了した。

コメント ( 98 ) | Trackback ( 0 )

「生涯現役」を目指して

「敬老の日」の昨日、プロジェクト「エイジングフォーラム2005~世界の素敵なシニア達~」と題して、愛・地球博ボランティア委員長のハンス・ユーゲン・マルクス氏をはじめ、各国・各方面で活躍している6人のパネリストが、「さわやか福祉財団」理事長の堀田力さんと、NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長・樋口恵子さんのユーモアたっぷりの進行で少子高齢化や老後の生活をテーマに“井戸端会議”を行った。
愛・地球博をサポートしているボランティアスタッフは、60~70代の方々が全体の31%を占めている。客席には午前中に長久手会場でボランティアをし、終わってから急いで瀬戸会場に駆けつけたという70代の女性もみえた。「日本が成長するにはこうした高齢者の活力が必要」とパネリストの一人は語った。また、高齢社会や福祉の点でスウェーデンは進んでいると思われているが、実際は深刻な社会問題になっている。ただスウェーデンは115年前から高齢社会を迎えており、高齢者に対する社会システムは確立しているという。例えば、日本の老人施設で働くスタッフに「自分が年老いたら今働いている施設に入所したいか」と聞くと、ほとんどの人がNOと答え「自分が認知症になったらどうなると思うか」と聞かれると「分からない、怖い」と答える人が多いという。これは日本で認知症患者への福祉に関するノウハウが知られていないのが原因と語り「スウェーデンでは既にノウハウは確立されている。日本でももっと人材を育てなくてはならない」と訴えた。
パネリストは今まで出会ってきた中で最も尊敬できるお年寄りを挙げていったが「熱中することができ、充実した毎日を送るための趣味を持っている人を尊敬する」と意見が一致。最後に樋口さんが「『自分の希望を持って自分の仕事を持って生きていれば、介護など必要ない』と言った人がいた。皆さんもいつまでも元気に『生涯現役』でいきましょう」と語り、井戸端会議は終了した。対話劇場では23日まで、元気なシニアをテーマにした様々な催しを開催する。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

子どもから学ぶバリアフリーな関係づくり

近年、仕事を求めて多くの外国人が日本に住み、他民族多文化共生の時代を迎えつつある。その一方で、文化や生活習慣の違い、言葉の壁が原因で、外国人と地域住民との間で起こるトラブルが、国内の各地で問題となっている。こうした地域における民族間の軋轢を解決したいと立ち上げられたプロジェクト「世界子ども交流プロジェクト」が、昨日海上広場・野外劇場で最終日を迎えた。
同プロジェクトは「日本人の子どもたちがホストとなり、共に遊びながら万博会場で様々な国の子どもたちをもてなす」というテーマのもと、西尾市立鶴城小学校の総合学習の一環として、延べ10日間開催された。最終日のこの日は、けん玉やお手玉、「だるまさんがころんだ」や長縄跳びなど、昔から伝わる日本の遊びを通し、会場を訪れた来場者との交流を図った。期間中にはブラジル人学校の生徒らを招待したことも。プロジェクトリーダーの大河内奈緒美さんは、「子ども同士のハードルは、大人よりもずっと低い。遊びを通してどんどん輪を広げていく子ども達の姿を見て、大人にも何か気づいてもらえれば」とプロジェクトの意義を語る。大河内さんたちは今回の万博への参加に留まることなく、外国人労働者を多く雇用する企業や、外国人学校への日本語教師の斡旋など、外国人と地域との間を橋渡しする活動を、今後も継続して行っていく。「万博が終わったあとに何が残るか」を見据えた、市民発の地域活動の今後に期待したい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

すべての人が共生できる社会を創ろう

「ジェロントロジー国際会議2005」と題して、これからの超高齢化社会で全ての人が生きがいのある豊かな人生を送るため、高齢世代と若い世代との共生を目指す「ジェロントロジー(創齢学)」をテーマにトークイベントを開催した。ジェロントロジーという学問は、高齢化社会でのシニアライフの先進国アメリカで生まれた「いかに歳を加えていくべきか」を学問のレベルで研究していく学問。21世紀を迎えた今日、高齢化社会が現実のものとなり日本の高年齢者は4人に1人あるいは3人に1人といわれている。この現実の中で私達は私達の身近な問題として「高年齢化社会」というものを考えていかなければならないと、このプロジェクトの最大のテーマに掲げている。「現在の日本のシニアライフについての考え方は、海外の高年齢化社会に対する考え方からは、まだまだ立ち遅れたところにある。
今回のジェロントロジー国際会議は高齢者のみならず身体障害者の皆様の社会進出を考える機会になってほしい」とプロジェクトリーダーは語る。最初に、言葉ではなく体による表現で無限の可能性を感じて欲しいと、ダウン症のダンサーとしてスペシャルオリンピック開会式などに出演したブラッド・マグナス氏が素晴らしいパフォーマンスを披露。その後さまざまな方が講演を行い最後にシンポジウムで締めくくりイベントは終了した。
「ジェロントロジー」プロジェクトは本日も行われ、ジェロントロジーに関する講演や障害者の方のコンサートなどさまざまな

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

世界を巡る旅人が感じた「変」

対話ギャラリーにおいて、「愛の種まく地球の旅人」ことAKOちゃんが、壮大なテーマである「愛しいこの地球へ」と題し、特別授業を行った。AKOという名前は「どんな人に対しても謙虚でいたい」と願い、「アホだったら、謙虚でいられるんじゃないか」という思いから、最初は「AHOちゃん」と名乗っていた。しかし「H」が「K」に見えるとある人に言われてから、自然とAKOと呼ばれるようになったという。AKOちゃんがこのような語りの活動を行っているのは、世界を回って感じた「変」という感情から。環境に悪い事を平気で行ったり、暗いニュースが溢れる今日、地球に存在する全ての生物が笑顔でいられるようにと願いながら、楽しい話を交えて多くの人に自伝を伝えている。今回は20カ国以上を旅して一番印象に残った、インドでの出会いについて語った。その地で出会った衝撃的な言葉は「私を信じる必要はありません。自分自身を信じられるようになりなさい」。この言葉はその後のAKOちゃんの人生の教訓になった。「今まで自分を信じるのではなく、他人に信じる心を求めていた。しかしそうではなく、まず自分を信じることが大切だと改めて感じた」とAKOちゃんは語る。また、「この地球に生まれて感じることのできた、感謝する気持ちを大切にこれからも生きていきたい」と、来場者に優しく語りかけて授業を終了した。
またこの日、ヨシダダイキチさんらによるインド発祥の民族楽器・シタールと、打楽器・タプラによる「アラヤヴィジャナリサイタル」が、同じくインドをルーツとする仏教の仁王像の前で開催され、幻想的なインド音楽が来場者を楽しませた。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

アートで都市を、そして人を活き返らせる

対話劇場では14日から「愛知アウォード2005」が開催されている。昨日は「世界を拓く新たな文化の創造」をテーマに、午前中は作品の審査発表を行い、午後からは「21世紀の環境・都市と美術の役割」と題したフォーラムが行われ、環境アーティスト、サイ・ヒロコ氏をはじめ、アーティストや美術評論家として活躍する4人のパネリストが意見を交えた。
20世紀の都市は個性が埋没しており、人間と環境の関係が目茶苦茶になってしまった。21世紀は人間性を取り戻し、ものの価値観を元に戻す必要があるという。1000年過去を反省しながら、これからの1000年を考える――それに対する一つの打開策としてアートを活用する。パネリストの中には実際、街中に自身の作品を展示している方もいる。そもそもアートとは「人間が自分の考えていることを表現する方法。そして時代と共に変化していくもの」とあるパネリストは語る。「日本は世界でも有数の素晴らしい都市風景が存在する国。道を歩いていると次々と新しい風景が出てくる。そうしたものとの調和を考えながら都市を大きくし、人間性・価値観を取り戻す。一番重要なのは誰かが提案し、よりよいものを創っていくこと」と訴えた。実際に各都市が始めた「アート」も紹介。例えばスペインでは、海岸をコンテンポラリーな素晴らしいデザインで再建築し、フランスのパリでは時代ごとに街中にモニュメントが増えている。その成果を目にしながらパネリスト達は「日本も取り組むべき」と口をそろえる。そして「人間性・価値観を取り戻すことで、皆が共通の幸せを共有することができる」とアートが担う今後の目標を語った。「愛知アウォード2005」は本日も対話劇場で、トークセッションが行われる。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

 
 

« 前ページ