UV表面改質と接触角計のブログ

UV表面改質と表面評価接触角計の横浜市のエキシマ社のブログ

インプラント光処理システム 国際口腔インプラント学会2017へ出展しました。

2017-11-07 09:10:38 | デンタルインプラント光処理
こんにちは、横浜市にてデンタルインプラントエキシマUV光処理システムと表面計測メーカーのエキシマです。
先日行われましたインプラントの学会へ最新の機器を出展いたしました。

・出展学会 一般社団法人国際口腔インプラント学会 ISOI DGZI-JAPAN Annual Meeting 2017 学術大会
・日時   2017/11/12(日) 9:00-17:00
・開催場所 ベルサール東京日本橋(東京 日本橋)

当日は、マロクリニック東京 下尾先生と株式会社エキシマで共同開発いたしました最新型エキシマインプラント光処理装置
をご来場の先生方にご覧いただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

【関連記事】当ブログ中の「歯科インプラント」の関連記事


▲チタンインプラントのエキシマUV光処理




デンタルインプラントエキシマUV光処理システムと表面計測メーカーのエキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

マロ・クリニック東京と株式会社エキシマ 「デンタルインプラント光処理システム」を共同研究開発

2017-11-01 15:39:52 | デンタルインプラント光処理
こんにちは、横浜市にてデンタルインプラントエキシマUV光処理システムと表面計測メーカーのエキシマです。
本日はニュースリリースを発表します。
ニュースリリース
マロ・クリニック東京と株式会社エキシマ 「デンタルインプラント光処理システム」を共同研究開発

デンタルインプラントの親和性の向上を業界で初めて1分という短時間で可能とする光処理システムを共同研究開発した。

マロ・クリニック東京と株式会社エキシマは11月1日、デンタルインプラントの親和性の向上を業界で初めて1分という短時間で可能とする光処理システムを共同研究開発したと発表する。マロ・クリニック東京の世界最高水準の医療現場技術を支援し、インプラント成功率向上への貢献が期待されるという。

 共同研究開発された「デンタルインプラント光処理システム」は、これまでのシステムは水銀を使用する光源を用いていたため処理時間の長さやインプラントの温度上昇、水銀を規制する環境国際条約「水俣条約」などの課題があった。

 「デンタルインプラント光処理システム」は、水銀を使用しないXeエキシマ光源を採用、独自の光処理プロセスにより、短時間処理が可能となり、様々な長さ・形状のインプラントに対応し業界初の1分間という短時間処理が可能なシステムになるとしている。



 マロクリニック・東京では、従来の技術に比べ、時間短縮という点に主眼を置き、また、これによりOsseointegrationを早めるだけでなく、軟組織の治癒促進やインプラントの長期安定の研究にも役立つと考えている。

 株式会社エキシマは「デンタルインプラント光処理システム」を2017年11月東京日本橋で行われるISOI国際口腔インプラント学会にて機器出展発表する。


●会社概要 株式会社エキシマ
商号  : 株式会社エキシマ
代表者 : 代表取締役 佐藤 友昭
所在地 : 〒225-0026 神奈川県横浜市青葉区もみの木台23番地15番
設立  : 弊社19年6月
事業内容: 理化学機器製造販売業
資本金 : 1,000万円
URL   : http://excimer.co.jp/
日経会社コード:41295

●医院概要 マロ・クリニック東京
院長 : 下尾 嘉昭
所在地 : 〒104-0061東京都中央区銀座7丁目8番10号FUKUHARA GINZA 8階
マロ・クリニックは、Dr.PauloMalo(パウロ・マロ)によってポルトガル・リスボンで1995年に設立され、インプラント治療の世界的なリーダーとして貢献してきました。 そして世界中から集まるインプラント専門医のための最大の教育機関でもあります。
60,000㎡を誇るマロ・クリニック本部は、現代医療の先進技術を取り入れています。そしておよそ400人のスタッフと共に、患者様に最高のヘルスケアを提供し、その非常に専門的な医学チームと共に、現在1ヵ月当たり7,000人以上の予約の患者様と300人の新しい患者様を受け入れています。
現在まで、本国のマロ・クリニックでは延べ4万人以上の治療を行いました。その内の60%以上は国外の医療施設よりインプラント治療を困難とされ、紹介を受けた患者様にご来院いただいておりましたが、ついに2011年に日本でも本国と同様の治療が受けられる最新の歯科医療機器を備えたアメリカ・イタリア・スペイン等につづき世界で18番目のクリニックを東京・銀座にオープンいたしました。 これまでマロ・クリニックのドクターと開発チームは、All-on-4 ™(オールオン4)という全く新しい治療概念を開発し、世界中の無歯顎や歯周病で悩む患者様の社会復帰を可能にしております。
URL   : https://www.maloclinic-tokyo.com/


本件に関するお問い合わせ

株式会社エキシマ
担当 代表取締役 佐藤友昭
TEL 045-507-3313
info@excimer.co.jp


【関連記事】当ブログ中の「歯科インプラント」の関連記事


▲チタンインプラントのエキシマUV光処理




デンタルインプラントエキシマUV光処理システムと表面計測メーカーのエキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

接触角計、全国レンタルサービス開始しました。

2017-09-19 08:54:13 | 表面評価用「接触角計」
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。

この度、計測機器レンタルNo1.の株式会社レックスと接触角計レンタルに関する業務提携を行いました。今まで以上に全国のユーザー様へご利用しやすく接触角計をお届けすることが可能となりました。

■株式会社レックス
 本社 〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜3-29
 TEL 0798-38-6363
 http://www.rex-rental.jp/method/index.html


皆様のお役に立ちましたら光栄です。

【関連記事】当ブログ中の「接触角計」の関連記事


▲計測機器レンタルNo.1 株式会社レックス



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

株式会社エキシマ 社名の由来

2017-09-04 08:56:41 | 紫外線について
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
そもそもエキシマとはXeなどの希ガスに外部から高いエネルギー電子を与えると希ガス原子が励起されエキシマ励起分子になり、この励起状態になった分子の状態をExcited Dimerと呼びます、“excited”と“dimers”の用語に由来する物理科学用語としてエキシマレーザーやエキシマランプの語源となっています。エキシマランプは産業的には以前よりヨーロッパの印刷業界で使われてきました。日本では1990年代に半導体や液晶などの電子部品の分野で広く普及した技術です。弊社は1990年代初頭よりこの技術に携わり2007年にエキシマUV表面処理および評価用接触角計の専門メーカーとして社名とさせていただきおかげさまで今年で10周年の今日に至っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

2017/8/16 「水銀に関する水俣条約」日本国に効力を生じました。

2017-08-30 10:04:27 | 役立ち情報
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
我が国は2016年2月2日国際条約「水銀に関する水俣条約」の締結し2017/8/16 水銀に関する水俣条約が日本国について効力を生じました。
この条約は、水銀及び水銀化合物の人為的排出から人の健康及び環境を保護することを目的としており、採掘から流通、使用、廃棄に至る水銀のライフサイクルにわたる適正な管理と排出の削減を定めるものです。従来よりUV洗浄、改質、殺菌等で一般的に使用されてきた低圧水銀ランプは名前の通り水銀を用いており、水俣条約の発効により今後規制の対象となる可能性があります。水銀を使用しないUVランプ代替製品としてUV-LEDやエキシマUVランプなどがございます。これから新しく導入する技術や設備を検討する際にユーザーは知っておいたほうがよい最新動向です。
経済産業省ホームページより



▲環境省ホームページ水俣条約について



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

UV光処理・洗浄・改質・分解 処理効果の持続性について

2017-08-28 09:57:34 | エキシマUV「表面改質」
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。

UV洗浄改質処理をした後、どの位の時間、効果が持続しますかという質問をよく受けます。
UV洗浄改質処理は清浄度、親水性、親和性、密着性、表面改質等さまざまな目的や用途に用いられます。ここでは接触角でUV洗浄改質処理前後の評価を行った場合についてご紹介いたします。効果が低下する要因は表面の汚染(コンタミネーション)です。表面が異物やパーティクルから受ける汚染や雰囲気から受ける(ケミカルコンタミネーション)汚染などがあります。
下のグラフはガラスなど無機物の表面をUV洗浄改質処理したものです。(樹脂などは別の話になります。)結論から申し上げると一般的な環境で一度UV改質洗浄処理を行った物がが元のレベルまで戻るには数週間を要します。クリーンルームなどでは数か月です。(あくまでも一般的な条件です。汚染された環境下では当然もっと早く接触角は上がります。)この接触角が戻る期間が長ければ良いかというとそういう単純な事ではなくて、実際はそれぞれの用途で基準を決めて評価をしています。例えばこの製品の接触角は20°以下であれば目的の効果があるなどとユーザー自身が設定し品質管理を行っています。
UV洗浄改質処理直後のワーク表面は有機物が除去され水酸基OH-によって表面が覆われている状態なので高度な生体親和性の向上などの用途の場合には、次のプロセスへの移行は早ければ早いほど効果が高いと考えられています。ちなみに私たちの業界用語ではこのような取り扱いを「なまもの扱い」と呼んでいます。効果の持続性に関する資料はあまり公開されていないので弊社の経験がお役に立てば幸いです。



▲エキシマUV洗浄改質効果の持続性データ



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

接触角計とは

2017-08-25 07:42:49 | 表面評価用「接触角計」
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。

そもそも接触角計とは何に使うものなのか基本的な紹介をさせていただきます。
接触角計の用途は「測定対象物の表面の評価です。」

用途一例
・部品や製品を洗浄後、きれいになっているか。均一に処理されているか効果の判定。
・撥水剤、防水材、塗布後、性能効果および均一性の判定。
・塗装前後の品質管理。
・受け入れ時や保管材料の品質管理
・部品接合面の品質管理
・クリーンルーム内の清浄度評価
・布、繊維の表面評価

業種
・電子部品
・自動車
・建材
・塗料
・繊維
・包装
・航空、宇宙
・医療
・大学、研究所  など


具体的な測定方法
測定対象物の上にディスペンサーで作成した水滴を1滴、落とします。
測定対象物の表面が油などで汚れていると水滴は球のように盛り上がります。
逆に表面がきれいな状態だと水滴は瞬時に広がります。
このように表面に落とした水滴の角度を計測するものが接触角計です。

昔から世界中で使われているシンプルな評価方法ですがJIS規格にもあり最先端工場でも
使われている表面を評価する計測器です。


皆様のお役に立ちましたら光栄です。

【関連記事】当ブログ中の「接触角計」の関連記事


▲教育用接触角計「Smart contact Mobile Entry」 創業10周年記念製品



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

高性能排気オゾン分解ユニット

2017-08-24 08:58:41 | 排気オゾン分解ユニット
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
殺菌や脱臭、洗浄、改質などでオゾンを利用した際にオゾンガスの排気には困ります。そのまま排気すればダクトやファンなどが腐食し危険です。屋外へ排気すれば拡散はしますが排気口付近は高濃度のオゾンガスなので安全ではありません。工場ではドラフターやスクラバーなどで酸排気処理いたしますが工場以外ではオゾンフィルター等で除外する方法が一般的です。
従来のオゾンフィルター分解器は高濃度のオゾンガスを短時間で処理するにはコストも場所も要する大きな容量が必要でした。小型のオゾン利用装置でオゾンフィルターを使用するには装置内にオゾンフィルター配置してオゾンガスが薄まるまで循環させる方式が一般的です。弊社は半導体製造装置などで培われた豊富な技術と経験から小型サイズのオゾンフィルターながら高性能な為、装置内のオゾンガスを循環させることなくワンパスで排気処理可能な排気オゾンガス濃度0.1ppm以下にする排気ファン内蔵オゾン分解ユニットを実現し販売いたしております。
この方式のメリットは循環処理が不要な為、装置全体のプロセス時間が短時間となります。また、オゾン分解フィルターが装置の外なのでオゾンフィルターに使われる活性炭や重金属触媒などの成分による装置内の再汚染の可能性が構造的にありません。ワンパス方式のオゾン除害ユニットは超クリーンな設計コンセプトです。なかなか世の中にはない製品なのでどこかでお役に立てれば光栄です。
オゾンフィルター選定の際は弊社の製品は明記していますが排気オゾン濃度、フィルター寿命を明記していない製品が多いので注意が必要です。

最後に、製品とは関係ありませんがこのような製品はグローバル化に伴い明らかに同種の安い海外製品と値段だけで比較されますが技術と経験による性能や品質、安全性は一朝一夕には不可能なのでこうした地道な製品紹介は重要だとつくづく思いました。





UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

撥水性の接触角計測

2017-08-21 08:32:06 | 表面評価用「接触角計」
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
撥水性表面の接触角計測例をご紹介します。防水加工された傘やフッ素加工された製品の表面に滴下した水滴は親水性表面のように形が時間とともに変化することが少ないので接触角計測自体は比較的簡単に行えます。ただし、コロコロと容易に水滴が移動しやすいので微小な測定エリアや凹凸表面の場合には水滴が移動しても連続接触角解析が可能な自動接触角計が適しています。また、動的な接触角計測として滑落法による前進、後退接触角も撥水性接触角の評価方法として適しています。動的接触角計測の場合は左右の接触角を同じとみなすθ/2法の接触角計では測定できませんのでご注意が必要です。
皆様のお役に立ちましたら光栄です。


▲Contact angle of hydrophobic surface



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

コンタクトレンズの接触角測定

2017-08-18 09:09:49 | 表面評価用「接触角計」
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
超親水性表面の接触角計測例をご紹介します。表面が汚れていたりすると滴下した水滴は水玉になり接触角計測は簡単に行えるのですが、表面が綺麗な場合などは滴下した水滴は吸い込まれるように一瞬にして広がります。普通の接触角計では測定することができません。このような親水性表面の接触角を計測したいときはハイスピードカメラを使用すると滴下した水滴の接触角を計測することが可能です。下の画像は超親水性コンタクトレンズの表面に水滴を滴下した1/1500秒の画像です。通常の接触角計では接触角0と評価している表面でも滴下した水滴は接触角を表している事がわかります。マニアックな話ですが接触角を表示するときは正しくは「滴下○○秒後の接触角」という言い方が必須です。超親水性表面の場合、接触角0と言われがちですが実際は1/500秒の接触角○○°」という評価が正しいと思います。皆様のお役に立ちましたら光栄です。


▲Contact angle of hydrophilic surface by High speed capture



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

接触角計 Smart contact の開発コンセプト

2017-08-15 09:45:06 | 表面評価用「接触角計」
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
今日は自動接触角計「SmartContactPRO100」の開発コンセプトについてご紹介させて頂きます。今までの接触角計の基本的な構成は「カメラ」と「パソコン」と「ソフト」です。(ディスペンサー、ステージ、バックライトなどの周辺機器を除いて)世界中いろいろなメーカーが接触角計を販売していますが基本的にはみな同じです。違うのはソフトの機能や価格です。弊社は接触角計ユーザーの立場で10年前に接触角計メーカーとして新規参入いたしました。当初は他社と同じ機器構成で高品質な低価格製品という位置付けで市場における弊社製品の存在意義を見出してまいりました。スタートから7年目の2015年に世界初のパソコンを使わない「タブレット端末による表面評価用接触角計」を開発し横浜市中小企業新技術開発助成SBIRに先進性が認められ製品化に成功したものです。
従来の製品と比較して何が違うかというと機器構成が従来の「カメラ」と「パソコン」から「タブレット端末」だけで構成可能になりました。またソフトについてはWindowsベースの産業用ソフトが常識でしたがAndroidソフトで可能といたしました。Androidのソフトはゲームアプリなどが中心で産業用のソフトを手掛ける所は皆無でしたので、これは世界に先駆けてて画期的な事でした。製品発表から2年も経ちますがまだまだ認知度が低く大いに反省しています。本製品の特長はシステムがシンプルなので従来製品の1/2程度に価格も抑えられます。同時にタブレット端末の特長的なバッテリーオペレーション、Wifi等データのやりとりが簡単、12.5メガピクセルの計測器として超高画質画像の実現など多くの特長があります。皆様のお役に立ちましたら光栄です。



▲自動接触角計Smart Contactangle meter PRO 100



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

接触角計 Smart contact の特長

2017-08-10 10:54:31 | 表面評価用「接触角計」
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。

新規のお問い合わせを受けるお客様から下記の質問はよく受けます。

「御社の製品の特長は何ですか?」「他社に比べて低価格なのはなぜですか?」

ホームページやカタログには書いてあると思うのですがわかりにくい様で
大きく反省するところです。
革新的なところを改めて紹介させて頂くと。

●主な特長
1.パソコンを使用しない接触角計
2.携帯計測が可能なバッテリーオペレーション
3.データのやり取りがIoTに対応したBleutooth,Wifi,USB-TypeCなど簡単に実現
4.Android OSによる独自の接触解析ソフト(世界初)

●低価格な理由
1.タブレット1台でパソコンやFAのカメラの機能を満たしているのでハードの価格を
 抑えることができた。
2、タブレットで出来た理由はAndroid OSで接触角解析ソフトが実現できた為。

皆様のお役に立ちましたら光栄です。

【関連記事】当ブログ中の「接触角計」の関連記事


▲教育用接触角計「Smart contact Mobile Entry」 創業10周年記念製品



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

UVランプと水銀規制、水俣国際条約

2017-08-07 09:24:59 | 役立ち情報
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
我が国は2016年2月2日国際条約「水銀に関する水俣条約」の締結しました。
この条約は、水銀及び水銀化合物の人為的排出から人の健康及び環境を保護することを目的としており、採掘から流通、使用、廃棄に至る水銀のライフサイクルにわたる適正な管理と排出の削減を定めるものです。従来よりUV洗浄、改質、殺菌等で一般的に使用されてきた低圧水銀ランプは名前の通り水銀を用いており、水俣条約の発効により今後規制の対象となる可能性があります。水銀を使用しないUVランプ代替製品としてUV-LEDやエキシマUVランプなどがございます。これから新しく導入する技術や設備を検討する際にユーザーは知っておいたほうがよい最新動向です。
なお、水俣条約の発効時期については平成28年1月1日現在「未発効」です。水俣条約の発効は50か国が批准してから90日後となります。平成29年2月3日現在の批准国は38か国です。(経済産業省ホームページより



▲環境省ホームページ水俣条約について



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

インプラント光処理の一例

2017-08-04 09:42:03 | デンタルインプラント光処理
こんにちは、横浜市のエキシマUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
デンタルインプラントにおける研究内容をご紹介します。生体親和性とはチタンなどのインプラントが骨と一体になる「なりやすさ」です。学術的なエビデンスはオッセオインテグレーションOsseointegration(チタンインプラントと骨の一体化)の研究で国内外の論文等でタンパク質の吸着、骨形成のメカニズムなど詳細に近年発表されています。
 弊社のエキシマUV光処理をしたチタンインプラントの例をご紹介します。左は未処理のチタンインプラント、右はエキシマUV光処理をしたチタンインプラント。未処理の状態でもインプラントの成功率は98%以上で十分良い状態です。十分、成功率が高いのにこのような光処理は必要なのか?とのご質問をよくお聞きします。私たちは最先端技術のエキシマUV光処理を行う事によりさらに成功率の最高の極みを追求します。皆様のお役に立ちましたら光栄です。

【関連記事】当ブログ中の「歯科インプラント」の関連記事


▲チタンインプラントのエキシマUV光処理




UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

インプラント光処理の温度

2017-08-01 10:34:17 | 役立ち情報
こんにちは、横浜市のUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。
インプラント光処理に使われる紫外線ランプを点灯させるとランプの温度は上昇します。UV洗浄改質で一般的に使用される波長185,254nm、オゾンを発生させる「低圧水銀ランプ」は名前の通りランプ管内に封入された少量の水銀を熱で蒸気させて電極のアーク放電により紫外線を発光させるランプですのでランプの温度が高温になる事は必須です。これに対して最新の「エキシマUVランプ」はランプ管内には希ガスのみで電極も水銀もありません。希ガスの特性で瞬時に最大照度が発生します。紫外線を発するためにランプを高温にする必要はありません。UVランプが低温だと照射対象物の温度が上がらないのでフィルムなど熱の影響を受けやすい製品へのダメージが無い、また、照射対象物が冷却のための時間が不要なのでのでUV処理後すぐに取り出して短時間で処理できる。冷却のための構造が不要な為、装置が低コストかつコンパクトにできる。など多くのメリットがあります。株式会社エキシマの社内データより各種UV洗浄改質紫外線ランプの温度データをご紹介します。皆様のお役に立ちましたら光栄です。

【関連記事】当ブログ中の「エキシマ」の関連記事


▲各種UV洗浄改質紫外線ランプの温度データ



UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
コメント

エキシマUV光と表面評価技術で社会に貢献をめざします。