ことばを鍛え、思考を磨く 

長野市の小さな「私塾」発信。要約力、思考力、説明力など「学ぶ力」を伸ばすことを目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

○○とは何か

2007年05月04日 | 「教室だより」から
気がつけば前回の更新から3ヶ月近くになってしまいました。
その間も辛抱強く訪れてくださった皆さんに感謝です...。

人生22回目の引越は、今までで最長の9年半暮らしていた家の荷物の整理が予想以上に大変で、かつ新居(築130年?)を住めるようにする準備にも時間を取られ、パソコンに向かう余裕がほとんどない状況でした。

まだ荷物の多くは片付いていないし、諸々の関係の変更届も残ってはいるものの、やっとネットにアクセスできる環境にもなったので久々のアップです。
ただ、今回は塾で出している「教室だより」の転載でご容赦を...。
保護者&生徒向けの文章なので、そのつもりでお読みください。

-------------------------------------

<○○とは何か?>

 戦国時代の歴史で「分国法」という言葉が出てきます。戦国大名が自分の領地を統治するために制定した、領国内だけに通用する決まりのことですね。今川氏の「今川仮名目録」や武田氏の「甲州法度次第」などが有名です。

 ところがここを学習している生徒に「分国法って何?」と聞くと、半分くらいの生徒が答えられません。「下剋上」とは...?「戦国大名」とは...?じゃ、そもそも「大名」って何...?問題を解いているときは何となくわかったつもりでいても、「○○とは何か?」という問には明確な答を出せないことが多いのです。口頭ではなく記述による答を求めるとさらにあやふやな状況になります。「朝廷」や「公家」などになると、きちんと説明できる子は極めて少数派なのでないでしょうか...。

 因みに分国法に関しては、教科書にはこう書いてあります。「戦国大名は...強力な軍隊をつくりました。...城下町をつくりました。また、独自の分国法を定めて武士や農民の行動を取りしまり、荘園領主の支配を認めず、領国を統一して支配する新しい政策を展開しました。」                                 

 「分国法とは何か?」という問に対してこの青字部分をそのまま答える子がいます。でもそれでは答になっていません。分国法とは「法」なのですから、どんな法なのかが説明されなくてはなりません。教科書の記述は青字部分の主語が2つ前の文から続いているのでわかりにくいのですが、分国法とは例えば「戦国大名が武士や農民の行動を取りしまり、領国を統一するために定めた法」と答えるのが正解です。
 
同様に「下剋上」とはどんな現象なのか、「戦国大名」とはどんな大名なのか、「大名」とはどんな武士なのかという形で答える必要があるのです。つまり、辞書に載っているようなその言葉の定義をまずはきちんと理解すること、そしてそれを人に説明できるまでに十分に咀嚼することが大切なのです。それぞれの用語を5W1Hに基づいて論理的に説明できるようになれば、記述式問題も恐くはありません。教科書の説明では心もとない部分も少なくないので、できれば用語集や用語辞典などもあるといいですね。

 「○○とは何か?」という定義をきちんと押さえておくことは、もちろん歴史に限らず公民や理科、数学についても重要です。たとえば「三角形とは?」「平行四辺形とは?」
「分数とは?」という問に記述で答える練習をしてみましょう。自分が今までいかに曖昧に理解していたかが自覚できるかも知れませんよ。学問の第一歩は言葉の定義を正確に知ることから...。一つ一つの言葉にもう少しこだわりを持って接するようにしましょう。


※応援してくださる方はクリック(↓)をお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ

コメント (13)