ことばを鍛え、思考を磨く 

長野市の小さな「私塾」発信。要約力、思考力、説明力など「学ぶ力」を伸ばすことを目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

目立ちたくない!子どもたち

2005年07月26日 | 学習一般
「近ごろの子どもたち『目立ちたくない!』」という記事を見つけました。
7月14日の日経新聞掲載だそうです。

日経生活面

最近の子どもたちはリーダーになるより気配りを重視し、アニメなどのキャラクターも脇役に人気が集まっているとのこと。
ドラえもんやのび太よりスネ夫、アンパンマンよりバイキンマンだとか...。

大人がドラマのシブーイ脇役を評価するのとは次元が違うと思います。
「気配り」ってサラリーマンじゃないんだから...。

彼らにはホリエモンは「不器用」に見えるようです。
もっと器用にスマートに生きて行きたいということでしょうか...。
世渡り上手になりたいってこと?

今からそんなに小さくまとまってどうするの!

この記事では小学校の運動会や幼稚園の発表会(昔の学芸会)における、大人の側の「目立たせない配慮」が一因ではないかと分析しています。
例の「みんなで手をつないでゴール」とか、主役を複数で公平に演ずるとか、そもそも際だった主役のいない劇を選ぶとか...の誤った「平等」施策ですね。

これは当然、以前書いた子どもの自信のなさにも関連してくると思います。
「出る杭」が叩かれる世の中では、「人と同じことをしている方が楽」という横並び意識が蔓延し、率先して何かをやるというのはダサいことと見なされているのでしょう。
周りばかり気にして、波風立てぬようにと振る舞っていては、自信なんか生まれませんよね...。

日本の学校教育はいったいどんな人間を育てようとしているのでしょう?
幼い頃から人と違うオリジナリティを持つことを奨励し、プレゼンテーションやディベイトも積極的に授業に採り入れている欧米の教育とのギャップに愕然とします。

そもそも大人自身が、自分の生き方、考え方に自信ない人が多いのかな...。
流行ばかり気にして人と同じ格好をしたがる大人、新しいというだけで次から次へ物を買い換える大人、そしてテレビや新聞の報道を鵜呑みにして総バッシングに走る大人...。
自分の頭で考えず、外部に思想や行動の指針を求める大人が溢れています。

そんな大人を見ている子どもたちが「みんなと同じように」と考えるのは自然の流れです。
自分だけ違う意見を言ったり浮いた行動を取って、もし失敗したらどうしよう...という意識が働くのだと思います。

気配りに満ちた子どもにすることも大切ですが、今私たちが力を入れるべきは、泥臭くても逞しさのある人間を育てることだと確信しています。

※応援してくださる方はクリック(↓)をお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
人気blogランキングへ

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 種なしスイカ | トップ | climb down »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親バカ (テツ)
2005-07-26 21:19:23
こんばんはです。

うちの子供は恥ずかしいぐらい前に出すぎですね~。何でも仕切って、いっちょかみで失敗にめげずに突き進んでるかも....ちょっと親バカですが....。

事故になりそうなこと以外は結構一緒にはしゃぐバカ親ですので、これも致し方ありません。
Unknown (JackAmano)
2005-07-26 22:00:37
小学校の運動会や幼稚園の発表会(昔の学芸会)における、大人の側の「目立たせない配慮」が現実に行われているのに、文科省では個性を大切に、などと言ってます。わけがわからん。

今の子どもたちは、テストの成績でのみ競争を強いられ、その他の能力は無かったことにされています。人間の能力は、一人一人違います。多様性に溢れています。教育とは、その個性を伸ばしてやり、その人間の社会での役割を見出せるようにしてやることではないでしょうか。生きる力とは、そういうものだと思います。
Unknown (こだま)
2005-07-26 22:53:28
私も言わせてください。

なんで、同じ宿題無理矢理させるんだ!

「どこを切っても金太郎飴教育」から、

子どもたちを救い出さない限り、日本に明日はない!

もう、個性を生かすなんて、思ってもいないことをいうなよ!!

と言いたいですね。
Unknown (桐)
2005-07-27 11:37:49
コメントありがとうございます。

皆さん、このテーマに関しては熱いですね...。



テツさん、素晴らしいお子さんですね。モロにテツさんの背中を見て育っている感じがします。今、何年生くらいでしょう?その良さを失わずに成長してほしいものです。



Jack Amanoさん、「生きる力」については私も「教室だよりから」に書いてますが、文科省のこの言葉についての定義がよくわかりません。ここの共通認識なしにゆとり教育、総合学習を議論しても埒があかないと思います。



こだまさん、まさにそれ、一言で言えば「金太郎飴教育」ですね。「如何に狂いのない完璧な金太郎飴を作るか」にエネルギーを注いでいる役人や教師が少なくないような気がします。

ところで、今の子どもに「金太郎飴」という比喩通じますかね?
Unknown (Unknown)
2014-01-10 02:09:49
こんなもん当然のこと。
時代とか大人とか関係ない。
誰だって目立ちたくない。
そんな事も知らずに生きてきてしまった少数派の人間がたわごとをほざいてるだけ。

コメントを投稿

学習一般」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事