ことばを鍛え、思考を磨く 

長野市の小さな「私塾」発信。要約力、思考力、説明力など「学ぶ力」を伸ばすことを目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

英語入門教材

2006年12月31日 | ことば・国語
少しだけ雪が降りましたが、例年に比べれば穏やかな長野です。
中3生が「雪がないと気持ちが引き締まらない。」と言っていました。
その気持ちわかります。年末に雪がないと何だかシャキッとしません...。

さてさて...。
前回の記事からずいぶん間が空いてしまいました。
冬期講習の前半が終わったので、久々のアップです。

実は冬期講習に間に合わせようと、英語入門のオリジナル教材を作成していたのです。
今の中学の英語教科書は初めから慣用的な会話表現が多く、文法の説明はほとんどありません。
「使える英語」を意識するあまり、たとえば I am も定着していない段階からすぐに I'm が登場します。
特に中1生の混乱ぶりは相当なものでした。

聞けば、「主語」や「動詞」についてもきちんと習っていない(あるいは忘れている)とのこと。
日本語でさえ「主語」がわかっていない子が大半でした。

既存の教材で使えるものを探したのですが、なかなかこれというものが見つからず、それならと自作することに...。
以前少し手がけてあったものを元に、日本語を使った「主語」「動詞」「目的語」の勉強からスタートする英語入門教材ができました。

と言っても、時間が足らずに未完の状態です。
英語の語順や人称代名詞を経て、be動詞、一般動詞(3単現含む)の否定文まではできたので、あとは疑問文だけなのですが...。
あ、それと前置詞の勉強も少し入れたいなぁ...。

冬期講習では中1はもちろん、中2にもやらせています。
まだ日本語だけの箇所を学習中の子が多いですが、予想通り「主語」「動詞」には苦労しています。
特に日本語で省略されている主語を補ったり、be動詞を付け足したりする作業が難しいようですね。
この日本語部分をかなり厚くしたつもりなのですが、基礎的な問題をもっと増やしてもいいくらいかな、と思っています。

何とか初歩の段階で、英語の構造や発想を少しでも体得してもらいたい。
そんな教材の完成を目指して、今後も生徒の反応や成果を見ながら修正を重ねていきたいと思います。

p.s.今年も1年、ご愛読ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。


※応援してくださる方はクリック(↓)をお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ

ジャンル:
学習
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« いかにラクして計算するか | トップ | 里山のある風景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
来年もよろしくお願いします。 (JackAmano)
2006-12-31 20:51:05
桐さん。いつもいつもコメントをいただき、誠にありがとうございました。
来年は、必ずお会いしましょう。楽しみにしています。よろしくお願いします。
それでは、良いお年を・・・。
Unknown (桐)
2007-01-02 17:43:17
こちらこそ、いつもありがとうございます。

お忙しそうですが、お体には十分ご留意を...。なんだか面白そうなことが進行しているようですね。楽しみにしていますよ。

コメントを投稿

ことば・国語」カテゴリの最新記事