厨火力

わたしのお花畑~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高校野球に見る球数制限よりバットの反発係数問題

2020-04-17 19:01:34 | 日々徒然
ここ数年で叫ばれるようになった高校野球の投手の投げすぎ問題。最近では金足農業で活躍した現日本ハムの吉田輝星投手が県予選から甲子園を10試合連続完投し、プロ入り後は投げすぎの影響が少なからずあるような成績になっています。ちょっと前で言えば斎藤佑樹投手や安樂智大投手も投げすぎの影響が見られた選手です。

いち早く投げすぎ問題に一石を投じたのが新潟県。先発投手の一試合の球数を100球までに制限するという規定を設け県予選を行おうとしました。しかし高野連は「ちょっと待ってくれ」という形でノーを示しました。あくまで県内での規定であって、甲子園や北信越大会では適用されません。公平性がない点がまずかったなという印象です。ただし、最近では(COVID-19の影響で高校野球は行われていませんが)球数制限の導入に高野連が前向きなのは確かです。

球数制限と同時に話題になったのがバットの問題です。現在高校野球で9割9分9厘使用されているのは金属バットです。規定でいえば太さ6.7cm以下で900g以上のバットです。ただしこの金属バット、規定では「使用してもよい」という許可されただけのバットなんです。本来は木製バットを使用するのが普通とされているのが高校野球規定です。
ご存じの通り金属バットの方が木製バットより反発力がある上に芯の範囲も広く、少し腕力があれば甲子園という広い球場でもホームランを打つことができます。飛距離でいえば90m~120mくらい(木製バットと比較して)簡単に飛ばせます。芯に当たりやすく、さらに芯に当たると凄まじい打球速度が生まれます。そんな状態で投手は何とか打ち取ろうとするのでストライクだけでは勝負せずにボール球を使います。結果的に球数は多くなりますね。「動くボール使えばいいじゃん」という話も聞きますが、前述したとおりに金属バットの芯は広いです。少しボールが動くようなカットファスト、ツーシームのようなボールは芯で捉えられヒットにされてしまいます。甲子園で活躍するピッチャーの多くが、スライダーやフォークのようなバットに当てさせない変化球を得意とするのはそのためだとも言えます。
話を戻してバット問題です。金属バットは前述の通りに芯が広く反発力があるために簡単に強い打球が打てます。そのため高校野球でホームランを多く打ったバッターが注目され、ドラフト上位で指名されますが、木製バットに対応できずに数年で戦力外になることも多々起きています。近年でいえば広島東洋カープの中村奨成捕手でしょう。捕手という重要なポジションであることも重なっていますが、二軍でも思うような打撃ができていません。所謂「金属打ち」になってしまっていると多くの人は言います。おそらく金属打ちというのはあると思いますが、それが絶対ではないとも思えます。よく木製バットで飛ばすには引手(右バッターなら左腕、左バッターなら右腕)の脇を締めて打てと言われます。確かにこの打ち方だと体の近くでバットが出るコンパクトなスイングになり、脇を締めてることでボールに対して体重を乗せやすいことになります。ただこれに当てはまらずにホームランを打つバッターがいるのも事実です。横浜ベイスターズホセ・ロペス選手、SBホークス松田宣浩、中日ドラゴンズ平田良介選手などです。ミートポイントを体の前にして腕が伸び切った状態で打つタイプの選手です。僕の自論としては、脇が空いていようが締まっていようが構わない。ボールに対してしっかりと力を加えられる、押し込めるスイングができれば関係ない。といった感じです。
ただし簡単に打球を飛ばせる日本の金属バットが弊害になってるのは、多くの例を見ると事実と認めざるを得ません。「じゃあ高校野球にも木製バットを!昔は木製バットだったんだし」という声も聞かれます。ナンセンスな声です。今高校野球に木製バットを導入するとどうなるか。木製バットの単価が跳ね上がります。現在木製バットの主な原料のメイプルは、各メーカーがより良い材質を取り合っていて価格が上昇しつつあります。プロ野球でもそんな状態なのに高校野球に導入されると需要が一気に高まり、価格が高騰し、部費で賄えない高校の硬式野球部は潰れていきます。ただでさえ折れて消耗品度が激しい木製バットは、硬式デビューした高校生には手を出すことも扱うことも難しい物です。「木製硬式と金属硬式で分ければいい」という声も聞きますが、これもナンセンス。すでに日本は軟式野球という別カテゴリーが存在するのに、これ以上微細化すると競技人口が分かれ、結果的に野球自体が衰退すると考えられます。少子化の影響以上に高校野球部員の減少は著しい事態になっているので避けるべきです。
そして最近、球数制限と同時に言われるようになったのが金属バットの反発係数の調整です。木製バットかそれに近いような反発係数のバットで野球をする。もしくは芯を狭くしたバットというのも考えられますね。実際アメリカではそういうバットを使用してカレッジリーグ(大学野球)は行われています。高校でもそうです。よく「アメリカは高校野球でも木製バットだ!」という人がいますが間違いです。高校野球で木製バットを使うのは韓国です(ちなみに韓国高校野球は木製バット使用に変わったことでホームランバッターが減り、投高打低になっているそうです。結果的にKBOでも打高がやや改善されてきてるとか)。アメリカの金属バットはBBCORという規制の下で反発係数と芯の広さと太さが決められています。しっかりとしたパワーと狭い芯に当てる技術を持ったバッターだけがホームランを打てることになっています。元々の体の大きさが違うので、大学生でもNPB選手よりパワーがあるバッターはたくさんいるのも確かなことですが。
勿論日本の高校野球でも「練習で」木製バットを使う高校はあります。しかし、試合ではありません。どうしても勝つためなら飛ばせる金属バットを使ってしまいます。ならばその金属バットを変えてしまおうという話が出ています。とあるメーカーでは先んじて日本でBBCORのバットを開発し、販売しています。R社はアメリカで使われているBBCORのバットを日本で販売してもいます。ただしR社は米国基準のバットなので、日本のバット事情とはちょっと合わない物になっています。アメリカでは33/30とか34/31とかそういう方式でバットが作られています。33/30であれば33インチで30オンスのバット(83.8cmで850g)になります。バットの長さと重さを-3とか-1とか設定することになります。基本的に-3が主流になっているそうです。なので現在の日本の金属バットより50gも軽いバットを、よりパワーのある大学生たちが振っていることになります。そして軽めのバットを使うというのは、MLBでも主流になりかけています。理由の一つは、平均球速の上昇による振り遅れないため。軽いバットでスイングスピードをことです。二つ目は動くボールへの対応。軽いバットの方がバットコントロールはしやすいため、動くボールを芯で捉え自分のパワーで打球を飛ばそうという考え方です。実際昨今のフライボール革命と合わさりMLBのホームラン数は激増しました。
果たしてこの考え方が日本の高校野球にも合うかと言われれば、どうしても疑問は残ってしまいます。反発係数を下げたことによりホームランの減少は避けられないでしょう。そもそもの話でいうと、高校野球=プロへの道になってしまうのか。高校野球は高校野球というものではないのかということにもなります。100人高校野球児がいたら100人ともプロ野球を目指しているでしょうか。また高校野球がプロ野球養成期間になってしまうことも危惧されます。さらにホームランや得点が減少すると野球自体の面白みも薄れていきます。これはNPBでも2011年から統一球。所謂低反発球が使用されたせいでホームランが減少し、息詰まる投手戦という名の塩試合が多くなってしまったこともあります。野球の面白みが薄れることは、やはり競技人口の減少を加速させかねません。
僕個人の考え方からすると、高校野球のバットは
・反発係数の見直し。極端に低くするのではなく。現状から-3%ほどでいい。
・芯を木製バットのように狭くする。打者は芯に当てる技術を、投手は芯を外す技術をつけてもらう。
・バットバランスを木製バットのようにする。振りやすい900gより、木製バットのような850gのヘッドバランスのバットで振り抜く力をつける。
ことが望ましいかなと思います。いずれにしても高校野球はちょっと変わらなければいけない過渡期に来ていますね。勿論高校野球は高校野球ですが、その中から真(芯)のスラッガーが多く出てくることを、僕は願っています。頑張れ中村奨成。頑張れ未来のスラッガーたち。




木製=メイプルになっている高校生が大変多いという話を聞きました。そうではない、という話も近いうちにできたらと思います。
コメント

花映塚対人戦初歩編

2020-03-28 22:49:28 | 日々徒然
夏コミ中止との報せを聞いて全オタクは衝撃を受けていますが、花界隈では嬉しいことにめどつさんの花攻略本が電子書籍として発売されました。
https://dehana.booth.pm/items/1926453
花映塚ももう15年前のゲームでカビどころか苔生していますが、幸いWindows10でもネット対戦できるのでまだ死んだゲームではありません。そんなゲームの対人戦について、初心者なりの戦い方をちょっと紹介したいと思います。



花映塚対人戦のスゝメ

まず初めに、マッチルナCPUと対人戦は全く違います。花映塚は何といっても対戦型STG。対人戦こそ楽しさが詰まっているゲームです。現在は残念ながら対戦する場がかなり限られてしまいましたが、心優しい(対戦に飢えている)花勢は「かかってこいや!」と声をかければノってきてくれるでしょう。僕で良ければ胸を貸すゾ!




対人戦準備

adonis導入(割愛)
オフ会レーダー設置(割愛)
マッチルナCPU戦

1.マッチルナミスミス
特にマッチルナミスミスをやりましょう。ミスティアは移動速度が速く吸霊も使いやすいため、とても扱いやすいキャラクターです。また相手をするにしても弾が遅く見切りやすいのでオススメです。とにかく3分生き延びることを目標にして弾消しC2ボスリバースをこなしてみましょう。

2.使用キャラを考えよう
花映塚は16人のキャラクターがいますが弱中強と別れています。それぞれから一人ずつ選び、まず3キャラ固定して使ってみましょう。

[強キャラ]
霊夢
魔理沙
妖夢
リリカ
小町
映姫

[中キャラ]
咲夜
鈴仙
メルラン
メディスン
幽香

[弱キャラ]
チルノ
ミスティア
ルナサ
てゐ


キャラ差があると上達の妨げになります。自分で使うキャラはあんまり深く考えないで結構です。使いやすいとか肌にあうとかでオッケー。
最初のうちは対戦が始まったら先にキャラを決定してしまいましょう。大抵の人はキャラ差をなくして同ランクのキャラで戦ってくれます。試合が始まったら弱キャラは3分、中キャラは2分半、強キャラは2分持つように頑張りましょう。

3.ある程度したら他のキャラもマッチルナCPUから実戦投入
マッチルナCPUも同ランクキャラを相手にして戦ってみましょう。このキャラのボスアタックはこんな攻撃してくるんだ~とうっすら覚えておくといいです。

4.で、実際どう立ち回るのが正解?
正解はないです。勝つ立ち回りが正解なら勝つ立ち回り。試合時間の長さで勝負したいならそういう立ち回りです。僕の場合は後者で「自分が被弾しないようにするために相手に苦しんでもらって、相手が満足に攻撃できないうちに気が付くと3分超えている」のが理想です。自分のペースに巻き込んじゃう「感覚粒弾コントロール」です。これを遂行するには単純な立ち回りでオッケー。
①妖精列と粒弾を重ねる
花映塚は妖精や吸霊した幽霊を撃破した時に発生する爆風に、粒弾が巻き込まれると消えて相手フィールドに送れるゲームです。つまり画面から出てきた妖精を考えなしに撃破すると、すぐ粒弾にまみれて余計な気合避けを強いられます。粒弾は消すもの。重なったとき、また重なる軌道を読んで自キャラを動かしましょう。幽霊はこっちに飛んできたら吸霊する程度でオッケー。
②試合が始まったら相手より先にC2は撃たない。もしくはボスが来るまでC2は撃たない。
先にC2を撃つと相手からのC2が返ってくることがほとんどです。なので後出ししちゃいます。相手にちょっと苦しんでもらいます。先にC2撃たないようにまだ弾速が遅い粒弾はしっかり消しましょう。
③開始30秒まで10万点切り
10万点でボスを送ったり、ボスリバースできたら点数を切っちゃいます。無理に30万点目指さなくてオッケー。
Q.なんで?
A.30万点のボスアタックは「一番遠い」ボスアタックだからです。10万点は0点から10万点ですから10万点で到達。しかし30万点は10万点から30万点で到達ですから20万点必要になります。50万点は30万点から50万点ですから同じく20万点で到達ですが、30万点からスタートしている時点で自動的に粒弾の量やHIT数も多くなっており、比較的すぐ到達できます。10万点から20万点稼いで30万点は序盤であればそれほど粒弾も多くないためHIT数が増えにくく到達がしにくい=ボスコントロールしにくい点数帯なのです。試合開始30秒まで10万点切りしてるほうが安全です。
④相手の点数は見ない。自分の点数は撃破時表示だけ見る。
「相手が28万点だ。すぐボスが来るから自分も点数伸ばして即リバースだ」とか最初はできません。相手のフィールドや動きは無視してください。妖精幽霊撃破時に表示される点数だけ見て点数を管理しましょう。大事なのはボスが自フィールドに居ない状態を保持することです。相手にしつこくボスを送り続けましょう。苦しめ。

この4つをやるだけでゲージは結構余裕が出ます。溜まったゲージは危ないと思ったときC2を撃ちましょう。



こんな感じです。まず弱キャラ戦3分を目指して頑張ってみてね。
コメント

復活のBetaRace

2020-03-10 21:31:22 | 日々徒然
ATOMIC SKIがまだREDSTERじゃなかった時代、丁度カービングスキーが出てきたころの時代。当時ヘルマン・マイヤーというアルペン選手が居ました。長野オリンピックでも金メダルを取っている選手です。そんな時代のDNAを持つのがBetaRaceという板。サイドウォールがないキャップ構造ながら、板の中心が凹んでいて、逆に両端が盛り上がっているという当時としては革新的なキャップ構造。のちにSALOMONも真似してモノコック構造と言われました。
デモ/レースカテゴリに存在する板ですが、不運だったのはビンディングシステムでした。誤開放の危険があるとされてリコールされました。そしてそのリコール、来月末で打ち切られるようです。
https://www.atomicsnow.jp/ski/news/Entry/atomic-ski-news/3244.html
実はBetaRaceは2本所持していて、そのうち1本はリコール対象ビンディングだったのでREDSTER EDGE GSになったのはご存じの通り。問題は残るもう一本の方。ヒールピース裏の製造年番号が1998年から2002年の物だとリコール対象です。



2003年1月製。わずか1か月の差ですがリコール回避。往年の名機を使うことにしました。



滑走面を見てみると、トップ部分が黄色いチェッカーフラグを模したソールで足元からテールまで黒いソールです。うっすらとストラクチャーが彫られていて滑走性能の高さがうかがえます。特に目立った傷もなく、17年前の板とは思えない状態です。ただこれにクリーニングも兼ねたベースワックスを塗って、ワクシングペーパーで拭き取ってみると見事に真っ黒。見えない長年の汚れがきちんと浮き出てきました。



17年の時を経てBetaRace復活です。157cmと短く、ラディウスは11.12mと小回りを得意としている板です。すっかり劣化して古文書のようになったビンディングの説明書を見ながらXX-7(283mm)を装着して前圧調、コバ高さ調整もばっちり。Race412ビンディングはトゥピースの開放値を無視して完全にロックする機構があるのですが、そのロックは解除しておきました。デモレジャーシーンではビンディングは外れないより外れる方が安全です。マイナスドライバーでひねれば簡単に切り替えることができます。調節が済んだので、滑走ワックスも塗って松之山温泉で滑ってきました。
良い、すこぶる良い。天気にも恵まれ若干の積雪がある整地バーンは一番得意としている板です。最近の板のようなたわみはあまり感じられませんが、独特のキャップ構造はほどよくねじれ、またねじり止まりをする。小回りが回りすぎない。ミドルターンからは小気味いい反発を感じる。古き良き時代の名機はここに蘇ったと感じました。もう小回り板要らねえな( ^ω^)





僕の幅狭甲低アキレス腱周り極細外反偏平足はXX-7という狭いブーツでも足が中で動きます。その動きを止めるためにこんなものまで仕込んでいます。かなりブーツが硬くなるを覚悟していましたが、BetaRaceとの相性は良かったようです。もうちょっと硬くしても良かったかも?あと3年はXX-7で滑るために、フレックスボルトは戻しておきます。

そう
3年後
あの
ラスト幅98mmとは思えない
中速滑走型残酷タイトフィットの
S/MAX 100
履くために。

リアスポイラーも抜いて完全デモ用ブーツにして歯を食いしばってゲレンデスピード違反するサルスキーヤーになるために。
3年もすればモデルチェンジされてまた別のブーツの方がいいということもあり得ますが。
コメント

2400Gとの闘い(仮終焉)

2020-02-14 19:43:18 | 日々徒然
デフォルトで1.44Vも電圧が盛られているRyzen 2400Gくん。昨年7月からRyzen MasterやK17TK等を使ってうんしょうんしょと低電圧化を試みていたのですが、結局K17TKをタスクスケジューラーにてログイン時に自動的に起動。そして電圧を一段階上げ下げして適用→K17TKを終了という力技をしていました。
BIOSに問題があるのではないかとB450 TOMAHAWKの新BIOS出るたびに更新し、状況を見ていましたが一向に改善せず。ついに先日バージョン1D更新。ついでにAMDのグラフィックスドライバ等も更新。ついでのついでにSSDのファームウェアも更新。こうやって更新ばっかりしてるといつか壊すんですよ。よく壊すんですよ僕(HD6850のBIOSを更新して失敗して壊した経験有り)。
早速起動し試す。OCCTで負荷をかけてみる、けど電圧1.44V…失敗です。電圧の項目を弄ると適用されます。K17TKをv0.91にしてみる。お、再起動しても電圧1.21V。成功か?2~3回再起動しても電圧は…1.44V。Fuck。
はぁーやっぱりだめかうまくいかねーなーとK17TKをタスクスケジューラーから削除し再起動。そして負荷をかけてみると…1.21V。

( ^ω^)?

もう一回再起動。電圧1.21V。

( ^ω^)?

おかしい。K17TK起動してないのに電圧が変わってる。
ここで稚拙な頭を振り絞って考察してみた。
・K17TKは起動時に初期設定を読み込んでからプロファイルを読み込んでる可能性がある。そしてプロファイルを読み込むときに何らかの変更がないとそのプロファイルを読み込まない。いちいち変更点を加えなければいけなかった。
・v0.92だとタスクスケジューラーから自動起動しなくても電圧は初期設定のままになっていた。v0.91だと起動しなくても電圧は適用されていた。v0.92はレジューム時の再設定機能を追加したもので、それが何らかのお前の環境通称おま環によりプロファイルの適用が上手くいかなかった。結果的にタスクスケジューラーで自動起動しなくても電圧は適用された状態になった。
・Zen2(第三世代Ryzen)はK17TKが使用できないとのこと。元々の電圧制御、使わないコアの休止等の省電力機能が充実しているため、普段使いのPCではP-stateの電圧を下げての省電力化はあまり効果がないとのこと。周波数自体は上がっていても電圧自体は下がっているため消費電力は抑えられているようです。もし電圧降下による省電力を期待できる環境があるとしたら、長時間ゲームをして負荷をかけ続ける環境ぐらい。おそらくゲーム中でも積極的に電圧を上下して調整する機能がZen2では備わっている。
・もしZen2以降のCPUで負荷をかけ続ける環境で電圧を下げたい場合は、BIOSを弄るかZenStatesを使用する。

半年に渡る2400Gとの闘いは一旦決着しました。週に一回程度、CPU-Zを起動してはストレスベンチをしてCore Voltageの項を見てヨシヨシ電圧下がってるなと確認するだけになりそうです。余裕があったらワットチェッカーで電力も監視したいですね。



最近YouTubeで観るメタルギアシリーズにハマっています。やっぱりMETAL GEAR SOLIDが一番いい。ウルフ死亡シーンで泣いちゃいましたもん。
「人間は人を幸福にするようには創られてはいない。この世に生まれ落ちた時から、人を不幸にするように運命づけられている。」
コメント

シーズンインして20年越しにあそこへ行ってきました

2020-02-07 22:40:00 | 日々徒然
20年前、まだ家族旅行に連れて行ってもらっていたあのころ。やけに熱い温泉と美味しい温泉饅頭の地をよく覚えています。野沢温泉。自分で運転していけるとは思っていませんでした。
目的はスキーのシーズンイン。チューンナップしていたREDSTER EDGEと新しく買ったSABRE 80のシェイクダウンです。シェイクダウンっていうと自動車っぽくて格好いいですね。天候は暖冬小雪のシーズンなのに恵みの雪。ベース0.7°サイド88°のエッジ角度でチューンナップされたREDSTERはもうすんごく引っかかって午前中で足が完売しました。スクワットさぼったせいだ。あとフレックスボルト2つはさすがに硬くなりすぎた感がすでに出てました。跳ね返りを受け止めるには良い剛性だったのですが、そもそも足が入らないから重心がずーっと後ろに。後傾姿勢おじさん。
対してSABRE 80。これ、凄い。雪面に張り付く。ばたつかない。軽くて振り回しやすい。キレる、ズレる。楽しい。凄い。センター80mmの万能性すごい。一番楽しかったのは20年前から父親に言われ続けてあこがれていたシュナイダーコースですね。日影ゴンドラから登ってパラダイスコースから左の方に下っていくとある不整地上級コースです。重たいデモ板やレース板だと安定感で走破する感じですが、軽いSABREは振り回して下っていける。足元安定してるから転ばない。不整地なんぼのもんじゃいとずり落ちていったら転びました。過信は禁物です。
普段はゆるふわレジャースキーで楽しむけど時にはちょっぴりクレージーカービングスピードな人にはSABRE 80はぴったりですね。トップまでサイドウォールが入ってるトッポは最後までチョコぎっしり構造はだてじゃありません。ちなみにサイドウォールの材質は滑走面と同じなのでワックスが染み込むようです。なんだそれ、VOLKLのSPEEDWALLかよ。

ビンディングはWARDEN 11のターコイズ。我ながらビンディングのカラーチョイスは素晴らしい。センスありますね。


この数日後に志賀高原で再びゆるふわレジャースキーヤーやったり、また野沢に戻ってきてTIGER SNAKEのシェイクダウンしたりしてました。あと最近はワックス欲が強くてホットワックスしてたら、アイロンが火花を散らしながら壊れたので新しいのも買いました。25日、連休が取れたのでロウをポタリポタリ垂らしてアイロンで伸ばしてスクレーパーで剥いでブラシで磨いて、終わり!とした後松代ファミリースキー場に出没しようと思っています。半分温泉浸かりに行くためだろう。松之山温泉は良いですよ。ガソリン臭い泉質がお肌の調子を整えてくれます。源泉は90℃超えの熱湯なのでこの季節にぴったりです。



ゆるふわスキーヤーにフレックスボルトは要らなかった。
コメント