EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

2/15 Diary アカデミー賞

2020-02-15 18:42:36 | 映画

2/15

韓国映画の「パラサイト」がアカデミー賞の作品賞を獲ったということで、複雑な気持ちではあるが、まあ今の日本の映画では土台無理な話で、口惜しいということはまったくない。

それに競合していた「アイリッシュマン」も見終わって残ったものは辛い気持ちでしかなかったし、同じく「ジョーカー」にしても作品自体には前宣伝の煽りの大きさほどの凄さを私は感じなかったわけで、そういった隙間に「パラサイト」がすぅっと入ったのではないか。後日機会があれば観たいと思っている。

他の作品では、私の好きな女優のレネイ・ゼルウィガーとローラ・ダーンがそれぞれ主演と助演の女優賞を獲り、作品は観ていないが、おめでとうございます。

レネイ・ゼルウィガーは今回、ジュディー・ガーランドを演じたそうで、短い動画でその映像を観たが、微笑ましい感じでありました。

主演男優賞のホアキン・フェニックスは順当で、あの気味の悪さは賞に十分値するだろう。体温や体臭、化粧の粉の匂いまでもスクリーンから漂ってきそうな演技をする彼を私は鑑賞中にはとうとう誰だかわからず、エンドロールでも名前と顔が一致せず、帰宅してから調べて、やっと「ああ、グラディエーターのあのいやな奴か」と理解した次第。痩せすぎていてまったくわからなかった。それほどの凄みがあった。終始気味悪いが。

気味が悪いといえば「パラサイト」も気味が悪い作品らしく、そんなネガティブなイメージを世界に印象づけて国家的に正解だろうか、と少し思ったりもする。善悪に拘わらずイメージというものは怖いので。まあそのうち観てからまた何か書きます。

evolucio

コメント   この記事についてブログを書く
« 2/14 Bill Evans/Time Rememb... | トップ | 2/21 夢でタイムスリップした... »
最新の画像もっと見る