EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

夢の羅列<600の羅列は終焉の共鳴> 20181231

2018-12-31 19:34:06 | Dreams

夢の羅列<600の羅列は終焉の共鳴> 20181231

長くここに書き散らしてきた<夢の羅列>という私の夢の記述もそろそろ終りかと思う。
理由は、
夢をあまり見なくなったから。
見ても「これは残したい」という夢がないから。
それに、もうこれに費やしている時間がなくなってきた。

記憶を辿れば、期間で約25年ほどか。数にして約600話を書いた。
最初は紙に、ある時から電子手帳に、またある時からブログに、と変わってきた。

とくに記憶に残っている夢はいくつかあり、
「1インチの鳥」
「古い屋敷の池」
「夢の重さ」
「純子の赤いセロファン」
「残像の屋敷」
「25の超越の光」
「冬の蛾の影」
もっとあるはずだが、今頭に浮かぶのは、こんなところか。

ベッドの上を羽ばたく無数の小さな鳥。
水溜りに透き通って見えた古い屋敷と緑の池。
酒に溺れた居酒屋の気配。
セロファンに赤い絶壁の空。
庭園の錆びた柵越しに見た幼い頃の町。
カルトに盲信した若者の目の濁り。
そして凍った庭に動けない蛾の背中。

なんでこんな夢を見るのだろうかとその度に思ったが、
今でもまざまざとこれらの映像とそして気温と湿度までを思い出せる。
私は夢に住んでいたのではないかと思えるくらいだ。

それにしても600の夢を書くことに、どれだけの時間を使ったのだろうか。
考えると目の前が冥くなる。
この積層に何か意味があったのかとも思うが、あるわけがないよね。

「残したい夢」を見なくなった原因を自分なりに分析してみると、
おそらく加齢による脳機能と食生活の変化による脳内物質の分泌量の変化ではないか。
そういった影響か、夢以外にも、
以前、面白かったこと、興味があったこと、価値を認めていたこと、それらが、
最近どうでもよくなってきたことも事実である。

最後に書いたのが9月の「尿意と半ケツ」の話で、
これは無意味な25年間の最後に相応しいなと思える無意味な内容だったから、
実は私は満足していて、今年中での幕引きを思った。

皆様。ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

E V O L U C I O  制作者 手島  2018.12.31

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 映画「FURY」あらすじ | トップ | Diary 20190103 »
最近の画像もっと見る