EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

夢の羅列<駐車場にて・part6・壁の穴> 20180922 採取

2018-11-25 15:47:58 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part6・壁の穴> 20180922 採取


夢の中の暗い駐車場で小用を足そうとするも、工事関係者たちが現れ、小用は中断し、
半ケツのまま自分の車に乗り込み安堵するも尿意は未だ激しく、
しかも暗い車内の私を目敏く見つけ窓を叩く知り合いや、
逆の窓からは屋台の女将などとの応対を冷や汗で済ませ、やっと車から降りた。
もちろんズボンは上げた。
今、何をしたいかというと、トイレに行きたいのだ。私は。


あの半屋台の裏手が商業ビルで、入ってみると、
なんだよ、いきなりモールか百貨店かというくらいの賑やかさであった。

これならトイレはすぐに見つかるだろう。ほっと安心しながら入り口から階段を上ると、
その先が難関だった。その先がなぜか、ただの隙間なのだ。

状況の説明が難しい。
正面が壁なのだが、足下に高さ30センチ、間口は2メートルほどの隙間というか穴というか、
しゃがんで中を見てみると、その先は下に斜面になっているではないか。

例えていうなら、凝った造りの児童館の屋内滑り台みたいな、そんな印象であった。

通って通れなくもないが、しかし未知の隙間に滑り込めるほど私は勇敢ではなかった。

第一、これが人間用滑り台とも限らない。
何か、例えば不要のダンボール用のシュレッダーだとしたら。

まずいまずい。
他にあるだろう。もっと常識的な手段が。階段とかエレベーターとかが。
と尿意の高まりもあって、少しキレ気味で右手を見ると、あっさりとエスカレーターがあった。
まずはよく見てからキレましょう、という話。

つづく。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 夢の羅列<駐車場にて・part5... | トップ | 夢の羅列<駐車場にて・part7... »
最近の画像もっと見る