エボ太郎のブログ2

飲む食べる旅行大好き!

タイ(プーケット3回&バンコク2回)旅行記目次

2018-12-29 23:59:36 | タイ旅行(プーケット3回、バンコク2回)

タイ(プーケット3回、バンコク2回)旅行記目次

・(プーケット3回目)2018年12月29日~2019年01月06日(9日間)

・(バンコク2回目)2017年12月29日~2018年01月03日(6日間)

・(プーケット2回目)2014年4月27日~5月06日(10日間)

・(プーケット&バンコク)2005年11月23日~11月27日(5日間)

海外旅行全般目次
                      
                        ↑↑↑↑↑エボのHP↑↑↑↑↑

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

韓国(ソウル&釜山)旅行記目次

2018-12-29 23:59:14 | 韓国旅行(ソウル20回、釜山2回)

韓国(ソウル20回・釜山2回)旅行記目次

・(ソウル20回目)2018年12月29日&2019年01月06日(プーケット旅行前後2日間)

・(ソウル19回目)2018年03月01日~03月04日(4日間※実質3日間)

・(釜山2回目)2017年03月18日~03月20日(3日間)

・(ソウル18回目)2016年11月03日~11月06日(4日間)

・(ソウル17回目)2016年02月11日~02月14日(4日間)

・(ソウル16回目)2014年10月11日~10月14日(3→4日間)

・(ソウル15回目)2013年11月02日~11月04日(3日間)

・(ソウル14回目)2013年03月09日~03月11日(3日間)

・(釜山)2012年12月14日~12月16日(3日間)

・(ソウル13回目)2012年10月06日~10月08日(3日間)

・(ソウル12回目)2011年12月30日~2012年1月3日(5日間)

・(ソウル11回目)2011年7月16日~7月18日(3日間)

・(ソウル10回目)2010年12月30日~2011年1月3日(5日間)

・(ソウル09回目)2010年9月18日~9月20日(3日間)

・(ソウル08回目)2010年7月17日~7月19日(3日間)

・(ソウル07回目)2010年2月11日~2月14日(4日間)

・(ソウル06回目)2009年4月29日~5月3日(5日間)

・(ソウル05回目)2009年2月5日~2月8日(4日間)

・(ソウル04回目)2007年2月3日~2月5日(3日間)

・(ソウル03回目)2004年3月19日~3月21日(3日間)

・(ソウル02回目)2003年12月29日~2004年1月1日(4日間)

・(ソウル)1996年08月08日~8月10日(3日間)※なし

海外旅行全般目次
                      
                        ↑↑↑↑↑エボのHP↑↑↑↑↑

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソウル&プーケット9日間(準備編&1日目)PART1

2018-12-29 23:13:59 | タイ旅行(プーケット3回、バンコク2回)

今回は、12/29~1/6の9連休かな?
社内カレンダーが出ていない上、読みにくい並びであり難しい。
今年は、GWにもお盆にも有休使っていないので、仮に読みが外れても有休使って行きましょう!(爆)

2017年12月29日から2018年1月3日までの年末年始バンコク旅行を終え、思ったより物価高だったが
楽しめた。
なので、「次もまたバンコクでいいかな?」と思っている。
ただし、バンコクエアウェイズでのJALコードシェアで割安感が出たからであり、これが取れなければ
行かないだろう。
金に糸目をつけないような金持ち身分じゃないからね(自爆)

何故だか分からないけど、以前より、東南アジアではバンコク便が一番高い傾向。
横並びな日本なので、サイトが見やすいANAしか確認しないけど、発売直後から結構な値段だからね。
安いバンコクエアウェイズのネックは、販売時期が遅めな事に尽きる。
一番最初に販売開始されるのが355日前ルールのANAであり、1月中旬には出ている。
これに対し、バンコクエアウェイズは2/10頃じゃない?
なので、これを待つと、先に発売されていた割安のものは売り切れている。
「絶対にバンコクに行くんだ!」と決め打ちならそれもいいけど、価格によって行き先を変える身として、
バンコクエアウェイズが割安値段と席数をそれなりに揃えていないと買えない為、リスクあり過ぎる。

1/13、ANAが2019年1/3分までの航空券が発売。
今回は有休使わない~1/3の6連休で調べてみる。

○羽田発ANA
・ハノイ(二人分):155,580円(12/29発)
 就航した1~2年は10万円で行けたのに、少しずつ人気が出てしまい、いつの間にか12万円で推移。
 最近に限れば、もう発売初日で15万超えとはね。
・クアラルンプール(二人分):157,900円(12/29発)
 12万円で行けたのが、もう15万超え。ランカウイ島は更に3万円高くなるのでパス。
 それ以前にハイシーズンなので、ホテル代が高騰&ガラディナーで無理だろう。
・マニラ&ボラカイ島(二人分):131,980円(12/28発)+フィリピンペソ18,000(54,000円)
 マニラまではいいけど、セブパシフィック高いなぁ。
・バンコク(二人分):244,200円(12/29発)※帰り成田
          217,200円(12/28発)
 一人10万円超え!無理!(爆)

全て即決できない価格であった。
後日発売の~1/6分までのも似たような価格であり、こりゃ、今回のANAはダメだ。

1/27頃より、~1/6までの他社航空券が続々と出て来た。
手頃なのは、アシアナ航空のセブ島かプーケットしかない。

○羽田発仁川国際空港経由アシアナ
 ・セブ:117,540円
 ・プーケット:135,180円

セブ島は、とにかくフライトが安いのが魅力。
ただし、選べるホテルが少ない為、ガラディナーが付いて来る可能性あり。
プーケットは、セブより航空券が割高。
まだ発売されていないけど、バリ島よりは確実に安いだろう。
プーケットは、選べるホテルが多いのが魅力。
だって、ガラディナーを避けられる可能性大。

2/1より燃油サーチャージで値上がりするので、1/31にプーケットに決めた。
年末年始のプーケットは、一番のピークとなるので、ホテルは高い上、すぐ埋まってしまう様子。
よって、早速、手配開始。

一泊目は夜中に着くので、空港そばの安ホテル。
ただし、いつでも手配出来るので今はパス。
また、最終日の夜中までの一泊も空港そばの安ホテルかな?それとも宿泊せず、スパか観光で時間
潰すか?
いずれにしろ、いつでも手配出来る為、同様に今はパス。

問題は、メインの12/30~1/5までの6泊をどうするかだ。
特別な価格(あまりにも安い価格)が出る以外、一ヶ所だけで6泊はまず有り得ない。
大晦日のガラディナーを避けられなくなる可能性が大きい上、もし相性の悪いホテルだった場合、目も
当てられない。
勿論、ガラディナーない上、相性及びコスパ最高ホテルに当たる幸運もあるだろうが、どちらを取るか
と言われれば、一ヶ所よりもリスク回避の二ヶ所。
そうなると、3泊+3泊、2泊+4泊(4泊+2泊)。
中でも一番可能性高いのは、計3泊目がガラディナー重なる(安宿1泊+)2泊+4泊だろう。

ガラディナーの有無をここまで気にするのには訳がある。
開催は否定しない。
大晦日を色々な国の宿泊客やローカルスタッフと楽しめるのは確か。
でも、エボ家は参加したくない。
一番はお金。3千円、高くても一人5千円までなら出してもいいとは思う。
だけど、最近高級ホテルにも宿泊するようになり、そこだと一人最低でも1万~2万円掛かる。
5ッ星のホテルによっては、3万とか5万に上る。
大晦日一泊の宿泊代に、夕食代の一人分として2~4万円がオンされる。
その上、ホテルによっては、別途アルコール代が掛かる。
高級フレンチでもないのに、一食に二人で5~10万円も掛けるなんてありえない。
更に、ここも重要なところで、どこの国に行っても夜はホテルでのんびりするスタイルを取っている。
普通の日ならまだしも、大晦日の大事な時間を他人となんてわざわざ共有なんて考えられない。
同じ日本人でもそう思うのに、習慣違う外国人なんてもっての外。
余談だけど、ガラディナーを避けようとしている人に対し、「その代金だけ支払って、参加しなければ
いい」とか言う輩がいるのだから呆れる。
大した夕食でもないのに、宿泊代より高いんだよ?
こういう人って、とんでもない金持ちか会社の経費とかで落とす人とか、ありえない金持ち組。
もしくは、海外行けないので僻んでいる&相手の身になって答える気のない輩。
「金持ち喧嘩せず」のように、金持ちはこんなくだらない事に時間潰すのもバカらしいので、わざわざ
こんなコメントしないので、殆どが後者のような貧乏な哀れな人。
このようなコメントで日頃の不満を晴らすだけの人であり、軽蔑以外の何ものでもない。

脱線したけど、下記のような選考開始。

○12/29~12/30(2泊)
 ・The Malika Hotel(ザ・マリカ・ホテル)プールビュー:11,480円(H.I.S.手配)
 ・Casa Blanca Boutique Hotel(カサブランカ・ブティックホテル)
  スーペリアルーム:14,171円(エクスペディア手配)
○1/1~1/5(4泊)
 ・Navatara Phuket Resort(ナヴァタラ・プーケット・リゾート)
  Grand Deluxe Pool Access:75,468円(エクスペディア手配)
 ・MAI HOUSE Patong Hill(マイ・ハウス・パトン・ヒル)
  Deluxe:85,392円(エクスペディア手配)
 ・Ramada Phuket Deevana(ラマダ・プーケット・ディーバナ)
  デラックス:61,580円(H.I.S.手配)
 ・Crowne Plaza Phuket Panwa Beach(クラウンプラザ・プーケット・パンワビーチ)
  旧:パンワ・ビーチフロント・リゾート
  グランド・シービュー・バルコニー:85,080円(H.I.S.手配)

さっ、メインホテルの状況が分かって来たので、滞在時間短い安宿探しだ。

○12/29~12/30(1泊)※安宿
 ・プーケットエアポートイン(スタンダード):3,399円(H.I.S.手配)
 ・S2 Airport Residence(スタンダードダブル):4,263円(エクスペディア手配)
○1/5~1/6(1泊)※安宿
 空港そばの安ホテルか宿泊せずにSPAで時間潰し

色々と悩み、下記ホテルに絞った。
最終日はホテル宿泊せずに、観光かスパで乗り切ります。

○12/29~12/30(1泊)※安宿
 S2 Airport Residence(スタンダードダブル):4,263円(エクスペディア手配)
○12/29~12/30(2泊)
 ・The Malika Hotel(ザ・マリカ・ホテル)プールビュー:11,480円(H.I.S.手配)
 ・Casa Blanca Boutique Hotel(カサブランカ・ブティックホテル)
  スーペリアルーム:14,171円(エクスペディア手配)
○1/1~1/5(4泊)
 Crowne Plaza Phuket Panwa Beach(クラウンプラザ・プーケット・パンワビーチ)
 旧:パンワ・ビーチフロント・リゾート
 グランド・シービュー・バルコニー:85,080円(H.I.S.手配)

もう殆ど決まっていたが、7/22、狙っていたケープパンワが手頃な値段で出ていた。

○1/1~1/5(4泊)
 Cape Panwa Phuket(ケープパンワ・プーケット)ジュニアスイート:73,720円(H.I.S.手配)

ただし、11/29より18,430円&12/7より全額のキャンセルチャージ掛かる為、二の足を踏む。
良さそうなホテルだけど、行けなくなった時のダメージが大き過ぎる。
近くにある姉妹ホテルでグレード落ちるカンタリーベイホテルも出ていた。

○1/1~1/5(4泊)
 ・Kantary Bay Hotel Phuket(カンタリーベイホテル・プーケット)
  スタジオ:25,440円(H.I.S.手配)
 ・Kantary Bay Hotel Phuket(カンタリーベイホテル・プーケット)
  1ベッドルームスイート:34,840円(H.I.S.手配)

11/29より6,360円&12/7より全額のキャンセルチャージ掛かるけど、安い為に、仮に行けなくなったと
しても諦めがつく価格じゃない?
と言う事で、カンタリーベイホテルにチェンジ。

更に、同ホテルのいいところは、最終日のレイトチェックアウトが安く付けられる。
現地の交渉だと、無料になる可能性もあるけど一泊分請求になる可能性あり。
それ以前にレイトチェックアウト不可のケースもある。
事前に手配出来る事は、英語で現地交渉しないので非常に助かる。

・スタジオ:レイトチェックアウト(18時まで)+3,180円
・1ベッドルームスイート」レイトチェックアウト(18時まで)+4,355円

安いけど、旅行前に何か起きてキャンセルになる可能性は残っている為、カテゴリーは下のスタジオ
にした。

○1/1~1/5(4泊)
 ・Kantary Bay Hotel Phuket(カンタリーベイホテル・プーケット)
  スタジオ:28,620円(H.I.S.手配)※18時レイトチェックアウト付き

10/11に社内カレンダーが出て来た。
休みは、12/29~1/6のドンピシャ。
仕事の予測は全然だけど、この手のものは凄いね(自爆)

10月中旬、かなり絞っているホテルですが、プーケットタウンでいいホテルを見付けた。

○12/29~12/30(2泊)
 EcoLoft Hotel(エコロフト・ホテル)
 (デラックスダブルルーム・シティビュー):11,216円(ホテルズドットコム千円引き手配)

カサブランカをキャンセルし、エコロフトに変更。
最終的には、下記のホテルになった。

○12/29~12/30(1泊)
 S2 Airport Residence(スタンダードダブル):4,263円(エクスペディア手配)
○12/29~12/30(2泊)
 EcoLoft Hotel(エコロフト・ホテル)
 (デラックスダブルルーム・シティビュー):11,216円(ホテルズドットコム千円引き手配)
○1/1~1/5(4泊)
 ・Kantary Bay Hotel Phuket(カンタリーベイホテル・プーケット)
  スタジオ:28,620円(H.I.S.手配)※18時レイトチェックアウト付き

135,180円+4,263円+11,216円+28,620円=179,279円となり、一人9万円切って済む。
旅行通して高級ホテルの滞在はないけど、こりゃ超お得となった。

○12/29(土)
 ・4時半におかちんタクシー
  or
 ・三茶(05:10)→渋谷(05:15)
  渋谷エクセルホテル
  (05:50)→羽田国際線(06:41)
 チェックイン後、 クレジットカードラウンジ(TIAT LOUNGE or TIAT LOUNGE ANNEX)へ
 羽田(08:40)→金浦(11:05)※韓国入国
 地下鉄にてソウル市内へ移動
 昼(13時頃):マポチョンデポッ(孔徳)
 タクシーにて明洞へ移動し、ショッピング。
 仁川国際空港(第一ターミナル)にバスか電車で移動開始。
  ○電車
   15時半頃
   ソウル駅へ。事前搭乗手続き※出発便の3時間前(16時半)まで
    ソウル駅着後、地下二階都心空港ターミナルへ。チェックイン・出国審査表示に従う
   ※A'REX直通列車(16:10、○16:50、17:30)を購入。
   ※アシアナ航空割引あり(直通:W9,000→W7,500)
   仁川国際空港(第一ターミナル)へA'REX(16時50分)にて移動開始。
   事前搭乗手続き済みは優先レーン利用可、「City Air Terminal Passengers」へ。
  or
  ○バス
   16時頃
   世宗ホテル前。
 クレジットカードラウンジへ。
 仁川国際空港※第一ターミナル(19:30)→
○12/30(日)
 →プーケット(00:10)
 着後、両替。※5千円程度。
 徒歩にてS2 Airport Residenceへ。
 1時過ぎ:チェックイン
 朝:未定
 7時半頃、バリュープラスが開店していれば両替。※空港方面逆。
 https://www.moving-to-phuket.asia/entry/2018/07/27/235424
 8時半にチェックアウトし、空港へ。
 9時半、空港よりエアポートバス※2階のバーガーキングのすぐそば
 http://www.airportbusphuket.com/
 10時半頃、Central/Big C/Lotusにて下車。
 セントラル・フェスティバル・プーケット(10~22時)
 両替
 ランチ:フードコート(1階と3階)Food Patio(11時~20時頃)
 買い物
 タクシーにて、EcoLoft Hotelへ
 14時(2時間):キムズスパ(5号店)ボディスクラブ+アロマ(計2時間:THB 950×=1,900)
 夕:Raya Thai Cuisine(カニカレー)
   or
   kopitiam by wirai(ミースアの炒め物、ムーホンorムーステーキ)
   ナイトマーケット散策(16時~)テイクアウト
○12/31(月)
 朝:昨晩のテイクアウト品
https://www.bangkoknavi.com/food/245/
 9時半ピックアップ
 10時(3時間半):オリエンタラ・ウェルネス・スパ(スワンルワン支店)へ
 サンキス(ヘッドマッサージ)2時間半+フットマッサージ1時間(THB 2,400×2-100=4,700)
http://www.phuket-ryoko.com/hktspa/orientala_wellness_spa_suanluang.html
 昼(14時半):Uptown Restaurant(ガパオ、パッタイ)
       Je T AimeかTu Kab Kao
       タマチャートレストラン
       Khao Mun Kai Shop(チキンライス)
       Mee Ton Poe(福建麺+玉子、パッタイ、炒飯)※9~18時半
https://www.bangkoknavi.com/food/245/
 夕:ランチに行っていない店
○1/1(火)
 朝:未定
 9時前チェックアウト
 カナシィアスパ(Cannaceae Spa)9時半から4時間半(THB 2,500×2-100=4,900)
 Kantary Bay Hotel Phuket(カンタリーベイホテル・プーケット)へ移動。
 15時頃にチェックイン
 昼:未定
 夕:未定
○1/2(水)
 朝昼兼用(9時):ホテル
 夕:未定
○1/3(木)
 朝昼兼用(9時):ホテル
 夕:未定
○1/4(金)
 朝昼兼用(9時):ホテル
 夕:未定
○1/5(土)
 朝昼兼用(9時):ホテル
 18時までのレイトチェックアウト手配済み
 17時半にチェックアウト
 18時からSPA(カナシィアスパ)3時間半(THB 2,550×2-100=5,500)
 施術後、空港へピックアップ。
 23時頃空港着後、チェックイン
○1/6(日)
 プーケット(01:40)→仁川国際空港:第一ターミナル(09:40)※韓国入国
 A'REX直通(10:08、○10:48、11:28)にてソウル市内へ。
 ※10:48に乗れない場合、A'REX一般で向かう
 シンソンソルロンタンのキムチテイクアウト
 昼:キムガネ&キンパッチョングッのテイクアウト
 遅くとも13時には空港へ向かう。
 A'REX一般列車(W 1,550)※乗車後、約20分。
 金浦(15:50)→羽田(17:55)
 バス(18:10、18:50、19:30)

○事前出費。
海外旅行保険(二人分):保険料:5,890円
損保ジャパン(海外旅行保険)HP→http://www.sompo-japan-off.jp/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソウル&プーケット9日間(準備編&1日目)PART2

2018-12-29 22:18:01 | タイ旅行(プーケット3回、バンコク2回)

徹夜しようと思ったけど、この年になるともう無理!
0時に寝て、3時起床。
昨晩より全く繋がらない都内から羽田空港までを予約すると定額となるエコタクシーに再び電話開始。
昨日は「トゥルルル~、トゥルル~」のコール音だけしか聞こえなかったが、「プーッ、プーッ、プーッ」の
通話中の音が聞こえ始めた。

3時半にますみを起こし、根気よく電話をしていると、4時前にやっと繋がった。
5時過ぎに依頼すると、「もうその辺りは満車です」との無情のひと言。
日本交通とか在日企業のMKとか他にも定額タクシーやっているど、全て横並びで割高なのでパス。
バスで向かう事に決めた。

4時45分に自宅出発。
外は寒いけど、着込んでいれば問題無いレベル。

5時過ぎに三茶駅に到着。
                      

5時9分の始発で渋谷へ。こんな時間なのに座れないとはね。
渋谷駅に着くと、周辺には徹夜した若者がうようよ。
「たくさん」と書かないあたりが差別しているでしょ?
そりゃ殆どが酔っ払いであり、大騒ぎしているから(笑)
10月下旬のハロウィン前に大騒ぎしていた連中見たでしょ?
金なし、権力なし、未来なしの若者は、こういう形でしかストレス発散が出来ないんだもん。
本当に哀れ。
迂闊に近寄ったらチンピラ並みに絡まれそうなので、近付かない位置を保ちながら移動。
敵に気付かれないように移動するメタルギアソリッドと迫りくるゾンビを避けたり倒したり進むバイオ・
ハザードなどのゲームのリアル版だよ(爆)

何事も起きずにエクセルホテル東急内へ。

               

静かなホテル内を通り、マークシティのバス待合室へ。
まだ5時半前、待合室は5時半からなのでオープンしていないが、丁度、警備員がドア解放の準備して
おり、時間前でも入れてくれた。グッジョブ!

                      
まだ真っ暗(笑)

 

5時50分、バス出発。
渋谷駅西口、東急セルリアンタワーホテルに立ち寄った後、空港へ。
東京リムジン、WiFiあり。

               

時間無いので早く着いて欲しいが、羽田空港の国内線第二ターミナル、第一ターミナルに停まった後、
国際線ターミナルには、ほぼ定刻である6時45分。

8時40分のフライトであり2時間切っているので、すぐにチェックインカウンターへ向かわねば!
チェックインカウンターの案内画面表示に、アシアナ航空カウンター表示がB(アシアナ)・C(ANA:自動機
発券済み)・D(ANA:自動機未発券)・E(ANA:ファースト&ビジネス)と出ていたのでBカウンターに向かう
が、アシアナであってもファースト&ビジネスクラス向け。
そうなるとANAカウンターとなるのかな?
自動発券出来ないし、ANAとアシアナは、どちらもスターアライアンスに属しており、コードシェアが頻繁
にあるからDカウンターに向かった。
長蛇の列であり、15分後の7時過ぎ、やっと順番が回って来た。
しかし、Dカウンターでは「アシアナ航空でもANAのコードシェア便ではないと発券出来ない。AかBの
カウンターにお願いします。」との本日二回目の無情の言葉。
「Aカウンターなんて画面表示に無かったじゃん!」と思いながら仕方ないので言われたBカウンターに
まず向かった。
やはりファースト&ビジネス専用であるが、ここで初めてアシアナのエコノミーはAカウンターと判明。
アシアナ航空のカウンターは、B・C・D・Eとの画面表示に従ったのに、実際はA・B。
それもANAコードシェアならC・D・Eも含むが、ANAコードシェアなしのアシアナエコノミーはAオンリー。

一番最初にBカウンターを見た際、注意深く周りを見ていればAカウンターに気付いたかも知れない。
ただし、一番の問題はそこではない。
案内画面表示が間違っていたこと!
ここにしっかり表示あれば、必ずAカウンターには目をやったはず!よって、必ず気付くはず!
時間無いのに無駄なロスさせやがって、本当にムカつく!

AカウンターはANAほどではないけど、それでも並んでおり、結局チェックイン終えたの7時21分。
羽田→仁川(韓国)区間発券されたが、金浦(韓国)→プーケット(タイ)は空港が変わるので発券はでき
ないが、座席は2-4-2の2シートと決まっているとの事であり、ひと安心。

何度も書くが、フライトは8時40分出発。
大体30分前に搭乗開始なので、8時10分までしかラウンジいられない。
もっと詳しく書けば、搭乗口までの移動分もあるので、その分だけ前に出なければならない。
8時55分にはラウンジを出なければならないってこと。
30分強しかないのに、これから混んでいるであろう保安検査を通過し、出国審査を済ませ、ますみの
化粧品購入が控えている。。。(o_ _)oドテッ
ラウンジにいる時間はもう殆どないと絶望していたところ、何と出発時間が8時40分ではなく8時55分に
変更であり、搭乗開始予定時刻が8時10分→8時25分と遅くなっていた。
おおっ、神は我を見捨てていなかった。

7時からオープンしている比較的空いている保安検査場を通過し、出国審査をし、免税店は後回しにし、
ラウンジには7時半過ぎに到着。
しかし、受け付けはいつも同様に並んでいた。
利用者少ないビジネスクラス向けTIATラウンジ、利用者がとにかく多いクレジットカード(ゴールド)向け
SKYラウンジが併設されており、受付は同じカウンターで行われ、TIATラウンジ利用者でも待たされる。
ノーマル(通常)ラウンジTIATとロー(貧乏)ラウンジSKYは受け付けを別にするか、全く別の場所にして
もらわないと、こういう時間が無い時に本当に困る。。。(-。-) ボソッ

余談だけど、ラウンジは高級が定義である為、ビジネスクラスメンバーが利用できるものが基本。
だから、TIATはあえて通常(ノーマル)ラウンジと思っている。
そして、これに比べて相当劣るクレジットカード(ゴールド)のSKYは、貧乏(ローorプア)ラウンジと考える
のが妥当。
海外旅行に行けるのだから真の貧乏ではないし、行く中でのカテゴリーとしてはゴールドカード所持を
していない人よりは上だけど、下位に位置しているのは確か。
エボ家は羽田空港はノーマルラウンジ利用できるけど、それ以外はプアラウンジ。
尚、ファーストクラスのラウンジこそ別格であり、金持ち専用の高級(ハイorリッチ)ラウンジとなる。
エボ家が一生お目に掛かる事がないであろうラウンジ。
「ない」と書かないで「ないであろう」と含みを持たせているのは、宝くじ当てて、一生に一度くらいは
体験したい(希望的観測爆)

               

お約束の写真撮影。
                      

               

7時40分、ガブムシャ開始。

 

 

 

 

 

〆は、豚の鼻のデニッシュ。

 

30分程度の滞在でビール2杯、白ワイン、日本酒2杯で終了。
当初の15分滞在しか出来ないのであれば、無理だったろう。
嗚呼、酔った酔った。これにて、飛行機の揺れ対策を無事に完了!(爆)

 

8時10分過ぎにラウンジを出て、ますみの化粧品と会社同僚のタバコ購入。
搭乗口は106であり、8時20分には到着。
ただし、搭乗開始前だが、既に始まっていた。

                      

機体はA330-300。座席は2-4-2であり、2シートの方。
機体は古く、パーソナルテレビ付いているけど、USB口がない。

               

ほぼ定刻通りの9時前に出発。

 

 

 

 

機内食は、お腹いっぱいだし、そんな美味しくもなく殆ど手を付けず。
アルコール(ビール)だけで終了。

               

殆ど揺れない快適なフライト。
11時半、金浦国際空港第一ターミナルに到着。

 

 

プーケット便は仁川国際空港なので、一度入国します。
それ以前に、入国してソウル満喫する為、わざわざ空港を変え、更に乗継時間がかなりある便を
チョイスしたのだから。
よって、激混みの入国審査を終えた後、スーツケースを受け取る必要あり。
プーケット便までは相当時間取ってある為、それでは韓国料理堪能して来ます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソウル&プーケット9日間(準備編&1日目)PART3

2018-12-29 21:20:19 | タイ旅行(プーケット3回、バンコク2回)

まず、地下鉄で孔徳駅まで移動し、ランチへ。
マポチョンデポッに到着したのは、予定よりも少し遅めの13時15分。

               

急いで、焼酎(W 4,000)とカルメギサル(W 13,000)2人前を注文。

 

 

 

 

 

相変わらず旨いな。
エゴマの葉、最高だな。

 

 

元祖麻浦ハルモニピンデトッに徒歩移動し、ジョン(W 10,700)のテイクアウト。

               

               

購入したのは、これ!(笑)

 

ロッテシティホテル麻浦に立ち寄ってトイレを借りた後、タクシーで明洞へ。

 

ソウルロイヤル前で降りて、ますみの化粧品を大量に購入。
韓国では年末にセールを行う為、帰り便では来てもセール終わっているから、荷物になるけど購入。

 

ますみの爆買い後、キンパッチョングにて、キンパッのツナ(W 3,000)とチーズ(W 2,500)を一つずつ
購入。

               

               

化粧品をスーツケースに押し込み、この時点で、スーツケース重量は、ますみ:19Kg&エボ:17Kg。
重過ぎる(自爆)
地下鉄で明洞駅からソウル駅に移動し、16時19分にA'REXの直通列車カウンターへ。
アシアナ空港半券あるので、W 9,000→W 7,500に割引。
ここでは、A'REX直通列車購入者であり、3時間以上の出発便、出発は仁川空港限定でチェックイン
可能。更に、出国審査も出来ちゃう優れもの。

直通列車のチケット購入し、アシアナカウンターへ。
プーケット便は19時45分出発の為、16時45分前でないとチェックイン出来ない。
カウンターは誰も並んでおらず、助かった。
16時25分に終え、スーツケース無く空港に向かえる。

                      

16時35分まで荷物検査の通過を待ち、出国審査を受け、地下7階にあるA'REX乗り場へ。

               

16時50分、出発。
WiFiサービスはいい。
しかし、進行方向と座席の向きが逆で気持ち悪い。
日本の成田エクスプレスならば進行方向と座席の向きを一緒にするので、さすがのコリアンクオリティ
と言ったところか(笑)
                      

17時半過ぎ、仁川国際空港第一ターミナル到着。

 

何かやってます。

 

誰、知らん。興味なし(笑)

 

航空券を発券済みであり、チェックインカウンターに立ち寄る必要無し。
ソウル駅で事前に出国審査も受けているので、保安検査場の優先レーンを利用。
優先レーンは混雑していたし、一般レーンはそんなに混んでいなかったので、別に優先とは感じられ
なかったけどね(爆)
出国審査は受けたけど、ここでももう一度確認して終了。

ただ今、18時。
搭乗開始時刻は19時15分。
まずラウンジへ。
目にとまったSKY HUBラウンジにしたが、エボの持っているカードではNGとの事。
そう言えば、使えるのはトランジットホテル隣接の安い簡易ラウンジのみだったと思い出した(自爆)
ラウンジと言う名の待合室の上、そこでソフトドリンクorビールの一杯のみ無料と本当にショボイもの
だけど、ただで一杯飲めるのはありがたい。
羽田空港のTIATとSKYラウンジの関係と似たようなもの。
※SKYラウンジはビール有料、ソフトドリンク無料。
今回は貧乏人の方になる(自爆)

「取りあえずビール一杯飲めればいいかな?」とトランジットホテルに向かうが、かなりの行列。
並ぶ時間が勿体無いので、ますみはウィンドーショッピング、エボは寝そべられるソファーでくつろぎ
タイム。
堂々と着替える中国人のバカがいた。

                      
19時15分、搭乗口へ向かう。

 

搭乗手続きが進んでいた。
今までそんなに見た事が無い似たような一つの人種がたくさん。
どうやらロシア人だ。とにかくロシア人だらけ(笑)

途中、搭乗券確認するカウンターでトラブルがあって一時中断されたが、長時間掛かった訳ではない
ので、ひと安心。
                      

               

定刻より15分遅れの20時に出発。

安定飛行後、機内食がすぐに出て来た。
ビールと赤&白ワインでいい気持ち。

                      

               

しかし、食後から飛行機が揺れ出し、その後もほぼ揺れっ放し。
こんな事ならば、もっとアルコール飲めば良かったけど、揺れている中の飲酒も厳しいものがある
ので、悩むところだな(苦笑)

○本日の出費。(安い飲食代は除く)※1ウォン=約0.11円。
リムジンバス(渋谷→羽田空港国際線)往復二人分:3,200円
地下鉄(二人分):3,100ウォン
昼(マポチョンデポッ):30,000ウォン
テイクアウト(元祖麻浦ハルモニピンデトッ):10,700ウォン
タクシー:8,000ウォン
テイクアウト(キンパッチョング):5,500ウォン
地下鉄(二人分):2,700ウォン
A'REX直通列車(二人分):15,000ウォン

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする