マニアックホラー映画を中心にあらゆるジャンルの映画をご紹介!

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日のVシネ映画:組織の頂点を目指して「首領がゆく1&2&3」のご紹介

2013-12-07 00:56:56 | Vシネ&任侠

Vシネ映画:「首領がゆく1&2&3」のご紹介





私は、マニアックホラーが大好きですが、
それとは別に、Vシネが大好きです。

Vシネは高校の頃からはまり出しました。


普通の全国の映画館で上映されるような
有名な映画の解説は、
他の方がブログで解説しているので、

私は、ブログで取り上げている人が限りなく少ない
面白かったVシネをご紹介しております。


ちなみに、
今も流行の「相棒」の監督さん「和泉聖治」という方。
この方は、もともとはVシネで映画を作っている人でした。

この例を挙げると、
一般のドラマの監督を務める才能のある人が、
Vシネ界にもいるということです。






【ストーリー】

昭和35年春、大志を抱いて東京にやって来たある
若者がいた。

その名は「一輝」。

男としての強さや才能を見込まれ、
極道組織:浅草川一家に入ることになった。

その後、「一輝」の男としての強さは、
組の中で輝き始めた。





【筆者コメント】

人気俳優・哀川翔主演の任侠Vシネパート1~3です。
パート3で完結の少々長い映画となっています。


これも4、5年前のVシネですが、

過去GPミュージアム
 →[現在:オールイン エンタテインメント]
にて作られた作品です。


詳しいことは分かりませんが、
事実に基づいて作られたようなナレーションが
あったような気がします。


中盤のパート2など、
非常に緊迫したアクションシーンが展開され、
かなり手に汗握る見ごたえある演出でした。

ケビンコスナーのアンタッチャブルみたいな雰囲気です。

Vシネと言えど、
うまく演出できているのが凄いところです。


単純に話をまとめると、
主人公が組織でトップに登りつめていく様を
描いているだけですが、

それとは別に、
カリスマのある人とはどういった人なのか? 

といったことが訴えかえられる作品でもありました。



哀川翔ファンの方には是非と見て頂きたい作品。


日本の極道Vシネもここまで面白くなりました。
今後も、オールイン エンタテインメントの作品に期待です!


ストーリー ★★★☆☆
映像・CG ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
エロ度   ☆☆☆☆☆
グロテスク ★★☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★★
感動     ★★☆☆☆
怖い     ☆☆☆☆☆
おすすめ度 ★★★★


予告編パート1
http://www.youtube.com/watch?v=JhqICUw9eJk







1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心理クイズ53 | トップ | 新たな詐欺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Vシネ&任侠」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事