マニアックホラー映画を中心にあらゆるジャンルの映画をご紹介!

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日の映画:不死身の死刑囚「ショッカー(Seed)」のご紹介

2014-01-04 23:30:54 | ホラー映画
映画:「ショッカー(Seed)」のご紹介




【ストーリー】

ある凶悪犯の殺人鬼シードの死刑が確定。

電気椅子で死刑となったシード。
しかし、これで死に至らしめることはできなかった。


アメリカの刑法上、死刑囚を3度電気椅子にかけても
死亡に至らない場合、それ以降は死刑の執行がなされず、
自由の身になるという法律
の下、

シードは自由の身となるはずだった。しかし…。





【筆者コメント】

まず、この映画の邦題が「ショッカー」なので、
ショッカー.jpg

この映画をイメージされた方も多いでしょう。
こちらの映画ではありません。






いや、こっちの方が多いでしょうか…
ショッカー仮面.jpg









3度の電気椅子でも死なない殺人鬼がどうなるのか?
といった殺戮モノスプラッター映画です。

この映画は「ウーヴェ・ボル」という方が監督をされています。

この監督のホラー映画は、非常にバラエティーの富んだ
作品が多く、またマニアックすぎる映画に関しては、

日本に来ていない作品が多いので、
非常に気になる作品をを撮るドイツの監督です。




オラフ監督同様、今後の作品も非常に気になります。

そんなわけか、この監督の作品には、
オラフ・イッテン・バッハ監督が
助監督的な立場で制作に携わっている作品がいくつか存在します。



今回の作品でもオラフ監督は第2班監督として、
制作に関わっております。






ということで、今回の作品ですが、
これもかなりマニアックな部類の作品と考えて良いでしょう。

作品冒頭から、動物虐待映像(おそらく本当に行っている)が展開。

動物虐待系はさすがの私も大の苦手。

不快指数MAXでスタートします。


当然、オラフ監督が携わっているせいか、
顔面破壊のシーンも含まれています。


バイオハザードに出てくるような布袋を被った殺人鬼は、
キャラクター性としては怖い存在ですが、
13日の金曜日のインパクトには届いていない印象です。


流血ゴアグロ描写は多めですので
マニアックにと呼ぶにふさわしいスプラッター作品です。
興味のある方は、是非ご覧下さい。


あと、なぜかBGMがすごく凝っています。



ストーリー ★★★☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
エロ     ☆☆☆☆☆
グロテスク ★★★★★
構成     ★★☆☆☆
意味理解  ★★★☆☆
感動     ☆☆☆☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆





予告編
http://youtu.be/u4VyFjEip6A



ちなみに続編が作られました。
 ↓ ↓ ↓   
http://youtu.be/Q3lY7a-CgKU



1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 皆様あけましておめでとうご... | トップ | 本日の映画:列車旅行の不遇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ホラー映画」カテゴリの最新記事