マニアックホラー映画を中心にあらゆるジャンルの映画をご紹介!

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

結婚と平均寿命の相関関係について

2013-03-17 22:54:03 | ニュース
結婚と平均寿命の相関関係について


国立社会保障・人口問題研究所調べによると、
40歳時点での男性の平均余命は未婚か有配偶者によって
約9.18年も変わってくるようです。

未婚男性の平均寿命は70.42歳なのに対して、
既婚男性の平均寿命は79.06歳になるそうです。

結婚をすると食生活も改善されたり、
精神的な安定を得ることができるからでしょうか。

パートナーと死別してしまったという場合も
平均寿命は74.95歳と未婚より高く、

一番寿命が短くなるケースはパートナーと離婚する場合。
平均寿命は68.72歳。

長生きするには結婚をして、
離婚をしないようにするというのが一番ということですね。
コメント

本日の映画:遺品として残された8ミリフィルム「8mmパート1」のご紹介

2013-03-17 22:33:49 | ホラー映画
映画:「8mmパート1」のご紹介


【ストーリー】
死んだ資産家の旦那が残した遺品が、
金庫の中にいくつか入っていた事を嫁の老婆は知っており、
その中に恐ろしいビデオテープが入っていた。

そのビデオテープの中身には、
女性を殺害している最中の映像が撮られており、
衝撃を受けた老婆はニコラスケイジに
そのビデオが本物なのかどうかを検証するよう依頼する。



【筆者コメント】
これは最初の導入のストーリーがとても斬新です。

もし自分の家族が、
殺人現場に居合わせたようなビデオを遺品として
持っていたらゾッとすると思います。
それが現実だったらと思うと、怖いですね。

ということで、
結構怖い分野に属すると思ったので、
ホラーのジャンルに入れました。

最初の導入から中盤までは、
良くできています。
結末がイマイチですが、全体としては
面白い映画に入ります。

この作品とは全く関係ないのですが、
「8mm_2」という映画があります。
パート1とは全く内容も関係しておらず、
それ単体の作品ですが、
パート2の方も非常に面白く、かつ、完成度が高いです。
とにかく結末がすごいです!!
この結末を読める人はいるのだろうか?
というぐらいオチが最高です!

パート2の解説も次回にお伝えします。


映像    ★★★☆☆
熱中度   ★★★☆☆
エロ度   ★☆☆☆☆
グロテスク ★★☆☆☆
意味理解  ★★★★☆
怖い    ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

コメント

アップルの製品と中国市場の変化

2013-03-17 22:33:06 | ニュース
アップルの製品と中国市場の変化


先月ですが、
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業(フォックスコン)を
めぐる報道が、アップルの株価を急落させたことがありました。

原因はアップル製品の組み立てでも、
最大の担い手であるフォックスコンが、
中国の工場に今月末まで新規採用の凍結を命じたためだそうです。

この異例の措置の原因が「iPhone5」の
製造の減産だと報じていました。


民間企業としては中国最大の雇用の受け皿である
「フォックスコン」は、
中国と二人三脚と言っていいような印象を受けます。
雇用の面に関しても、同社の従業員160万人のうち、
およそ150万人が中国にいるとのこと。

それでも同社の今後の成長の舞台が中国ではなく、
中国の外にあると考えているからの新規採用の凍結なのでしょう。


ファックスコンが中国市場を離れる理由は、
単純に、上昇を続ける労働賃金、労働者の不満が収拾つかずで、
労働組合を容認せざるを得なくなったこと、
環境規制の強化などが起因しているということのようですね。


そして現在最も大きな要因は『国家間の領土問題』
という政治的リスクなのだそうです。


中国政府は、隣国の支配下にある領土を欲しており、
結果的に厄介な問題を作っています。

それは特に日本との関係がこじれている件です。
そのうえ台湾のことは自国の34番目の州とみなしており、
その主権国としての立場を脅かそうとしています。

IT企業にしてみれば、
中国が日本、台湾と摩擦を起こすのは当然良くないことですし
大問題なのでしょう。
それは各社の多くの製品には日本製や台湾製の部品が
多く使われているから、ということのようです。

中国政府が経済力をテコに地政学上の目的を達成しようとすれば、
企業は中国への投資リスクを抑えるしかないですね。

こうした現象が、
経済的要因によって外国企業が中国から手を
引きはじめる動きにつながっているようです。

企業は中国に製造設備を集中することの是非を
再考しはじめてという次元に入ってということなのでしょう。

日本のPCでも身近になったフォックスコンでさえ
製造を台湾に戻そうとしているのということは、、
中国の工場の地盤が揺らぎ始めていると断言できる事象ですね。

経済が順調に拡大した中国が、
外交でも強硬姿勢を崩さずイケイケムードで
突っ走ってきました。
しかしそれも時間の問題ということなのでしょう。

今年は日本の飛躍の年となって欲しいです。
コメント

本日の映画:卒業パーティーからの惨劇「プロムナイト」のご紹介

2013-03-17 13:23:27 | ホラー映画
映画:「プロムナイト」のご紹介


【ストーリー】
高校卒業のダンスパーティーで賑わうなか、
学生たちが何者かによって次々と
血祭りに上げられる事件が発生する。

犠牲となった学生たちには、
それぞれ他人には言えないある秘密があった。



【筆者コメント】
1980年のオリジナル映画のリメイク版という形で
撮影された映画のようです。

今回の作品の完成度は、よくありません。
普通に見ることができますが、
怖いという感じの映画ではないですね。

加害者がやらた頭脳明晰ですごいのに、
被害者がおバカばかりで、
次なる展開がおおかた読めてしまう内容です。

スプラッターやグロ・ゴアはありません。
ホラーファンの方は見ないほうが良いでしょう。

ホラー初心者の方向け映画です。


ストーリー  ★☆☆☆☆
映像     ★★☆☆☆
熱中度    ★★☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
グロテスク  ★☆☆☆☆
意味理解  ★★★☆☆
怖い     ☆☆☆☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆

コメント

スカイツリーで東武もウハウハ

2013-03-17 13:22:26 | ニュース
スカイツリーで東武もウハウハ


竣工から1年を迎える東京スカイツリーが盛況みたいですね。

開発した東武鉄道によると、
東京スカイツリーの来場者数は
昨年12月末時点で400万人を超えとのこと。

スカイツリー、「東京ソラマチ」などの
合計来場者数も同3350万人となっており、
日本人の約4人に1人が来場した計算になるらしい。

東武鉄道のレジャー事業における
3月期の営業利益は80億円強と見込まれ、
昨年同期の4億円弱の営業損失から大幅に回復。

今後の景気の後押しに一役かう存在になるかもしれませんね。
コメント