マニアックホラー映画を中心にあらゆるジャンルの映画をご紹介!

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画:「フォース・カインド」のご紹介

2015-04-08 15:05:35 | ホラー映画

映画:「フォース・カインド」のご紹介
[ The 4th Kind ]




【更新時期が乱れてしまいすいません】

DMを送られた方には、順番に返信しております。
お時間かかって申し訳ありませんが、
もう少々お待ちくださいませ。






【ストーリー】

2000年10月、アメリカアラスカ州ノーム在住の
心理学者タイラー博士(女性)のもとに、
不眠症を訴える住民が次々に訪れる。

不審に思ったタイラー博士は、
催眠療法で彼らが眠れない理由を解明しようとした。

またタイラー博士が心理学者になった理由は、
得体の知れないものに夫を殺されたというもので、
この夫の死も不可思議な現象を抱えていた。









【筆者コメント】

実在したといわれる不可思議現象について、
実話のドキュメンタリーを交えた、
再現映像で詳しく解説する映画です。




アメリカアラスカ州ノームでは、
不眠症や行方不明者が多発しており、
60年代以降FBIによる訪問が
2000回を超えた怪事件が起きた場所のようです。

怪事件が多発しているということは事実だが、
そのほとんどが、オカルトネタ、
いわゆる都市伝説と呼ばれる部類のもので、
未だに真相は闇の中、という事件みたいです。



ミラジョボビッチが信じるか信じないかは、
あなた次第、と言っているように、
賛否が分かれるにしても多くの人が「やらせ」と
感じるような内容だと思います。


実際に映画の中のセリフに、
この手のオカルトネタがたくさん出てきます。

例えば、

UFOとか宇宙人とか、誘拐拉致(アブダクション)
未だ謎とされるシュメール文明とその言語。



シュメール文明とは、聖書よりも遥か昔に地球上に
存在したとされる文明で、
神のことを「アヌンナキ」と呼んでいたようです。

そして、実際のシュメール文明の石版などには、
宇宙人と思われるものをアヌンナキと呼んでいた、
と、研究者は分析しているようです。

つまり「宇宙人=神」ということですね。
天から来た来訪者という捉え方をしています。

これと似たような表現をしている文明が
他にもいくつかありますが、
代表的なのでは、エジプト文明があります。




私は個人的にオカルトネタ大好きなので、
このシュメール文明のくだりで、
どうも真実なんじゃ…?と思ってしまいました。



遥か昔から世界中でUFOの目撃情報などが
これだけ相次いでいるのに、未だに存在しない
というのが世界の共通認識で、
信じる人間はアホだと言われてしまいます。

しかし、エリア51やロズウェル事件のように、
アメリカはそういった本当らしき事件などを、
必死の隠蔽工作で完全否定してきました。

そういった状況下、単なるオカルトと
考えて良いのでしょうか?
というのが私の個人的な考えであります。



映画としては、UFOなどを信じる方には、
面白いと思いますし、怖い映像が出てきます。
そういった意味では面白い映画だと思いました。

一方、

オカルトネタが苦手・信じない方には、
やらせ映像の興業を狙った駄作だろう、
と思われる可能性大!見ない方が良いです。



信じるも信じないもあなた次第!


ストーリー ★★☆☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
グロテスク ☆☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★★★
意味理解  ★★★★
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★★
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼
<iframe src="https://www.youtube.com/embed/2GT_yvL2emQ" frameborder="0" width="400" height="250"></iframe>

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

コメント

本日の映画:生死を分ける「ロシアンルーレット」のご紹介

2014-10-28 20:57:56 | ホラー映画


重要なお知らせ!




本日2014年10月28日を持ちまして、
こちらのブログの書き込みを終了させて頂きます。
ただし提供するネタが終了と言うわけではなく、
引越しという感じです。



今後続きをご覧になりたい方は、
アメブロでお会いしましょう。

▼ ▼
http://ameblo.jp/flash-yellownight/





では、本日の映画です。

映画:「ロシアンルーレット」のご紹介








【ストーリー】

職を失った主人公の男性。
彼の父親は事故で入院費用が借金に。

主人公男は、これからすぐに電気工事のまっとうな
仕事に就けるという状態になった矢先、
ある大儲け話を耳にする。







【筆者コメント】

ホラーというよりは、
「SAW」のようなソリッドチェーンスリラー
と言った方がいいかもしれません。

しかし、「SAW」ほどグロイ演出はなく、
見所は、生死を分ける緊迫した場面が所々に
登場する。



タイトル通り、本当のロシアンルーレットそのまま
なので、斬新さは薄いですね。


新しく珍しいトリックや、
ゲーム内容のバラエティーなどが違えば、
もっと面白かったと思います。

そういう意味で単純です。


主人公の役柄、どうしても結末が読めてしまうので、
観る人によっては、つまらないと思うかもしれません。


ラストは読めますが、
主人公が粋な計らいをするという意味では、
良かったですし、予想がはずれました。

誰にでも見ることができる普通の作品です。
怖さも普通です。



もっとマニアックな映画をご覧になりたい方は、
ストーリーがこの映画そっくりで、
18禁の「人肉レストラン」がオススメです!



ストーリー ★★★☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
グロテスク ★★☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★☆☆☆
意味理解  ★★★★★
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼
http://youtu.be/xSDG8b061qM

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ロシアン・ルーレット.jpg




↓人肉レストラン↓
人肉レストラン02.jpg

人肉レストラン.jpg





コメント

本日の映画:山中の異世界「ハウスオブブラッド」のご紹介

2014-10-22 23:44:21 | ホラー映画

映画:「ハウスオブブラッド」のご紹介






【ストーリー】

囚人を乗せた刑務所息の護送車が
交通事故に巻き込まれ横転してしまう。

その横転で、囚人たちが脱走するため、
護送警官数人とバトルになり、
警官全員を殺害。

そして、警官から武器を奪った5人の囚人たちは、
奥深い森の中の古い屋敷に逃げ込むのだが…。









【筆者コメント】

ホラー愛好家の中ではカリスマ的存在で、
マニアックでキチガイホラーに分類できる監督

「オラフ・イッテン・バッハ」の作品です。


とにかく、この監督の映画のほとんどは、
キチガイ狂気のグロゴアスプラッター映像の数々で、
賛否分かれる作品が多いです。


ですが、ムカデ人間を作った、
アグレッシブな監督のように、
新たなスプラッターブームを巻き起したのも事実。


苦手な人は観ない方が良いです。
本当にホラーマニアの方だけにおすすめしたい
監督さんです。



過去の作品を見てみましょう。

【監督作品】
・バーニング・ムーン(1992)★
・新ゾンビ Premutos(1997)★
・Riverplay (2000)
・ゾンヴァイア 死霊大血戦(2001)★
・Evil Rising (2002)
・ビヨンド・ザ・リミット(2003)★
・Garden of Love (2003)
・ブラッドレイン (2005)★
・ハウス・オブ・ブラッド(2006)★
・Familienradgeber (2006)
・Dard Divorce (2007)★
・No reason (2010)



【その他制作担当】
 ↓すべて日本版DVD化されています。

・ブラッドレイン (2005)★ 助監督&特殊効果
・SHOCKER ショッカーSeed (2007)★ 助監督
・バリケード Barricade (2007)★ 特殊効果

[筆者鑑賞済み★]




バーニング・ムーンやDard Divorceなんか
かなりキチガイめいたスプラッターシーンが多いです。


その内容というのも、監督のポリシーなのか、
必ずと言っていいほどの顔面破壊演出が出てきます。



最近は、ハリウッド映画の助監督
や裏方の特殊効果などで活躍しているせいか、
あまり本人監督の映画がでてきません。

まあ、過去にあまりにも過激すぎる映像と内容で、
ドイツの検閲に何度も遭っているということもあり、
監督作品が作れないのかもしれません。



とにかく、マニアックなホラー映画が大好きな方には
おすすめする監督ではあります。



そんな中でも、今回のハウスオブブラッドは
かなり作品内容がまともに作られていると思います。

普通のホラー映画として十分楽しめる内容です。
ファンの方は是非!

そうでない方は避けた方がよいかもしれません。
でもこの監督の中で、すごくまともな部類の作品
であることは間違いないです。



ストーリー ★★★☆☆
映像・CG  ★★★★
熱中度   ★★★★
グロテスク ★★★☆☆
エロ度    ☆☆☆☆??忘れました。
構成     ★★☆☆☆
意味理解  ★★★☆☆→少々意味が理解しずらいです。
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★

▼トレイラー▼
見つけることができませんでした。


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ハウスオブブラッド.jpg


コメント

本日の映画:ろくでなし社長と社員「サヴァイブ 殺戮の森」のご紹介

2014-10-20 21:42:11 | ホラー映画

映画:「サヴァイブ 殺戮の森」のご紹介







【ストーリー】

ある武器製造会社の社員たちが、
森の奥地の田舎にある社宅にて研修を行うため
バスに乗り移動中だった。

しかし、バスの前に巨大な倒木が道路を塞いでいた。
研修所に到着するため、険しい森のわき道を進むように
社員たちはバス運転手に告げるが…。

バス運転手はそれを頑なに拒み…

サヴァイブ 殺戮の森foreign.jpg
北米DVDパッケージはコメディーを匂わせています。








【筆者コメント】

クリストファー・スミスという方が監督した作品です。


その他の作品では、

「0:34 (レイジ34フン) 」
「トライアングル」


といった作品があります。

上記2作品は過去にこのブログでご紹介しました。
どちらも面白い作品でしたので、おすすめです。
コメディー要素はありません。



一方、今回の作品は、
真面目に怖がらせようとしているのか?
笑わせようとしているのか?

ちょっと中途半端な感じですが、
上記2作品に比べるとコメディー色が加わっています。


途中、この会社の社長が出てきますが、
その行動と結果が面白すぎて笑ってしまいました。

そういったおふざけシーンや会話が所々に出てくるので、
グロ表現も出てきますが、
あまり怖さを感じないと思います。


ホラー映画が好きな方は見ても良いかもしれません。
それ以外の方は暇なら見てみましょう。

社長のおバカ行動と結果は、YouTubeに1分弱の動画で
アップされているので、それを見てみるだけでも
楽しいかもしれません。


この作品より、↓こちら2作品はお勧めです!

「0:34 (レイジ34フン) 」
「トライアングル」


怖さと完成度はこちらが良いです。

ストーリー ★★☆☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
グロテスク ★★★☆☆
エロ度    ☆☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★☆☆
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

▼トレイラー▼
http://youtu.be/1HcNU9IYE9g

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

サヴァイブ 殺戮の森.jpg





コメント

本日の映画:連続不審死亡事件「フッテージ」のご紹介

2014-10-18 22:58:49 | ホラー映画

映画:「フッテージ」のご紹介






今日はホラー映画です。

この作品かなり当たり映画で、
全ての方にオススメしたいです。








【ストーリー】

ノンフィクション作家の主人公の男は、
一家全員首吊り殺人事件に注目して、
それをテーマにした新作執筆を開始するため、

事件現場となったその家に、
妻と2人の子供を連れて引越してきた。

妻や子供にはその家は事件となった場所とは、
一切言わずに…。

そして屋根裏部屋に行ってみたところ…。









【筆者コメント】

名作『エミリーローズ』で有名な

「スコット・デリクソン」

が監督を務めています。
過去にいろんなホラー映画の脚本とか書いてます。

他の監督作品ではSFの『地球が静止する日』
がありますが、あまり評判良く無かったですね。
私は結構気に入っているんですけどね…。





今回の作品は、ポルターガイスト系の
超常現象映画ですが、
ストーリーもしっかりしており見ごたえ有りです。


とにかく超~超~超~怖い作品です。
ホラー映画で怖いと思うことは普段ありませんが、
この作品は久々にゾッとさせられました。


この作品の中に8mmフィルムが映画の中で出てきます。
これの中身がとにかく恐ろしい。


邪教カルトといった要素が含まれているため、
少々難解かなあと思いましたが、ラストまで観ると
意味がしっかり分かるようになってます。

ということで分かりやすく、
怖さもしっかり表現されていて、
文句なしの秀作!


スプラッター演出や流血描写を
間接的に表現しているのでグロさはありません。
よって誰でも見ることができると思います。

本当にめちゃくちゃ怖いです。

是非ご覧になってください。




話変わって
8mmフィルムの映画に、

『8mm』
『8mmパート2』

という作品もありますが、
『8mmパート2』も凄いラストでした。
このラストが分かる人はおそらくいないのでは…?
 ↑ ↑
ということで、こちらも超おすすめです。

ストーリー ★★★★
映像・CG  ★★★★
熱中度   ★★★★★
グロテスク ☆☆☆☆
エロ度    ☆☆☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★★★
感動     ☆☆☆☆☆
怖い     ★★★★★
おすすめ度 ★★★★★

▼トレイラー▼
http://youtu.be/jhV2h-8P8rc

1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

フッテージ.jpg





コメント