ベジタリアン・マーフィーの菜食日記・日々是精進

平和を愛するベジタリアン。生命倫理、菜食、環境問題など、みんなで考えよう!

トマトと薄あげの炒めもの

2020-05-31 17:21:18 | べジ自炊


中華ではトマトと卵の炒めものがありますが、卵の代わりに薄あげを使いました。

昆布だしを少し加えて蒸し焼きにして、塩と粗挽き胡椒のシンプルな味にしました。
コメント

昔からあるお菓子

2020-05-31 10:42:12 | Weblog




ベジタリアンの人達には知られてる、卵や乳製品を使って無いお菓子。
昔から好きです(笑)
コメント

精進カレー

2020-05-29 21:37:19 | べジ自炊






今回はかるなぁさんの五葷無しカレールーを使いました。
味にインパクトを与えるため、土生姜をすって入れてます。
塩も一つまみ加えてます。

最近は普通のスーパーにも大豆加工品が置いてあり、ベジタリアンの人達にも追い風が吹いてる感じがします。


コメント (2)

ウイルスより怖いのは人!?

2020-05-24 16:24:20 | Weblog

コロナの患者を受け入れてる病院の医師、看護師、職員さんやその家族に対する偏見差別が多いと報道されます。
自分の健康や家族の健康を侵す危険を分かりながら、真摯に仕事に取り組む姿勢は感謝されて当たり前だと思います。

自分の安全を守りたい防衛本能が攻撃さを生んでるのでしょうが、そこを理性を持って攻撃しないで感謝する方向に向かうのが社会的人間性だと思います。
コメント

トマト安い

2020-05-24 11:24:33 | べジ自炊
トマトが1箱千円ちょっとで売ってたので大量買いしました。
恐らく外食産業や学校給食向けが大量に余ってるんだと思います。

小松菜とトマトをオリーブオイルで炒めて、塩と粗挽き胡椒のシンプルな味でいただきます。



コメント

愛と死をみつめて

2020-05-23 22:18:37 | その他
ブックカバー何とかってのが、Facebookで廻って来ました。幸福の手紙みたいな(笑)
今日は私が最も読まなさそうな本の紹介です。





今から60年くらい前の同じ市内のうら若き女性の実話ですが、このタイトルにピンときた人は同じ世代以上かも(笑)

10代で顔の軟骨肉腫を患い、大阪大学病院などで闘病生活を送る。

素敵な男性と知り合い、手紙などで純愛を育む。

何度も顔にメスを入れて苦悶の日々を過ごすも若くして逝く。

この実話は映画にもなり、多くの人々に感動を与えました。
コメント

菜の花

2020-05-16 20:07:15 | Weblog

この菜の花は白菜から出てきてます。これまで畑を耕してた人が亡くなり、放置されてて菜の花が咲いたのです。


お昼は桜井食品のラーメン。ほうれん草ともやしをトッピング。
もやして安過ぎますね(笑)
コメント

豆ご飯

2020-05-14 17:41:58 | べジ自炊




豆ご飯を昼の弁当に持って行きました。
素朴な味が好きです。
コメント

神戸新聞に伊藤ハムの代替肉の記事掲載

2020-05-08 19:02:17 | Weblog


以前にもチラっと書いたと思いますが、代替肉の需要は伸びている様子です。
コメント (12)

GWガマンウィーク

2020-05-06 19:23:25 | Weblog
四連休、都会や観光地、電車や高速道路など人出が無い状況でした。

しかし我が町は田舎の方なので逆にスーパーや飲食店、道の駅、レンタル店などは満員状態でした!

普段遠出してる人がホームステイしないで近場で遊んでる状態だと思います。



写真は満員の道の駅の隣接行動です。誰も居ません(苦笑)

進化コロナ感染者が発見されて無い地域なので、市民の意識は低いようです。
でも大半はマスクをされてました(笑)
コメント