ベジタリアン・マーフィーの菜食日記・日々是精進

平和を愛するベジタリアン。生命倫理、菜食、環境問題など、みんなで考えよう!

イルカショーの裏側は残酷!

2019-01-03 17:06:22 | 生き物たち
今日は道頓堀の橋の上でイルカに関するパネルアクションやってました。



和歌山ではスーパーで『イルカ肉』とパックに明記して販売されます。
おそらく他の都道府県ではイルカ肉を『クジラ肉』と印刷されてる可能性があります。

皆さん映画のTHE COVEでご存知でしょう。入り江にイルカを追い込みヤリで突いて殺します。
殺されたイルカは肉として売られます。
生き延びたイルカは水族館に売られます。
日本だけで無く、中東や中国に一頭500万円くらいだそうです。

黒毛和牛と同じように、大金が入るので辞められないのでしょう!

この殺業を廃止するには、消費者が肉を買わない、水族館に行かない、周りに残酷さを教えることが大事です。

もう、そろそろ残酷な殺害ビジネスに終止符を打ちましょう‼️

そしてまた菜食インド料理Shamaに来てしまった(笑)



ダルカレーとほうれん草カレー。ほうれん草ナンはバター無しで特大です(^o^ゞ

隣は王将、肉肉しい客の出入りが見えます(;゜0゜)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« CoCo壱レポート | トップ | 努力すれば花開く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生き物たち」カテゴリの最新記事