きおくのはざま

「昔はお前みたいなゲーマーだったが、膝に矢を受けてしまってな」

「養育費の算定基準とな?」について

2020-01-21 00:21:00 | Weblog
親の貧困は子の貧困に繋がる。
「子供のため」が全てにおいて
免罪符になるとは思わない。
(個人的意見)



【主張】養育費基準改定 離婚時の取り決め常識に - 産経ニュース
----------------------
最高裁の司法研修所が養育費の算定基準を
16年ぶりに見直した。夫婦の収入、
子供の年齢、人数などに応じて支払うべき
養育費の目安で、世帯によっては
月1万~2万円の増額となる。
----------------------

元記事は見直された額の支払い例はない。
やる気のない、見難い残念裁判所サイトに
これまた見難いPDFが貼ってあった。
ちょっと見てみたんだが・・・。
地域物価指数や双方の資産状況も盛り込めば
高得点だったが、算定基準とその分類
が雑すぎたのが笑えた。
これが司法研修所のレベルなのだろうか。

ちなみに
今納めている養育費は十数年前決めた額だ。
当時は今より年収が低かったのに、
今の年収で算定する養育費の範囲に居た。

----------------------
離婚後も、離れて暮らす子供の養育に親が
責任を持つのは当然である。別れた夫婦に
所得の差があればなおさらだ。民法は、
子供や配偶者に自身と同程度の生活水準を
保障する義務を定めている。
----------------------

義務の定め方が曖昧だし、
民事に留めているからダメなんだと思う。

----------------------
ところが、離婚時に養育費の取り決めを
している夫婦は半数に満たない。
まず取り決めをして、これが確実に
履行されるよう文書にすることを
常識としたい。
----------------------

いやそれ常識でしょ。離婚協議書は正副副で
3枚作成し署名捺印の上で公文書化した。
自前で文書化したものなので雑だが、
必要な事は盛り込んであるのであれでよい。
当然それには養育費に関しての項もある。

----------------------
市の委託した民間保証会社が不払いの
養育費の督促などを行う。
一歩踏み込んだ取り組みといえる。
----------------------

まぁ払わないやつは資産差押え的な
法的効力を持つ仕組みが必要だろうね。

----------------------
夫婦は別れられるが、子供にとって
父親であり、母親である事実は変わらない。
子供を貧困に陥らせないことが第一である
----------------------

産経にしては中身のない結び方が草。


『偽装離婚』
離婚して母子家庭にして各種手当厚遇を受け、
元夫との関係は家族のままって事例知ってる。
↑ここまでしないと貧困でやってられない。
と言うわけではなく、計画も無しに繁殖し、
単純に国と税金に托卵した家族の形であり、
貧困云々の前にだたのクズだと思ってる。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「めざせhIEレイシア級」につ... | トップ | 「はじまりは大陸から?」に... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿