古楽の小路

30余年住んだ杜の都から東京へ。両親の介護も終了、気が付けば高齢者に。介護される身になるまで音楽生活を楽しみたいものです

映画「コーラス」

2009-08-08 07:56:40 | 映画
フランス映画「コーラス」はボーイ・ソプラノの少年で
大分話題になった映画。昨日午後NHK・BSで放送があった。

今や功なり名を遂げた指揮者が若き日の自分の進路を
決定づけてくれた音楽教師を回想するという筋立てに
なっている。なんだか同じような始まりの映画があった
と思ったら、「ニュー・シネマパラダイス」だった。
おまけに俳優も同じジャック・ぺラン。昔はひ弱な感じの
青年だったが最近は渋い味わいが出てきている。年を
とるのいいものだ。

何らかの問題のある生徒達を収容する全寮制の学校が舞台。
ここに舎監として、音楽家の夢は果たせなかった音楽教師が
赴任する。厳しい体罰を課する校長に反発し、合唱を通じて
荒れた子供たちの心をほぐしていく・・。

教師は最初、面喰う生徒を前に、発声練習から始め、徐々に
自ら作曲した曲や、ラモーの賛美歌「夜」を歌わせる。
この曲はラモーのオペラ「イポリテとアリシー」から
とられたようだが、どの場面の曲かはわからずじまい。

ここで実際にソロを歌っている少年が実在のサンマルク
少年少女合唱団員でおまけに「美少年」なのでまたさらに
話題を呼んだらしい。
映画は2004年制作だからもう声変わりしたことだろう。
何よりこの音楽教師を演じた俳優(ジェラール・ジュニョ)、
脇役陣が素晴らしいのでより深い感動がある。
私はこの美少年君よりもなんとも味のあるおじさん俳優の方に
興味がわいた。監督もしているという「バニョールおじさん」の
ヴィデオを借りてみたくなった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 仙台七夕 | トップ | パーセルのリコーダー曲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事