18/19 Saison

BVB第2戦はゲストでElfenと対戦
ElfenのGK Neleは3点! 
あすかは41分に初得点

またしても怪我...@Deutschland

2018-09-23 04:40:42 | チーム(Mannschaft)
今シーズンBSVからNeckarsulmer Sport-Union(NSU)に移った元オランダ代表のMichelle Goos。
昨シーズンはシーズン開幕が近づいた日本遠征から帰国直後に怪我を負い、序盤戦を数試合欠場してしまいました。
今回は昨シーズンと同じ頃のLotto Cupで膝の怪我...。
何とも不運です。
更にGoosだけでなく、Roberta Ivanauskaite、Sina Namat、Lena Hoffmannと、まるで何かに取りつかれたかのように連鎖的に負傷者が続出です。

更にチームは今日の試合を含めて3連敗と、1部昇格3シーズン目にして最も悪いスタート(1シーズン目の初戦はホームでHCLに勝利)です。
 08日 Neckarsulmer Sport-Union対TuS Metzingen 24:30
 15日 HSG Bad Wildungen Vipers対Neckarsulmer Sport-Union 28:27
 22日 Neckarsulmer Sport-Union対TV Nellingen 22:25 

幸い次は来月13日のHSG Bensheim/Auerbach戦までリーグはありませんので、その間に少しでもチームの立て直しを期待したいです。

どこに行っても...@Deutschland

2018-09-16 03:27:15 | 選手(Spieler(in))
2部の中では最も観戦数の多いFriesenheim(die Eulen)。
特にお気に入りの選手はGKのKevin Klierです。
彼は03/04シーズンからTV Großwallstadt、05/06シーズンからはRhein Neckar Löwenの基礎ともいえるKronau Östringen、そして07/08シーズンから昨シーズンまでdie Eulen/Friesenheimに所属し、今シーズンからはFriesenheimに程近いKaiserslauternのTuS 04 Dansenbergに移りました。
84年生まれのKevinは近年die Eulenに長く所属し、チームの良き兄貴分としての存在もあったと思います。
始めて会ったのはおよそ10年程前のことで、ホームでの試合です。
試合後に写真やサインをお願いしたのですが、どことなく元ドイツ代表GKのCarsten Lichtleinにも似ている、いかにもヨーロッパの(ドイツの)ハンドボールのGK!(最高に格好いい!!)といった印象でした。
その後は観戦に行くたびにサイン+zusammenでの写真をお願いしていたこともあり、自分のことをすっかり覚えてくれました。
チームの年長となった近年、ずっとdie Eulenに所属し、いずれはスタッフになってほしいなぁと思っていました。
そんな中、今シーズンは3部南地区のDansenbergに移籍したのです。
チームは昨シーズン、12勝1分17敗の16チーム中13位で、何とか降格を免れました。
そういったこともあったのでしょうか、Dansenbergではトレーナーより1歳若い年齢といったこともあり、チームにはKevinを含めて3人のGKが登録していますし、単に1選手としてだけでなく、(GKだけでなく)チーム全体のアドバイス役も担っているのではと思っています。
皆から慕われているKevinですから、今後はどこに行っても1選手+αの役割も果たしてくれる、そう願っています。
チームは現在1勝1分1敗の9位、少しずつ順位を上げていってほしいものです。


ちょっと驚き、若手を多くノミネート@Deutschland

2018-09-08 03:42:24 | チーム(Mannschaft)
女子代表トレーナーのHenk Groenerさんは新たにメンバーを発表しました。
昨年のホームでのWMを区切りとしてそれまでのメンバーを一新し、若手を多くノミネートしているのが目立ちます。
特に、昨年のジュニア代表だった98年生まれのMia(Leverkusen)とLea(BSV)、そして99年生まれのAmelie(Leverkusen)を登用したのにはちょっと驚きました。
いずれも所属ではセカンドチームでの登録で、3部リーグでの主力メンバーとして活躍していたのですが、昨シーズンにはファーストチームに昇格し、今回はいきなりのA代表メンバーに選ばれました。
一方、世界選手権の初戦で開始早々に膝の大けがにより離脱したKimや、メンバーから外されていたMarliの復帰は、自分にとってはとても嬉しいお知らせです。
代表でのトレーニングは今月24日にAscherslebenで始動し、29・30日のDessau-RoßlauとNordhausenでのロシアとのテストマッチに臨みます。
このメンバーで、まずは12月に行われるフランスでのEMが楽しみです。
Tor:
 Dinah Eckerle(SG BBM Bietigheim)
 Isabell Roch(TuS Metzingen)
 Lea Rühter(Buxtehuder SV)
Feld:
 Franziska Müller(HSG Blomberg-Lippe)
 Ina Großmann(Thüringer HC)
 Luisa Schulze(SG BBM Bietigheim)
 Julia Behnke(TuS Metzingen)
 Meike Schmelzer(Thüringer HC)
 Anna Seidel(TSV Bayer 04 Leverkusen)
 Maike Schirmer(Buxtehuder SV)
 Marlene Zapf(TuS Metzingen)
 Amelie Berger(TSV Bayer 04 Leverkusen)
 Alicia Stolle(Thüringer HC)
 Maren Weigel(TuS Metzingen)
 Anne Hubinger(Thüringer HC)
 Kim Naidzinavicius(SG BBM Bietigheim)
 Alina Grijseels(Borussia Dortmund)
 Mia Zschocke(TSV Bayer 04 Leverkusen)
 Emily Bölk(Thüringer HC)
 Xenia Smits(Metz Handball)
 Shenia Minevskaja(TuS Metzingen)
Reserve:
 Caroline Müller(Borussia Dortmund)
 Antje Lauenroth(SG BBM Bietigheim)
 Anna Monz(HSG Blomberg-Lippe)
 Lena Degenhardt(TV Nellingen)
 Saskia Lang(Thüringer HC)
 Jenny Behrend(VfL Oldenburg)

3年ぶり2回目の...@Deutschland

2018-08-12 04:27:48 | 試合(Spiel)
先週末に南西部のRheinland-Pfalzにある人口は18000人程度の静かな町、Wittlichで行われたWittlicher Cup。
99年にStelioplast Cupとして、国内の強豪チームにデンマークのViborgやノルウェーのLarvik、オーストリアのHypoなど、チャンピオンズリーグでもお馴染みのチームも参加したことのあるシーズン前恒例のトーナメントです。

参加は毎回6チームで、かつては主催のHSG Wittlichも直接トーナメントに参加していましたが、昨シーズンはOberliga Rheinland-Pfalz/Saarで14チーム中11位の成績は他の参加チームとはかなり実力差があるため、04年からは同じランクのチームと"親善ゲーム"゜といった形での参加となっています。
とはいえ、毎年60ページにもわたる素敵なプログラムを発行し、16年まではHCLは"皆勤"、12年からはBSVが毎回の参加など、国内はもとより、各国からも前述のチームなどの参加はとても楽しみなトーナメントです。
2日間での6チームのトーナメントのため、土曜日は11時から6試合行い、日曜日は10時から親善試合が始まり、2日間はまさに終日"ハンドボール漬け"です。
今回は昨シーズンチャンピオンズリーグに参戦したフランスのMetzはグループラウンドでBSV26-19(12-9)とTusSies29-27(12-14)。
セミファイナルはElfen26-21(14-11)、そしてファイナルは同じくチャンピオンズリーグに参戦したBietigheim26-21(8-11)と、3年ぶり2回目の優勝に輝きました。
今回は国内の参加はElfen、BSV、TusSies、Bietigheimの4チームに、スイスのSpono NottwilとフランスのMetz。
隣国ですが、ドイツとルクセンブルグ国境近くの町とはいえ、Wittlichから最も近いのがMetzです。

ブンデスリガチームと対戦...@Deutschland

2018-08-01 04:48:13 | チーム(Mannschaft)
現在ドイツに来ている中国女子。
先週は1部ブンデスリガチームとテストマッチを行っています。
昨年日本を訪れたBSVと対戦し、30-28(15-12)と、BSVの勝利。
China:
 Wang Haiye
 Lin Yanqqun
 Zhang Haixia(3)
 Li Xiaoqing(1)
 Qiao Ru(1)
 Wu Nana
 Yu Yuanyuan(3)
 Si Wen
 Liu Xiaomei(12/6)
 Sha Zhengwen(3)
 Shi Ziwei
 Yang Yurou
 Wu Yin
 Wang Ru
 Yang Jiao(3)
 Zhao Jiaqin(2)
 Li Yao
 Zhang Tingting
 Lan Xiaoling
 Wang Shuhui

NSUとの対戦では
NSU 28-24(15-13)中国

これはNSUとの新聞記事ですが、BSVとの対戦でも結構大きな写真入りの新聞記事が掲載されています。

フランスへは...@Deutschland

2018-07-22 04:16:59 | チーム(Mannschaft)
DHBは先月28日に女子代表メンバーを発表しました。
EmilyとAliciaはそれぞれBuxtehuderとBlombergからTHCと契約を結んだのが国内での個人的な大きい話題です。
昨年のホームWMまでチームキャプテンのAnnaを始め、ベテランGKのKatjaとClaraなどはナショナルとしてのキャリアを終えました。
次は暮れのフランスで行われるEMですが、どんなメンバーになるかドキドキです。
トレーナーが変わってナショナルに復帰したMarliは特に選ばれてほしいです。
Julia Behnke KR(1993) TuS Metzingen 51/66
Emily Bölk RM(1998) Thüringer HC 27/63
Dinah Eckerle TW(1995) SG BBM Bietigheim 24/1
Angie Geschke RL/RM(1985) VfL Oldenburg 101/186
Alina Grijseels LA(1996) BVB 09 Dortmund 5/7
Ina Großmann LA(1990) Thüringer HC 5/7
Anne Hubinger RR(1993) Thüringer HC 62/108
Madita Kohorst TW(1996) TuS Metzingen 0/0
Stella Kramer RA(1989) BVB 09 Dortmund 22/23
Saskia Lang RL(1986) Thüringer HC 77/91
Antje Lauenroth KM(1988) SG BBM Bietigheim 10/12
Alexandra Mazzucco RA(1993) Thüringer HC 20/37
Shenia Minevskaja RL(1992) TuS Metzingen 70/107
Caroline Müller RM(1993) BVB 09 Dortmund 4/0
Franziska Müller LA(1990) HSG Blomberg-Lippe 20/43
Kim Naidzinavicius RM (1991) SG BBM Bietigheim 90/199
Isabell Roch TW(1990) TuS Metzingen 5/0
Jennifer Rode RR(1995) TSV Bayer 04 Leverkusen 19/7
Maike Schirmer RA(1990) Buxtehuder SV 12/19
Meike Schmelzer KR(1993) Thüringer HC 34/21
Luisa Schulze KR(1990) SG BBM Bietigheim 69/91
Xenia Smits RL(1994) Metz Handball (FRA) 43/98
Alicia Stolle RR(1996) Thüringer HC 28/30
Maren Weigel RR(1994) TuS Metzingen 5/6
Marlene Zapf RR(1990) TuS Metzingen 66/156

若手メンバーで...@Polska

2018-06-22 04:18:15 | チーム(Mannschaft)
ポーランド代表は先日ミュンヘンで行われたドイツとのテストマッチ(30-29でドイツの勝利)からKarolina Kudłacz-GlocやKinga Achruk、Kinga Grzybといった国際交流試合3桁の主力数人が抜けた若手主体のメンバーで日本を訪れています。
今日は同じ高崎アリーナで、日本代表と非公式のトレーニングマッチを行いました(日本30-30ポーランド)。
Tor:
1Weronika Kordowieckaヴェロニカ・コルドヴィェッカ – GTPR Gdynia 1
48Natalia Krupaナタリア・クルッパ – SPR Pogoń Szczecin 0
Feld:
-Karolina Kochaniakカロリーナ・コチャニアク – SPR Pogoń Szczecin 0
-Patrycja Nogaパトリチア・ノガ – SPR Pogoń Szczecin 0
39Natalia Nosekナタリア・ノゼック – SPR Pogoń Szczecin 1
17Daria Zawistowskaダリア・ザヴィストゥスカ – SPR Pogoń Szczecin 0
15Katarzyna Janiszewskaカタルツィナ・ヤニゼゥスカ – GTPR Gdynia 1
7Aneta Łabudaアネタ・ワブダ – GTPR Gdynia 2
66Joanna Szarawagaヨアンナ・サラヴァガ – GTPR Gdynia 2
-Sylwia Matuszczykスィルヴィア・マトュステュック – SPR Lublin SSA 5
22Aleksandra Rosiakアレクサンドラ・ロスィアク – SPR Lublin SSA 7
-Małgorzata Mączkaマゥゴジャタ・モンチュカ – MKS Zagłębie Lubin S.A. 3
10Romana Roszakロマナ・ロザック – Piłka Ręczna Koszalin S.A. 5
-Żaneta Lipokジャネタ・リポック – 1
92Ewa Urtnowskaエヴァ・ウルトノゥスカ – Toulon Saint Cyr Var Handball(Francja) 2
トレーナー
 Leszek Krowickiレゼク・クロヴィッキー
各選手の最初の数字は昨年暮れの世界選手権での第一次登録時でのユニフォーム番号
最後の数字はトレーニングマッチでの得点

今回のキャプテンと思われるエヴァ(フランス・トゥーロン)以外は全て国内リーグ所属の選手となりました。
日本滞在は18日から24日までのようです。
先日のドイツの徳島同様、高崎がポーランドに対してオリンピックの事前キャンプ地としての協定を締結しているそうで、日本に行ってよかったと思ってもらいたいですし、このような目的でハンドボールが訪れること自体、とても嬉しいことです。

伝統文化も体験しての...@Deutschland

2018-06-21 04:14:35 | チーム(Mannschaft)
東京での試合の翌日、およそ10日間にわたった日本への遠征から帰国しました。
チームはトレーニングや試合とは別に、阿波踊りの歓迎ではとても楽しそうに一緒になって踊っていましたし、鳴門のドイツ館訪問、弓道と慣れない座り方に戸惑いながらの茶道、(日本文化ではありませんが)ラフティング、東京に戻って物珍しそうに野球場を眺める(ちょうど何かの試合があり、写真に撮っている選手もいました。ドイツにもべースボールのブンデスリガはありますが、日本の野球場ほど大きな設備ではありません)など、様々な文化等にも接することができて、とても楽しかったと話してくれました。
昨年のBSVに次いでの男子ナショナルの訪問は、来る東京オリンピックに対する事前キャンプ地として、DHBは徳島の、そして日本の素晴らしいもてなしに感謝しているようです。
またドイツのハンドボールを観戦した日本のファンにとってもダイナミックなプレーや、選手たちのフレンドリーな態度に対してファンになってくれた人たちも多かったことでしょう。

Tor:
12 Silvio Heinevetterズィルヴィオ・ハイネフェッター(Füchse Berlin)176/2
33 Andreas Wolffアンドレアス・ヴォルフ(THW Kiel)69/9
Feld:
3 Uwe Gensheimerウヴェ・ゲンスハイマー(Paris St. Germain/FRA)156/722
7 Patrick Wiencekパトリック・ヴィンツェク(THW Kiel)118/269
8 Tim Sutonティム・ズートン(TBV Lemgo)6/9
10 Fabian Wiedeファビアン・ヴィーデ(Füchse Berlin)62/117
13 Hendrik Pekelerヘンドリック・ペケラー(Rhein-Neckar Löwen)80/124
17 Steffen Weinholdシュテフェン・ヴァインホルド(THW Kiel)111/279
18 Tim Kneuleティム・クノイレ(Frisch Auf Göppingen)30/44
22◎Marian Michalczik マリアン・ミヒャルツィク(TSV GWD Minden)8/6
24 Patrick Groetzkiパトリック・グロエツキー(Rhein-Neckar Löwen)128/345
25 Kai Häfnerカイ・ヘフナー(TSV Hannover-Burgdorf)68/149
28 Evgeni Pevnovエフゲニ・ペフノフ(TSV Hannover-Burgdorf)17/11
29◎Tim Hornkeティム・ホルンケ(TBV Lemgo)17/40
35 Julius Kühnユリウス・キューン(MT Melsungen)48/155
37 Matthias Muscheマティアス・ムッシェ(SC Magdeburg)26/41
38 Fabian Böhmファビアン・ベーム(TSV Hannover-Burgdorf)11/13
42◎Moritz Preussモリツ・プロイス(VfL Gummersbach)5/4
43 Niclas Pieczkowskiニクラス・ピーツコヴスキー(SC DHfK Leipzig)39/41
当初発表されたメンバーから以下の4選手が訪れることができませんでした。
 Finn Lemkeフィン・レムケ(MT Melsungen)63/22
 Tobias Reichmannトビアス・ライヒマン(MT Melsungen)75/212
 Jannik Kohlbacherヤニック・コールバッハー(HSG Wetzlar)45/85
 Paul Druxパウル・ドゥルックス(Füchse Berlin)63/123
◎は新たに招集されたメンバー
最後の数字は、今回の遠征後の国際試合数/得点

遠征前日ミュンヘンで行われたノルウェーとの試合は25-30(15-15)で敗れてしまいましたが、試合後の数人の選手たちのコメントからは翌日からの楽しみな日本遠征が頭にあったようにも感じられました。
試合前日にやって来て翌日には帰国する(今回は東京での試合の翌日17日には戻りましたが...)といったタイトなスケジュールより、今回のように10日間のスケジュールで2日間の試合以外に日本の文化にも触れることができた遠征のほうが(お互いにとって)プラスだと思います。

素晴らしい遠征になるように...@Deutschland

2018-05-27 03:18:46 | チーム(Mannschaft)
来月日本に遠征する男子代表。
4日にミュンヘンでトレーニングを開始し、6日には20時からノルウェーと対戦。
翌7日に日本に向かいます。
徳島と東京で2試合行い、17日に帰国します。
メンバー20人が発表されました。
Tor:
 Silvio Heinevetterズィルヴィオ・ハイネフェッター(Füchse Berlin)173/2
 Andreas Wolffアンドレアス・ヴォルフ(THW Kiel)66/9
Feld:
LA Uwe Gensheimerウヴェ・ゲンスハイマー(Paris St. Germain/FRA)153/703
RL Finn Lemkeフィン・レムケ(MT Melsungen)63/22
KR Patrick Wiencekパトリック・ヴィンツェク(THW Kiel)115/262
RA Tobias Reichmannトビアス・ライヒマン(MT Melsungen)75/212
RR Fabian Wiedeファビアン・ヴィーデ(Füchse Berlin)59/116
KR Hendrik Pekelerヘンドリック・ペケラー(Rhein-Neckar Löwen)77/115
RR Steffen Weinholdシュテフェン・ヴァインホルド(THW Kiel)108/274
RM/RL Tim Kneuleティム・クノイレ(Frisch Auf Göppingen)27/43
RA Patrick Groetzkiパトリック・グロエツキー(Rhein-Neckar Löwen)125/333
RR Kai Häfnerカイ・ヘフナー(TSV Hannover-Burgdorf)65/146
RL Julius Kühnユリウス・キューン(MT Melsungen)45/143
LA Matthias Muscheマティアス・ムッシェ(SC Magdeburg)23/38
RM Niclas Pieczkowskiニクラス・ピーツコヴスキー(SC DHfK Leipzig)36/41
KM Jannik Kohlbacherヤニック・コールバッハー(HSG Wetzlar)45/85
RM Paul Druxパウル・ドゥルックス(Füchse Berlin)63/123
RL/RM Tim Sutonティム・スートン(TBV Lemgo)3/7
  Evgeni Pevnovエフゲニ・ペヴノフ(TSV Hannover-Burgdorf)
  Fabian Böhmファビアン・ベーム(TSV Hannover-Burgdorf)
チーム名後の数字は国際試合数/得点 (4月7日現在)

昨年7月日本に遠征した女子のBuxtehuder(17勝1分8敗の3位でシーズン終了)は先日ホームでの観戦に行った際、とても楽しい遠征だったと話してくれました。
ただこの男子は来年1月に行われる地元開催のWMを控えた代表チームということで遠征の意味合いは異なりますが、それでもタイトルのかかった試合を行うわけではないですし、チームにとって素晴らしい遠征になることを願っています。

かつてのジュニア代表が...@Deutschland

2018-05-12 04:25:12 | チーム(Mannschaft)
今月31日のゲストでのリトアニア戦、来月2日Gummersbachでのトルコ戦と、EM予選メンバーが発表されました。
Tor:
 12 Dinah Eckerle(Thüringer HC)21/1
 16 Isabell Roch(TuS Metzingen)2/0
Linksaußen:
 21 Ina Großmann(TuS Metzingen)2/1
 26 Franziska Müller(HSG Blomberg-Lippe)17/34
Rückraum links:
 11 Xenia Smits(Metz HB/FRA)40/96
 32 Shenia Minevskaja(TuS Metzingen)67/103
 19 Emily Bölk(Buxtehuder SV)24/57
Rückraum Mitte:
 10 Anna Loerper(SG BBM Bietigheim)237/415
 26 Angie Geschke(VfL Oldenburg)98/181
 4 Alina Grijseels(Borussia Dortmund)2/2
Rückraum rechts:
 22 Maren Weigel(TuS Metzingen)2/2
 37 Alicia Stolle(HSG Blomberg-Lippe)25/20
Rechtsaußen:
 2 Marlene Zapf(TuS Metzingen)63/146
 20 Maike Schirmer(Buxtehuder SV)9/11
Kreis:
 33 Luisa Schulze(SG BBM Bietigheim)66/84
 13 Julia Behnke(TuS Metzingen)48/60

Reserve:
 14 Stella Kramer(Borussia Dortmund)22/23
 29 Antje Lauenroth(SG BBM Bietigheim)10/12
   Katharina Beddies(TuS Metzingen)
   Caroline Müller(Borussia Dortmund)4/0
 7 Meike Schmelzer(Thüringer HC)34/21
   Anna Monz(HSG Blomberg-Lippe)
 ユニフォーム番号、名前(所属チーム) 5月2日現在の国際試合出場数/得点

この中でかつてU19やU20メンバーとして戦った選手が数多くいますが、自分が実際にそのメンバーとして試合を観戦したのは10名以上います。
換言すれば、ジュニア代表としての選手が順調にステップアップしていることに他なりません。

まもなくPokal Final...@Deutschland

2018-05-05 04:02:43 | 試合(Spiel)
今シーズンの女子DHB Pokalは"OLYMP Final4"と称し、来る19・20日にStuttgartのPorsche-Arenaで行われます。
Final 4に勝ち進んだのは、昨シーズンのDeutscher Meisterで"ホーム"のBietigheim(現在リーグ2位)とMetzingen(現在リーグ7位)、Oldenburg(現在リーグ9位)、Bad Wildungen(現在リーグ10位)です。
このうちOldenburgは80/81、08/09、11/12シーズンと3回のPokal Siegerに輝いたことがあるものの、Bietigheimは昨シーズン初のDeutscher Meister。
MetzingenとBad Wildungenは初のタイトルを狙います。
そういったことから、なかなか新鮮味のあるチームが揃った今シーズンのトーナメント。
一体Pokal Siegerはどこが獲得するのか楽しみです。

日程
19日 15:00 Bad Wildungen - VfL Oldenburg
   17:30 SG BBM Bietigheim - TuS Metzingen
20日 12:30 3/4位
   15:00 1/2位
これまでBad Wildungenのみホームでの観戦がありません(ゲストでは観戦したことがあります)が、全てのチームに特にお気に入りの選手がいる(尤もブンデスリガはどのチームもそうではありますが...)ので、思いは複雑です。
4チームこれまでの戦い
Bietigheim
 第2ラウンド 10月4日 HSV Solingen-Gräfrath 41-16
 第3ラウンド 11月5日 BVB Dortmund 29-25 
 第4ラウンド 1月14日 Thüringer HC 31-26
Metzingen
 第2ラウンド 10月6日 Neckarsulmer Sport-Union 45-25
 第3ラウンド 11月4日 Buxtehuder SV 26-25
 第4ラウンド 1月13日 Nellingen 23-22
Oldenburg
 第2ラウンド 10月8日 HC Leipzig 35-22
 第3ラウンド 11月5日 Hannover-Badenstedt 41-27
 第4ラウンド 1月10日 Rosengarten 30-24
Bad Wildungen
 第2ラウンド 10月7日 SV Henstedt-Ulzburg 36-26
 第3ラウンド 11月5日 FRISCH AUF Göppingen 25-20
 第4ラウンド 1月13日 Bayer Leverkusen 21-19

首位にいるけれど...@Deutschland

2018-04-29 03:13:33 | チーム(Mannschaft)
今シーズンは序盤から首位に位置する2部女子の"Luchse" Rosengarten-Buchholz。
試合を観戦したとき、以前から懇意にしているトレーナーに「来シーズンは1部だね」
と話したところ「財政問題を抱えていて、1部は無理」
との悲しい返事でした。
パートナーを結んでいる1部のBuxtehuderは財政的に問題がないので
いっそのこと、チームを合併してみては...。
一瞬そんな考えも浮かびましたが、もしも両方が共倒れになってしまっては元も子もありません。
今シーズンLuchseは先ほどの試合が終わって残り3試合で22勝0分3敗で、ポイントは44-6。
2位のBärenは残り4試合で14勝3分7敗の31-17と、本来ならば既に来シーズンの1部昇格を決めているため嬉しい筈なのですが...。
ちなみにこれまでLuchseは過去に2回、1部昇格経験があり、最初の10/11シーズンは4勝1分17敗の12チーム中11位、15/16シーズンは3勝2分21敗で、14チームの最下位でした。
2部からの昇格チームが1部に定着することは運営側にとって財政面で大きな壁があり、どのチームにとってもなかなか難しい現実です。
ましてや今回のLuchseのようにシーズン序盤から圧倒的な強さを誇っていても実際問題1部で戦うことはかなり厳しいのです。
ヨーロッパ全体を見ると、チャンピオンズリーグで勝てないのは、いわゆる中東欧の強豪クラブと比較すると圧倒的に少ない予算でチームを運営しているからに他なりません。
ほとんどのファンはそうした現実を知っているからこそ、例え(ドイツが)勝てなくても冷たい目で見ないのです。
 
 

残念、観戦が中止に...@Deutschland

2018-04-22 03:23:18 | 試合(Spiel)
男子3部の観戦を予定していたところ、週末は橋の夜間工事のため帰ることができないとわかり、観戦を中止してしまいました。
この試合のゲストチームは一度2部の頃にホームゲームとして観戦したことがありますが、ホームチームはまだ観戦したことがないため、とても残念です。
この試合は"Hessen-Derby"で、面白い試合を期待していました。
ちなみに残り2~3試合となった現在、ホームチームは16チーム中12位、ゲストチームは14位と共に厳しく、特にゲストチームは3チームが4部(ブンデスリガからの降格)への降格を余儀なくされる中、残り2試合が注目です。

相手チームの選手も...@Deutschland

2018-04-08 03:31:12 | 試合(Spiel)
THCとフランスのMetzとのチャンピオンズリーグを観戦に行きました。
国内では本当に強い(だからチャンピオンズリーグに参戦できるのですが...)THCですが、チャンピオンズリーグになるとなかなか勝てません。
これは昨シーズンまでのHCLや数シーズン前にスロヴェニアまで観戦に行ったノルウェーのラルヴィクも同様に。
試合前、両チームの選手を見ているとMetzの選手たちは表情が柔らかなのに対し、THCは普段のリーグとは違ってものすごく硬い。
序盤はむしろTHCが押し気味の展開で14-15の僅か1点差でハーフタイムへ。
後半も一進一退の攻防が続き、結局は29-31。
チャンピオンズリーグですから、惜敗でも負けは負け。
結局は勝たないと...。
でも悔しい一戦でした。
ドイツ勢にとってはなかなか勝てないチャンピオンズリーグの壁。
いわゆる"中東欧"勢が強いチャンピオンズリーグ。
今回の相手は隣国フランスですから、西欧同士の戦い。
"中東欧"の試合を見ていると、殺気だった本当に国をかけての戦いといった雰囲気です。
コート周囲をセキュリティが取り囲み、何かただならぬ雰囲気。
今回彼らはいません。
THCは普段のリーグ以上にサポーターもヒートアップし、自分の席のすぐ近くには一か所に陣取ったたくさんの黄色いシャツを着たMetzサポーターが。
でも"中東欧"の雰囲気とは全く違います。
こちら(ドイツ)でのいつもの雰囲気。

試合後はドイツ代表で特にお気に入りのKerstinからVipルームでの食事に招待されました。
デザートやパスタなどとても美味しいのですが、ずっと体調が良くないせいか食が進みません。
残念なことに普段の半分くらいしか食べられないのです。
周りを見ると、THCの選手スタッフだけでなく、Metzの選手も数人この部屋にいました。
けれども違和感はありません。
いつまでもそんな雰囲気でいてほしいものです。



結局、1周して...@Deutschland

2018-03-28 04:27:40 | 試合(Spiel)
女子2部の試合を観戦に行った時のことです。
友人に行きは一人で行くからと連絡しておきました。
乗ったUバーンのホール最寄りの駅は工事中とのことで、もう少し先に仮の乗降場が設けられていました。
?
あらかじめ調べておいたホールの場所に向かって歩くのですが、なかなか見つかりません。
間違ってはいない筈なのですが...。
結局ホールがあるであろう通りを1周すると、ゲストチームのバスが止まっていました。
となると、このすぐ近くですが、なかなかホールが見つかりません。
何とかそれらしき建物を見つけました。
中に入ると既に友人が待っていました。

友人がワッフルを売っているよと教えてくれたので飲み物(コーヒーしかありませんでした)と一緒に。
しばらくすると練習が始まりました。
ゲストチームの中に一人注目すべき選手が。
一番身長が高くすらりとした体型は、GK?或いはピヴォット?
どちらにしても注目です。

さて試合後ですが、お約束の写真やサインをもらうためにコートに。
2部女子となると、こういったファンはほとんど見かけません。
友人に「おいで」と誘ってもなかなか降りてきません。
友人はいつもカメラを首に下げていますが、サインには全く関心がありません。
そんなことは気にせず、選手の方に向かって行きました。
幸運にも10人もの選手が集まってくれてzusammenで。
唯一知っている選手と、試合前に注目の選手の間に入っていました。
ラッキーです。

選手は徐々にロッカーへ。
友人と自分もそろそろ帰り支度へと。
しばらくすると注目の選手もロッカーから出てきたので、zusammenの写真をお願いしました。
友人もzusammenの写真を。
後日チームに何枚かの写真を送ったのですが、悲しいことに自分は情けない顔で写ってしまい、とても送ることはできません。
でも嬉しいことにサインカードを持っているからと自分のサインブックだけでなく、サインカードももらうことができました。
実は昨シーズン、他のチームにいたのですが、その試合を観戦に行っていたのです。
その時の写真を見たところ、その試合では残念ながら写真を撮らせてもらっていませんでした。

そうこうしながら友人の車で帰り、いつもの場所で夕食を。