青田イチロー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治。経済を中心に危ない日本の公務員を告発していく

安倍とトランプとの違いは何か

2018年05月10日 | 政治
安倍とトランプとの違いは何か、先ほど北朝鮮の金は「なぜ日本は直接わが国に言ってこないのか」と発言したそうな、まるで日本を対等か下に見ていて恐れを感じていない。これは過去の日本の北、韓国、中国、ロシアへの対応が悪人金正恩にそう感じさせているのだろう。

トランプはtwitter、演説、記者会見などを用いて考えていること、したいと思っている事を全て発信している。これは世界のどのリーダーでも行っている。ところが世界で唯一何も世界に発信しない国がある。日本の首相だ。安倍に限らず日本の首相は他国のリーダーの発言に対し反応発言するばかりだ。自らの意見を積極的には発信しない。

高額な給料を取りながら他国に気を使い、慰安婦問題などのように誤った情報にも相手の言いなりに対応してきた。その被害は日本人として容認できないものだ。しかも安倍に限らず世襲のように悪政を垂れ流している。

トランプは6月米朝会談後日本に来て説明するというが、拉致被害者は米国人3人を返還させただけで日本人は誰一人返還されていない。核廃絶と拉致被害者全員の返還をトランプが北朝鮮に交渉したとは思えない。万一トランプが核廃絶の変わりに日本に北への支援金支出など提案してくるなら断固断る気骨が安倍、日本にあるのかと問いたい。

日本の政界、公務員には賢人は少ない。あべ、その側近、官僚に賢人がいるのかと心配する。河野太郎のみが頼りになるが次期首相には自民党ではなれそうもない。河野を首相にするならまだ自民党は頼りになるがおそらくそんな政党ではない。

アメリカは北朝鮮になんと言って交渉し、自国拉致被害者を返還させたのか、そのとき日本の拉致被害者の話は出さなかったのか、安倍はトランプに過去北朝鮮にどのような交渉を依頼したのかまったく分からない、安倍を信頼できない、蓮池氏は安倍は拉致被害者を救い出すとか政治利用しているだけで助け出す努力をまったくしていないと非難したがその可能性もある。

憲法改正、TPP参加、慰安婦問題解決方法、中国、韓国への政治方針、北朝鮮への価値被害者返還政策、その他内政問題への取り組み方針などなんら説明を受けたことはなく、国民は理解できているのか、政治方針だけならはるかにトランプの方が付いて行きやすい

        
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍政権への提言 | トップ | 日大アメフト事件と相撲界の... »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事