青田イチロー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治。経済を中心に危ない日本の公務員を告発していく

日大アメフト事件と相撲界のヤクザ体質

2018年05月19日 | 政治
藤井聡太が今一番明るい話題になっている。まさかまさかが実現し7段に到達した。しかも王座もあと4勝程度のところに近づいている。竜王も不可能ではない。対戦相手も結構研究して対戦してくるらしい。6時頃からが一番面白い。一方では昭和時代にはなかった件法律違反というより倫理違反的な事が多い。

ようやく日大アメフト部の悪質さが判明した。予測されてはいたが内田監督の教育者としての適格性と井上コーチの適格性ひいては日本大学そのものの教育組織としての適格性が問われる問題だと判明した。はたして日大は優秀な人間を育てようとしているのかヤクザを育てようとしているのか問われるべき問題だ。

宮川選手は日本代表として選抜されているが内田監督から選手としての出場は辞退せよと強制され、関学との今回の大会にも当初出場からはずされていて出場する条件としてすぐに関学のエースQBをこわしてこいとコーチを通じて強制され試合直前にも実行することを強制されていた。まるで日大内田監督、井上コーチはヤクザそのものの行為といえる。

世の中で一番たちの悪いのは自分から直接命令せず他人に言わせる人間でこういう人間は徒党を組みやすく組織を悪の方向に追い立てる。芸能人の中には、監督、コーチがひどくて本人への救済処置が必要などと弁護する人間もいる。がこれは同罪で3人とも完全にアウトは確かだ。アメフトはラグビーよりも危険だ。だから防具をつけている。よほどルールを忠実に守り試合をしないと死亡事故、身体不随事故は耐えない。

先の貴の岩事件の相撲界も半ヤクザ体質の者が理事長、役員の大部分を占めている。日大も内田がNO2の理事をしている。理事長も前アメフト部の監督をしていた。日大の経営者はいったい誰なのか理事長、理事は雇われだと推測するが、そういえば相撲界にも日大出が圧倒的に多い過去最多の59名、2位の近大が17名在籍した。税金から日大には圧倒的な補助金が出ているが文科省はぜひ日大の教育機関としての適格性を審査すべきだ。

今野党は加計問題として愛媛県の獣医師大学新設を問題にしているが獣医師学部は関東以北に85%の大学があり大学経営を利権化させている。関東の大学は教育機関としての正当性より利権を重視する大学が多いのではないか、関東の定員を半減させて関西、九州など酪農の盛んな地域に新学部を点在させるべきだ。ここにも日大のような悪徳教育機関が存在する。

スポーツといえば名古屋の至学館大學の谷岡学長と子分の栄女子レスリング監督と副学長の吉田沙保里のように徒党を組んでヤクザ組織のようなパワハラ組織を形成する。

いずれにしてもこういう組織、構成員は早めに排除し、組織から取り除くことが必要だ。相撲も過去にもあったようにある日突然観客がいなくなるだろう。モンゴル人に愛着など湧かないしあのようなヤクザ組織にだれが入門する。


     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍とトランプとの違いは何か | トップ | 詐欺・ヤクザ体質の因在日と部落 »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事