えったんの奄美大島日記

人情味豊かな奄美大島の日々の生活をほんの少しご紹介します。娘の日記に負けないぞ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ引っ越し

2010-08-31 | 奄美大島
ブログを引っ越ししました。

http://ettanyoiko.amamin.jp/


引き続き、よろしくお願いします!
コメント

ニュースに出ます

2010-08-17 | 奄美大島
「もぐらんば」
なんのこっちゃ? こういうことです。ここクリック

今年、よいこが新しく導入した画期的な水中遊泳装置です。
体験ダイビングよりお手軽にできちゃうという事もあり大人気。

本日、MBC(放送)の取材がありました。夕方のニュースで取り上げられます。

インストラクターはシゲさん。あの顔の黒さはTVにちゃんと写るんかなあと心配です。
[もぐらんば]を付けて潜るのは、なっちゃんと我が娘です。

妹家族が帰ってしまい、ふぬけ状態の日々を送っていた娘は、突然の取材のモデル抜擢に興奮
取材のカメラが自分の部屋に来たらどうしよとか言ってた割には部屋を片付ける様子はありませんでしたが、いち早くウエットスーツを着て待機。インタビューを受けた時の練習を一人でブツブツやってました。

よいこスタッフもニューバージョンTシャツ着用で待機

さてさて、どんな映像になっているんでしょうか。楽しみです

放送は19日の18:15からのMBCニューズナウ。

残念ながら全国放送ではありません

鹿児島の人、見てね。

コメント (3)

母と子の時間

2010-08-15 | 奄美大島
妹家族がやって来た。
宿泊も満室、ダイビングも満員御礼という超忙しい時にやって来た。
この時期に来るのは毎年のこと、、、、なんでこの時期に来るねんと思っていた
けど、今年は助かった。妹が朝食作りを手伝ってくれたし、一日に何度も洗濯してタオルを干してたたんでくれた。ホンマありがたかった。
また来年もこの時期に来て欲しい

そして何より楽しみにしていたのは娘だ。従姉妹と遊んだ一週間は彼女にとってはパラダイス
しかし、無情にも別れの時は来るもんだ。
帰ってしまってから寂しさのあまりか発熱。元気はゼロである。

夜中にめったに起きないのに熱のため寝苦しかったのか、「ママ~、のどが乾いた」と言って起きた娘と寝室から夜空を見ました。

ちょうどペルセウス座流星群が見える日

窓を開けて夜空を見ると、流れる流れる星がぁ~

いつも見ている夜空だけど、こんなのんびりと夜空を眺めたのは久しぶり。
娘も流れ星に向ってブツブツと願い事をしている。何を祈っていたのか、、、、
だいたい想像はつく。「大阪に帰りたい~」とつぶやいていたのだろう

なんだか超忙しかった日々が続いたけど、流星群とともにちょっと一息。
真夜中とはいえ、久々に母子の時間を楽しみました。

ダンナは?
娘の部屋のベットでミッキーやぬいぐるみに囲まれて寝ています




コメント

ヒルズ紹介6

2010-07-31 | 奄美大島
やっとこさ借りていた家の引っ越しが終了。
6月いっぱいで出る予定が、荷物を持って来たくても、収納する場所もなく,,,,,
忙しくて片付ける時間もなく,,,,,,
やる気もなく,,,,,,

てなことで、7月まで大家さんに無理を言って伸ばしてもらいました。
しかし伸ばした所で現状は変わらず。しかし、そうも言ってられないので、頭パンクしそうになりながら荷物の整理をしました。
整理というより、何でも捨てる捨てる 服から靴、カバン、食器、布団etc,,,,,スッキリしました

でも、娘とダンナは思い出を大切にするタイプ。何でこんなもん必要やねんと思うような物も捨てません。
毎日ケンカです。
これだけのわけがわからない物が新しい自分の家に置かれると思うと悲しくなります。

まあブツブツ言っても始まりません。

けんちゃんにお願いして、2階成瀬家のリビングに巨大な棚を作ってもらいました。
しかも頑丈です。
これで収納OKよって事で引っ越し完了。

写真の右上にある黒っぽい部分。ここはロフトの倉庫の入り口。
階段をかけて登るのですが、私はまだ足を踏み入れた事のない場所です。

娘がこの棚をよじ登り、ロフトに侵入します。子どものかくれんぼにはもってこい!の場所。

そして思い出たっぷりの物を半永久的に閉まっておく場所でもあります

おそらく私は一生登る事は無いと思います

さあ、片付けよっと

コメント (2)

ヒルズ紹介5

2010-07-16 | 奄美大島
娘の部屋が一番良い場所にあります。
2階の海側、しかもロフト付き。このロフトはひょっとして芦徳集落で一番高い所にある部屋ではないでしょうか。
このロフトに上がるためのハシゴがやっと完成。もちろん手作りでっせ
ハシゴを使って上に登り、そして下りてくる。
普通はそうなんだけど、娘の希望はハシゴで登って、下りるのは、棒につかまってヒュゥ~~ッ

消防士さんが出動する時に高い所から下りてくるアレですわ。

娘の希望は何でも聞いちゃうパパとしては腕の見せ所
やっと完成しました。

学校から帰って来て出来上がっているのを見た娘は感動のあまり何度も何度も制服のまま登っては下りるを繰り返していました。

パパも滑ってみる。スタッフも滑ってみる。トライしてないのは私だけ
童心に返ってやってみたい方、是非どうぞ

いったい何才までこれにつかまって滑り下りてくるんでしょうか。楽しみです。

コメント