アクセサリー&イラスト作家・悦のブログ

水と空気のきれいな神奈川県秦野の彫金工房【etsuspoon】です。銀、真鍮の手作りアクセサリー&イラスト作家です。

ぬいぐるみ。縫って包む。

2018年12月27日 | kodomo日記
最近、レンジでチンして使う「ぬかポン(米ぬか温湿布)」にはまっています。
15個ぐらい一気に作りまして、玄米が途切れたところで一休み中です。

先日、身体を正してもらったのですが、お値段飛び越えたご奉仕をして頂いたので、何かお礼がしたいなあと思い、そのご夫婦の長女Sちゃんの描いた絵がまた可愛らしいかったので、ぬかポンぬいぐるみを作り差し上げることにしました。

パソコン作業に慣れてしまったこの頃。プリントした布を加工しようか、アイロンプリントを使おうか、アイロンシートで切り絵を作ってもらおうか、ガリ版で印刷してみようか・・・・
パソコンでピントの甘い写真を修正しながら考えましたが、修正していくにつれ、勢いと可愛らしさが消えて行きそうな気がしてきたので、なんとなく手書きで模写してみようという気になりました。


最近筆を触る回数も減っていて、描けるのかなわたし・・・
そんな不安にギュウギュウになりながら・・・

鉛筆でうっすらと下書きをして始めます。

粗めの麻でしたから、にじまないように、また伸びるように、均等な色になるように、足りるように絵の具をねっていきました。
どの筆が描きやすかったかな・・・。

アクリルの細い筆を選んで描いていきます。
線が霞まぬよう、もったりとラインが膨らみすぎぬよう。

布に染み込むひんやりとした絵の具の感触はとても気持ちよかった。

ただ真似るだけの絵なのに、手から生み出される線は自分の勇気になった。

もっと描きたいなあ。

人にあげようと始めた作業だったけれど、自分へのプレゼントのような時間でした。


出来上がったぬいぐるみぬかポンはとても喜んでいただけたようで、これまた嬉しい。



▲すごく可愛い絵でしょう?印象は変えずに伝えられたと思うの。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 顔が見えない関係性 | トップ | 2019年 イノブタ猛進 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

kodomo日記」カテゴリの最新記事