大紀元エポックタイムズ・ジャパン

「真実と伝統」をモットーに、明日を生きる上で判断材料となる有益な情報を日々発信しております。

【検証】 習近平暗殺のシナリオ(2) 対空ミサイルが搭乗機を襲う

2023-09-18 14:37:07 | 時事・ニュース

習近平氏は、権力の座に就いて以来、暗殺の脅威に晒されてきた。彼は江沢民派や他の派閥の脅威に直面しており、軍部の粛清も進めているため、軍も黙っているわけにはいかないだろう。写真は南アフリカを訪れた習近平氏(Photo by PHILL MAGAKOE/AFP via Getty Images)

 

(続きから)

 対空ミサイルを避けている習近平

多くの対空ミサイルは空軍と陸軍に配備され、ロケット軍には少数の対空ミサイルしか装備されていない。北京地域は対空ミサイルが最も集中しており、ロシアから輸入した少数のS-400対空ミサイルは主に北京駐屯地に取り付けられている。

習近平氏が特別機で北京を離れたり戻ったりする場合、誰かが対空ミサイルを発射して習近平特別機を攻撃すると成功率は高くなるだろう。 習氏は長い間、警戒しており、主に列車を使用し、対空ミサイルの攻撃を防ごうとしている。 

南アフリカでのBRICSサミットに出席した後、習近平氏は北京に直接戻るのではなく新疆に立ち寄った。 皆はこの動きに戸惑っている。最大の理由は、習氏の特別機が新疆に着陸した後、彼が特別列車で北京に戻ったことだ。 しかし、直接そうすることは恥ずかしかったのか、小規模な報告会が手配された。

【続きはこちら】

 

【検証】 習近平暗殺のシナリオ(2) 対空ミサイルが搭乗機を襲う

(続きから)  対空ミサイルを避けている習近平 多くの対空ミサイルは空軍と陸軍に配備され、ロケット軍 […]

 

 



最新の画像もっと見る

コメントを投稿