エシカルで三重のステキを発見 ☆ ミエシカル

オーガニック、フェアトレード、伝統工芸品など環境や人に優しく配慮した様子(モノ)の総称エシカル。三重のエシカルをご紹介!

何気ない買い物が社会や世界と繋がる瞬間

2018年12月14日 15時00分00秒 | エシカルレシピ
こんにちは!
あっという間に12月も半ば、、、
寒くまってきましたね(´;ω;`)
風邪やインフルエンザが流行るこの時期、
我が家では、息子たちが代わる代わる風邪をひきました。。。


そうなるとお世話になるのが、これ、子供用の水分補給を行うコレ↓↓

子ども用の水分補給水分。
いつもこれにもお世話になります。


ふと、パッケージにこんなシールが付いているに気が付きました。
「世界の赤ちゃんにワクチンを」

これは、
対象商品(ペットボトル飲料)の売上の一部を認定NPO法人世界の子どもに
ワクチンを日本委員会に寄付し、
世界の子どもたちを感染症から守る活動にあてていただく、
ペットボトルをワクチンに変え、世界の子どもに届けるプロジェクトです。

HPには、
和光堂は、「栄養不良で亡くなる子どもたちを救いたい」という、
日本における小児医学のパイオニア 弘田 長 博士の思いから生まれました。
そして「子どもたちの健康と健やかな成長を」という理念のもと、
このプロジェクトはスタートしています。
2009年、国内外の子どもたちのために『笑顔のじかんを届けよう!プロジェクト』に始まり、
国内の被災地への支援活動や、
世界の子どもたちを感染症から守るためのワクチンを届ける支援活動への協力に取り組んできました。
2016年からは、プロジェクト名を「世界の赤ちゃんにワクチンを」として、
引き続き海外のワクチン接種支援活動に取り組んでいます。
参照:https://www.wakodo.co.jp/info/vaccine/about_project/outline.html
と記載されていました。
こんな背景があったとは、驚きでした。


私も風邪をひいた子どもの水分補給のためにと買った物が、
世界の子どもを感染症から守る取り組みを応援できていたなんて、
とても嬉しです。
日々の買い物って、こんな風に社会とつながっていたんだと、実感しました。

皆さんも、身の回りのものに少しだけ目を当ててみてください。
新しい発見があるかもしれませんよ♪


(安原智子)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 名張市で「知ろう!エシカル... | トップ | 松阪にいながら台湾で今話題... »
最近の画像もっと見る

エシカルレシピ」カテゴリの最新記事