危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

実は日本にも多い同性愛者  オスカー・ワイルドが教える「本物の愛」とは  ザ・リバティWeb

2019-09-22 22:07:42 | リバティウェブ

はたして、神の思いはどこにあるのか?

イエス様の魂はどう考えられているのでしょうか。

クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ にほんブログ村

 

実は日本にも多い同性愛者 オスカー・ワイルドが教える「本物の愛」とは

 

例えば2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも、LGBTに配慮した取り組みが予定されています。これは、女性アスリートに同性愛者が多いとされることを踏まえてのことです。

 

電通ダイバーシティ・ラボが今年1月に発表した調査(対象数6229人)によると、2015年ではLGBTのことを知っている人の割合は約38%だったのに対し、2018年では約69%にまで増えています。

 

また日本におけるLGBT層の割合は、2018年の調査で約9%。100人いたら9人がLGBTということですから、かなりの割合です。ただし、そのうち約65%の人が「誰にもカミングアウトしていない」と答えています。

 

大川隆法・幸福の科学総裁はこのほど、同性愛者的な傾向があったアイルランド出身の作家、オスカー・ワイルド(1854~1900年)の霊言を収録しました。

 

ワイルドは、童話『幸福な王子』や長編小説『ドリアン・グレイの肖像』、戯曲『サロメ』、評論『社会主義下の人間の魂』など、宗教的な内容を含んだ作品を数多く残した人物です。しかし、『サロメ』の英訳者である青年ダグラス卿との同性愛関係が問題になり、重労働と禁固2年の実刑判決、破産宣告を受け、最後はパリの陋屋で窮死しました。

 

果たして、同性愛は完全な悪なのでしょうか。ワイルドの霊言を元に、「本物の愛とは何か」を考えてみましょう。

 

以下、詳細は本サイト(有料版)でご覧ください。

https://the-liberty.com/article.php?item_id=16295

 政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!! 現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!! (OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

コメント   この記事についてブログを書く
« 映画「世界から希望が消えた... | トップ | 【新宿暴動事件】演説妨害す... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティウェブ」カテゴリの最新記事