危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

役所広司、千眼美子らがアニメ&ハリウッド大作の牙城を崩す! Movie Walker  『さらば青春、されど青春。』シネマサンシャイン系のシネコンでは堂々の1位

2018-05-15 16:18:57 | ニュース

おめでとうございます!!!


クリックよろしくお願いします!


にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

役所広司、千眼美子らがアニメ&ハリウッド大作の牙城を崩す!

5/15(火) 16:00配信

Movie Walker  

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00146847-mvwalk-movi

GW明け最初の週末となった5月12・13日の映画動員ランキング。ファミリーやカップル、友人同士でのグループ集客を中心に稼いできたアニメ作品やハリウッド大作など、エンタメ色の強い作品がここ数週間上位を占めていたが、昭和を舞台にした邦画ドラマ2本がその牙城を崩した!

■ 『孤狼の血』『さらば青春、されど青春。』が初登場トップ5入り

まずは、初登場3位でスタートを切った『孤狼の血』。土日2日間で動員11万3000人、興収1億4700万円をあげた。『凶悪』(13)、『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌監督のもとに、役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介ら豪華キャストが集結したハードボイルド作。昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に刑事、やくざ、女が生き残りを賭けて戦う生き様を描いている。

その血生臭くバイオレンスな内容や熱い男たちのドラマに惹かれたであろう40~50代の男性客が、客層の7~8割を占めたそう。松坂桃李が体当たりな演技で新境地を見せており、「無垢な感じから成長していく過程がすごい!邦画界の希望だわ」などと評判を呼んでいる。映画ファンを中心に、クチコミでじわじわ興行を伸ばしそうだ。

同じく初登場で5位にランクインしたのが『さらば青春、されど青春。』。こちらは昭和50年の東京が舞台のラブストーリー。『東京喰種 トーキョーグール』(17)『笑う招き猫』(17)などの清水富美加が千眼美子に改名してからの初の出演作ということもあり、注目を集めていた。シネマサンシャイン系のシネコンでは『名探偵コナン』や『アベンジャーズ』といった大作を抑え、堂々の1位に輝いている。

以下、詳細は本サイトでご覧ください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00146847-mvwalk-movi


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 米朝に食い違い、首脳会談の... | トップ | ぴあ映画初日満足度ランキン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事