危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

新刊!「アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言」 過去世はインド、ヨーロッパ、アフリカの神 ドナルド・トランプとしての転生を明言

2016-10-14 20:34:18 | 書籍

トランプ氏なかなか厳しい状況ですが、
なんとか盛りかえしてもらいたいですね。

ジョージ・ワシントンの霊言【CM動画】



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村


アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言
・著者 大川隆法
・定価 1,512 円(税込)
・四六判 99頁
・発刊元 幸福の科学出版
・ISBN 978-4-86395-844-9
・発刊日 2016-10-25
※全国書店は、発刊日より順次発売です
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1751

公開霊言 あの世からのメッセージ


米大統領選直前!
トランプか? ヒラリーか?
アメリカ建国の父が望む“選択”とは。

人種差別問題、経済対策、
そして対中・対露戦略――
初代大統領が考える、
“強いアメリカ”復活の条件。

▽黒人、ヒスパニック、イスラム系の人種差別問題
▽中露と中北を分断し、再び世界のリーダー国家へ
▽軍事縮小ではなく効率化――日韓に核装備の要請を
▽驚愕の新事実! トランプ候補に隠された魂の秘密
目次
はじめに
1 「アメリカ建国の父」ワシントン登場
2 米大統領選では、あの「正直者」を応援
3 現代アメリカの人種問題について
4 神が新文明を拓くのを手伝った
5 米国の中東・ロシア外交について
6 アメリカ経済と世界経済について
7 北朝鮮問題について
8 「アメリカの神」の秘密
9 過去世はインド、ヨーロッパ、アフリカの神
10 ドナルド・トランプとしての転生を明言

※ 本書は、英語で収録された霊言に和訳を付けたものです。

政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイ「安定の柱」失う プミ... | トップ | BPO 東京都知事選のテレ... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (クリーム)
2016-10-14 22:20:18
HSはトランプの応援に、なり振り構わずの様相を呈しているようですね。
しかし、時すでに遅しでしょう。

大勢はすでに決している。
余程のことがない限り、このままヒラリーが逃げ切る可能性が高い。

世界の平和と安定にとってまことに好ましいことです。

イエス様も安心なさることでしょう。

トランプを見ていると、HSの教義でいうところの煩悩に支配された人間としか思えない。
金銭欲と名誉欲そして色情欲
さらには悪口雑言を並べたてる怒りの心。

こんな人間のどこが最高司令官に相応しいのでしょうか。さっぱり理解できない。

前回の討論会でヒラリーがこういう趣旨の発言をしたことを思い出します。

これまでの大統領選挙で、共和党の政治家に対しては政策論争で厳しく批判してきたけれども、その人の人間的資質を問うことまでは言ってこなかった。
しかし、トランプさん。あなたに対しては、人間的に大統領の資質はないと断じざるを得ないと。

共和党の歴代大統領候補の中でも、主流派や党の重鎮からこれほどまでに嫌われた人物は、トランプ以外にはない。
そのことだけをもってしても、トランプに人徳がないことは明らかです。

心の教えを説き、人としての道を説いてきたHSが、トランプのような貪欲にまみれた徳のない人物を礼賛し、応援するというのは、自己否定にも等しい矛盾と言わざるを得ない。

美女を見たら情欲を抑えられなくなる輩が「神」なのですか?笑
いい加減にしてくれと言いたくなる。

神というものはそんなに安っぽいものなのか。

金銭欲・名誉欲・情欲にまみれた人間が神になれるというなら、八正道は崩壊してしまう。

いかなる批判を浴びようとも、こんな霊言は信じません。以上。



Unknown (風)
2016-10-15 00:19:47
なんと粘着質な・・(笑)
Unknown (Unknown)
2016-10-15 03:53:07
自分の尊敬する方から、自分の考えと違う考えが出てきたとき、その尊敬する方の考えを疑うのではなく、自らの考えを疑うこと。自分の考えを一旦置いておいて、どのような考え方をすればいいのか、どういう視点で見ればいいのか、なぜ自分はそういう考え方ができないのか、よくよく考えることです。それができないのならば、反省のできない人と言わざるを得ません。
予言(笑) (英)
2016-10-15 07:03:45
クリームさんのような会員は、いずれ、
アンチになって、退会するでしょう。

霊言批判から、HS批判になり、

そのうち、総裁批判になる。

既に、その兆候が見えている。

まあ、会員にもなりすましがいるからね。

アンチのくせに、会員のふりをして、

情報を抜き取るバカがね。

ついでに言っておくが、

確かに、イエス様は、ヒラリーが好きだと、

いったが政治的に押すとはいってない。

「NYで、考えた事2」を聞けば、

イエス様は、

実は、「どっちでもいい」というのが、本心。

まあ、これも、クリームさんは信じないだろうけど。(笑)

自分の都合で、信じたり、信じなかったりするのは、
信仰の入り口にもたってないことの証明。

つまり、情報としてしか考えてないってこと。
Unknown (octopus)
2016-10-15 08:29:34
ヒラリーさん支持の人はそれでいいんじゃないですかねー。
政治家としての資質はトランプより上だろうし。ただ世界の警察官としての役割を期待できるのはトランプだと判断して、ベストよりベターでHSも推してるんじゃないのかな?

民主党ヒラリーだと弱者にも他国にも優しいかもしれないが、ジャイアン不在は逆に悪や混乱を増長させてしまうこともある。

総裁はトランプの霊言で"He is a good man."と判定された。口は悪いけど、良くも悪くも裏表のない人間なんじゃないかな。好みははっきり別れそうだけどね。
知力が弱いと杓子定規(無明)になっく… (ユメダロウ)
2016-10-15 10:15:12
クリームさんって、 HSのなりすまし会員かも知れませんね…
ちゃんと経典を読んでいらしゃいますかね…悟りの挑戦(上巻)の記述、知力が弱いと
杓子定規になってしまうのは無明からきていると言うことなんですね…我見・偏見も
結構ですが、「無知の知」を気づくとは無知無明に気づき悟ることですね…
プライドと慢心は棺桶の蓋が閉まるまで修行とは仏言なんですね〜棺桶の蓋が閉まっても
つづく人は居ますね…悪魔化した霊人の公開霊言ではっきりとしていますね…
霊言を信じる信じないはその人の自由ですが、探究学習伝道のプロセスは大事ですね…
知力が弱いと杓子定規(無明)なんですね… (ユメダロウ)
2016-10-15 10:17:32
クリームさんって、 HSのなりすまし会員かも知れませんね…
ちゃんと経典を読んでいらしゃいますかね…悟りの挑戦(上巻)の記述、知力が弱いと
杓子定規になってしまうのは無明からきていると言うことなんですね…我見・偏見も
結構ですが、「無知の知」を気づくとは無知無明に気づき悟ることですね…
プライドと慢心は棺桶の蓋が閉まるまで修行とは仏言なんですね〜棺桶の蓋が閉まっても
つづく人は居ますね…悪魔化した霊人の公開霊言ではっきりとしていますね…
霊言を信じる信じないはその人の自由ですが、探究学習伝道のプロセスは大事ですね…
八正道と神格 (英)
2016-10-15 14:17:23
ついでにいえば、

八正道は、

仏弟子の修行項目であって、

一般の人間には、関係ないんだよ。

ただ、その一般の人間が、

神格を与えられるには、

それ相応の試験があって、

それを、クリアすれば、

神格を与えられる。

それだけのことだ。

ただ、その試験あるいは、

試練を乗り越えるのは容易じゃないがね。

なんだったら、クリームさん。

挑戦してみるかい。(笑)

Unknown (泣き虫ウンモ)
2016-10-15 22:47:00
WASPと言われる男性以外には、人権がないとなればイエス様が応援しようか迷うのは理解できますかね。

オバマさんを応援したとなれば、クリントンとなってもおかしくはない。

ただ、オバマさんを応援した経緯を知るかぎり国内問題が中心であると思われ、世界的には混乱が深まるだけかなぁと。
Unknown (大山田)
2016-10-15 23:30:25
クリントン女史に決まるかトランプ氏に決まるかは存じませんが、いずれにしても遥かなる昔よりエルの神の描かれた壮大なシナリオが編まれ実行されつつあるのでしょう。
神々の世界における意思と創造のパワーを如何にしてこの世において実現せしめようとされているのか、而してこの世的にはどちらの側の意思とパワーが世論を説得し納得させ屈服せしめるのか、、
楽しみなことです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書籍」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事