危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

日本もパリ協定からの離脱決断を 幸福実現党党首・釈量子 SankeiBiz  「一方的で金がかかり、恐ろしい協定」として、脱退を正式に表明したトランプ政権の意向は、支持できるもの

2019-11-12 14:31:03 | ニュース

科学的な根拠も明確でない温暖化対策ですから、日本も離脱していくべきですね。

クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ にほんブログ村

 日本もパリ協定からの離脱決断を 幸福実現党党首・釈量子

2019.11.12 05:00
SankeiBiz
 
 
--トランプ米政権は4日、国連に地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を正式に通告した
 
 
 「一方的で金がかかり、恐ろしい協定」として、脱退を正式に表明したトランプ政権の意向は、支持できるものと考えます。パリ協定は、産業革命前からの世界の気温上昇を2度未満、できれば1.5度に抑えるために、今世紀後半に人為的な温室効果ガス(GHG)の排出量を実質ゼロにすることを目指すとしています。GHGの削減目標は各国が自主的に定め、達成義務はありませんが、達成の難易度に各国間で大きな差があるというのが実情です。
 
 

 総量削減率を目標とする米国や日本は、削減のために経済成長が抑制される可能性がありますが、GDP(国内総生産)比削減率を目標とする中国は、排出量を2030年まで増加させ、経済成長を全く犠牲にすることなく削減目標を達成できるため、「不公平だ」とするトランプ氏の指摘は当たっています。

 --日本はどうすべきか

 米国の離脱により煮え湯を飲まされた京都議定書の反省から、日本は「全ての主要国が参加する公平かつ実効性のある国際枠組み」を強く求め、パリ協定の採択に至った経緯があります。しかし、米国が離脱すれば「全ての主要国が参加」というパリ協定の大前提が崩れ、京都議定書の二の舞いになることはほぼ確実です。日本は国益を考えれば、米国と同様にパリ協定からの離脱を決断すべきです。

 現在、日本は30年度のGHGの排出量を、13年度比で26%削減するとの目標を掲げています。その達成に向けて、大幅な省エネを進め、現状で8割に上る火力発電を56%に抑え、再生可能エネルギー22~24%、原発20~22%とする電源構成を目指すとしています。

 

以下、詳細は本サイトでご覧ください。 

https://www.sankeibiz.jp/business/news/191112/bsm1911120500002-n1.htm

【プロフィル】釈量子

 しゃく・りょうこ 1969年、東京都生まれ。国学院大学文学部史学科卒業。大手家庭紙メーカー勤務を経て、94年、宗教法人幸福の科学に入局。常務理事などを歴任。幸福実現党に入党後、女性局長などを経て、2013年7月より現職。

 

 政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!! 現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!! (OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

コメント   この記事についてブログを書く
« 香港 実弾発砲 活動家女性... | トップ | 映画「世界から希望が消えた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事