アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

OK牧場の決斗

2005-08-11 16:19:57 |  映画(エ~オ)
『炎の人ゴッホ』でゴッホに扮したカーク・ダグラスは力演でした。彼は『探偵物語』始め、多くの映画で熱演していますが、この『OK牧場の決斗』のドク・ホリデイも正にはまり役。
ドクはワイアット・アープ保安官に受けた借りを返しに、離れた地で保安官をしているアープの兄を助けに行きます。やがてOK牧場で、クラントン一家との決斗が・・。


ジョンフォードの名作「荒野の決闘」と題材は同じなれども、リメイクというよりこれはこれで独立した作品と言うべきか。娯楽性100%上出来。「シェーン」以後久方ぶりに堪能出来る西部劇だ。

4人が牧場へ向かう緊迫感は決闘描写と共に優れている。その醸し出す迫力は観客を充分魅了するに足る。観客へのサービスはそれだけではない。カーク・ダグラス扮するドクが酒場でワイアットの助言により敵の不意打ちを逆襲する辺りの冴え。この作品にはドクとワイアットの不可思議なる友情が一貫して流れている。

此の骨格があればこそ此の映画は筋金が入った。二人が荒野で眠っている時、近づいてくる敵に襲われる寸前に吐く銃口など鮮やかなものだ。主題歌が終始入るのは見せ物的との説もあるが、私は作品の性格を強める意味で効果的だと考える。

撮影も素敵。殊に木立の中でのワイアットとローラのシーンは、木陰がくっきりと地表に浮かび出て水彩画を見るようだった。

1:1.85のヴィスタヴィジョン・サイズも、ワイドスクリーンの最適比と思わせる。シネスコは余り横長過ぎて考え物だ。 (文章は1,957年当時のもの)原題 Gunfight at the O.K.Corral アメリカ映画

コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 純愛物語 | トップ | うなぎとり »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カッコいい映画ですね (マーちゃん)
2008-02-06 12:20:30
>4人が牧場へ向かう緊迫感
私も~!私もあのシーンが大好きです。
男にはやらなきゃいけないことがある・・・これが男道
というのが伝わってきました。

OK牧場の決闘シーンは迫力満点。とても楽しめました。
そして、ドクが生き残ってくれたのが嬉しかったです。
いゃ~本当にカッコいいですね! (アスカパパ)
2008-02-06 14:46:35
「♪オー・マイ・ダーリン、オー・マイ・ダーリン、~」詩情漂う「荒野の決闘」も素晴らしい西部劇ですが、それとは対照的な主題歌が流れる「OK牧場の決闘」も互角に近い出来だと思います。
静と動、明と暗とでも例えるべきか、こんなに仲のいい兄弟西部劇が出来たことは、西部劇史上に永久に残る成果でしょうね。
本当は (DCP)
2008-06-04 19:15:33
何と言う名前の牧場なんでしょうかね。立ち見どころか扉が閉まらない。凄い時代でした。
Re:本当は (アスカパパ)
2008-06-05 14:24:19
ネット検索しましたら「1881年10月26日、アリゾナ州トゥームストーンのO.K.コラル近くの路上で起こった銃撃戦。」とありました。だから本当はOK牧場でなくて、OKコラル(家畜の囲い)が正解とか、、。
そうです。扉近くの立ち見客は、扉が閉まらなくて汗見客になっていることもありましたね。
OK馬囲い場の決斗(?) (ボー)
2009-01-09 07:44:44
コメ&TBありがとうございました。
拝読して、寝ているときに襲われたシーンなど、あ、そうそう、と思い出させてくれますし、ローラとのシーンは、そういう情景に気づいてませんでした。そうでしたか!
自分と違う見かたを知るのも、ブログのいいところですね!
ボーさんへ (アスカパパ)
2009-01-09 21:11:41
私もボーさんのレビューを拝読していて「あっ、こういう見方があったのか」と思うことが屡々あります。
仰るように、プログの特徴此処にありですよね。
ローラとの情景から私は、「バンドワゴン」のフレッド・アステアとシド・チャリシーの、公園でのシーンを連想したりしました。
私もドク・ホリディが素晴らしいと思いました。 (晴雨堂ミカエル)
2009-09-03 11:02:53
ラストの場面で、私はバーボンやテネシーウヰスキーに興味を持つようになりました。
晴雨堂ミカエルさん、こんにちは。 (アスカパパ)
2009-09-03 18:22:04
コメントとトラックバックありがとうございます。
「OK牧場の決斗」は、娯楽度満点の映画ですね。
こちらからも、コメントとトラックバックさせていただきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

3 トラックバック

OK牧場の決斗 (嗤う生活)
『荒野の決闘』の感想文を書いた際、『OK牧場の決斗』についてもふれました。昔TVで観たけれど内容を忘れてしまった・・・と。西部劇の...
「OK牧場の決斗」 (或る日の出来事)
♪OKコラル~♪という歌がオープニングから聞こえてくると、ワクワクする。 ディミトリ・ティオムキンが作曲し、フランキー・レインが歌う名...
ストレス解消活劇 「OK牧場の決斗」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「OK牧場の決斗」 アメリカ仁侠映画の金字塔。     【原題】GUNFIGHT AT THE O.K. CORRAL 【公開年】1957年  【制作国】米  【時間】1...