アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーメン

2008-08-04 14:27:49 |  映画(エ~オ)
 1976年のオリジナルを劇場で観ている。感想文は残っていない。あまりのショックにどうしても筆を執れなかった当時だった。でも内容は鮮烈に憶えている。6年6月6日に公開されたというリメイクを、先日TV放映で観て、再びくっきりと浮かび上がるダミアンの怪奇、恐怖だった。

 演出は犬の扱い方など、丁寧さでリチャード・ドナー作品に軍配を挙げたいが、その骨格は殆ど変わらず。6月6日6時に生まれた悪魔の申し子ダミアン役以下の演技陣も、旧作のロバート役グレゴリー・ペックが稍抜きん出る他は大差ない。

 内容はあまりにも著名であり今さら述べることもないが、「エクソシスト」と肩を並べるホラーの大作には違いない。ただし私の好みのジャンルではないので、評価もホラー的となった。

 2006年.米(FOX)[監督]ジョン・ムーア[撮影]ジョナサン・セラ[音楽]マルコ・ベルトラミ[出演]リーヴ・シュレイバー。ジュリア・スタイルズ。シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック。ピート・ポスメスウェイト。ミア・ファロー。デヴィッド・ジューリス[原題]THE OMEN[上映時間]108分[私の評価]60点

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ラストキング・オブ・スコッ... | トップ | ハリー・ポッターと不死鳥の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オーメンといえば、 (ボー)
2008-08-05 06:22:32
まず、あのメロディを思い浮かべます。荘厳で恐怖映画にぴったりな傑作でした。
前回は、やはりペックという大物がいたのが強力でしたよね。
ボーさん、こんにちは。 (アスカパパ)
2008-08-05 15:51:41
確かにオリジナルのあの音楽は、あの映画に寸部の隙もなく合っていましたね。
ペックがダミアンを殺そうとするあたり、なんともいえません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

「オーメン(2006年)」 (或る日の出来事)
あの、歴史に残るホラー映画「オーメン」のリメイク。 なんとまあ、ほとんど前作と同じらしい。 私は前作を観てはいるが、ずーいぶんと昔...