アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シューマン交響曲第1番「春」

2013-04-22 20:53:56 |  ♪交響曲
 昨日は地元の大学管弦楽団のスプリングコンサートに赴く。
 メインプログラムは、シューマンの交響曲第1番「春」

 それは、華やかにトランペットとホルンで奏でる、第1楽章「春のはじまり」で始まった。
 一転して、第2楽章「春のたそがれ」からは、夢見るような優しさを感じた。
 休み無く、第3楽章「楽しい遊び」が、それを受け継ぎ、やがて 第4楽章「春のたけなわ」で力強く終わる。

 聴いていて、映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」=2008年(独/仏/ハンガリー)を思い出す自分が居た。
 クララ夫人に寄せるシューマンの心根を感じた。
 それは両者に共通するものであったから。

 なお、他のプログラム、チャイコフスキーの3大バレエ・コレクションは、如何にもスプリングコンサートらしい、機知に富んだ楽しいひとときであった。
 特に「眠れる森の美女」の中より「バラのアダージョ」。ハープのカデンツァが夢心地を誘った。

 来春イタリア公演に旅立つ楽団に、精一杯の応援カンパをして帰途につく。
 本番の「春」は、サクラ(9日前撮影)

から、
ハナミズキやラン(本日撮影)

や。
ラン(本日撮影)

などが引き継いでいる。
 百花繚乱の「春」は、まだまだ続く。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ベートーヴェン交響曲第1~... | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春爛漫です (セント)
2013-04-29 09:47:55
アスカパパさま、おはようございます。
今年のGWは天気がよく、しかもちょうどよい気温で皆さん行楽に行かれていると思います。
私はみなさんが遊んでいるときに仕事、という因果な職業を選んでしまいましたので、今日もお客様の表情を見ています。
今年もバラが咲きだしました。
植物から毎日何かを見つけています。例えばあれほど冬に頑張って咲いてくれていたパンジー・ビオラがそろそろ弱って来ているのも可哀想な気もします。
そういう時にダニなどがはびこります。元気な時にはダニなど寄せ付けない何かがあるのかもしれないですね。

今は奈良も一番いい季節ですね。興福寺も特別拝観をしているようですし、また行ってみようかなあ、、。

それでは、また。
セント様 (アスカパパ)
2013-04-29 17:43:10
 GW酣で当地も観光客で賑わいを見せています。
 私は毎日がGWですので、行楽はGWを避けたいと思っています。
 ところで私も現役時代は、人様が休まれる時期に仕事をしてきました。今では正月も出勤したあの時代を懐かしく思います。

 セントさまのバラの写真、ブログで拝見しました。
 当家はまだ咲きません。そのうちに咲くでしょうから、その暁には撮影画像を載せようと思っています。
 では、また。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事