アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生きる

2006-01-02 17:41:06 |  映画(イ~ウ)
 死の宣告を受けた渡辺勘治がブランコを揺らせながらゴンドラの歌を歌うあの名場面。「恋せよ乙女」はただ単に恋そのものだけを指してはいない。「一度だけの人生、何かを為せ」と強調している。しかし口では言っても私のような凡人にはなかなか出来ることではない。勘治にはそのきっかけが発生したから出来たとも言える。あと僅かな命なればこそ、暗黒街の顔役も怖くはなかった。

 私も一度はこの映画の主人公と同じ宣告を受けた身なればこそ、勘治の心境と行動は痛いほど理解できる。だが幸運にして私は胃ガンを克服できた。あれほど差し迫った一時の心境からは解放された。だからといって、ただ万全と余生を全うしするだけでは如何にも寂しい。複雑な心境が交錯する。

 「命短し、恋せよ乙女」で始まるゴンドラの歌。若い日に好きだったこの歌。何となく歌っていた。だが老境に入った今、この歌は心の底に食い込んで来る。発病時あれほど大きかった死に対する恐怖心が、安らかな心境に変貌したのを不思議に思う今、たとえ大きな善行は成し得なくとも、自分なりに精一杯生き、少しでも悔いの少ない人生を全うしたいという心境にある。

 これほど死と真剣に対峙し、生と死について問いつめた映画が他にあろうか。

コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« マルサの女 | トップ | パリの恋人 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画は、 (narkejp)
2006-01-03 19:47:02
実はまだ見たことがありません。見たい映画のナンバーワンですが、家族にレンタルビデオを借りてきてもらおうかな。

機会があれば見て下さい。 (アスカパパ)
2006-01-04 16:29:59
御尊父はその後お如何ですか。ご清祥で新年をお迎えになられたことと察し、お慶び申し上げます。

古い映画ですが、ビデオがあるかどうか分かりませんが、2~3年前だと思いますが、テレビ放映があったことから、また見られる機会はあるかもしれません。その暁は是非御覧になって下さい。
Unknown (まいじょ)
2007-01-21 01:56:53
アスカパパさんのような闘病経験をお持ちの方には、この映画はいっそう真に迫るものがあるのでしょうね。
私も公務員のはしくれですが、すべての公務員にこの映画を観て、何かを感じてもらいたいと思います。
映画のラストシーンが暗示するものは、改革への希望であるのか、惰性への諦観であるのか、見方は分かれるようです。この映画を観て感じる者が多ければ、それだけ改革への希望が膨らむような気がします。それほどインパクトの多い映画だし、普遍的なテーマを扱っていると思います。
まいじょさん、おはようございます。 (アスカパパ)
2007-01-21 10:38:17
コメントありがとうございます。
人間誰しも安寧な時は、ともすれば心が緩みがちになると思います。
厳しい現実に直面した時こそ、真に自己の改革に目覚めるのではないでしょうか。
この映画は、それを痛切に叫んでいるように思えてなりません。
Unknown (スノーパンダ)
2007-09-11 07:02:52
ご訪問ありがとうございました。

映画に合った素晴らしいレビューで 涙が出そうになりました。 
私の母も3年前、胃がんになりましたが、幸い初期でしたので今はすっかり元気にしております。

アスカパパ様も 御身体ご自愛の上、また素敵なレビューを読ませてくださいませ。 名作大好きなので また寄らせていただきます
スノーパンダさん、コメントありがとうございます。 (アスカパパ)
2007-09-11 10:21:08
身に余る過分のお言葉、身に余る光栄です。ありがとうございます。

そうですか、スノーパンダさんのお母様も・・でしたか。でも、もう3年経過されてお元気なら絶対大丈夫です。

私もスノーバンダさんのブログをブックマークしました。こちらからも時々お伺いすると思います。よろしくお願いします。
Unknown (スノーパンダ)
2007-09-12 21:13:55
拙いブログを登録していただき、ありがとうございました。(お恥ずかしい…)
いろいろ 映画のブログも拝見しましたが、不思議とアスカパパさんの鑑賞記が 一番 自分の好みと似ていました。

古典名作が大好きですが、同世代の友人に同じ趣味の方がいなくて 心に秘めていました(笑)

日々の楽しみができました。宜しく御願いいたします

スノーパンダさん、おはようございます。 (アスカパパ)
2007-09-13 09:45:35
いえいえ、どういたしまして。こちらこそありがとうございます。

楽しい絵をお描きになっているのですね。お伺いした時は、ポチッとしていますよ。この間は31位にランクされていましたね。
もう一つのほうをポチッすると、お~堂々の第1位ではありませんか!。今の阪神タイガースと同じだぁ。がんばってくださ~い!

こちらこそよろしく。
こんにちは (ディープインパクト)
2010-09-02 22:08:59
 こんにちは。レビューを拝見して驚きました。アスカパパさんもこの映画の主人公と同じような状況に追い込まれていたとは。
 本当にアスカパパさんの想いがこもったレビューで感動しました。
ディープインパクトさん、こんにちは。 (アスカパパ)
2010-09-03 11:27:28
お読み頂き有難う御座いました。
この映画で受けた薫陶を、生ある限り、微力ながらも、意識しつつ生きていきたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2 トラックバック

映画 生きる(1952) 現在に通じる黒澤明のヒューマニズム映画 (ザ・競馬予想(儲かるかも?))
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  1回観ただけでいつまでも強烈に心に残っている映画というのはある。その映画を観て以来、毎日心の何処かでこの映画のことが...
511・生きる 1952、東宝 (映画鑑賞の記録)
2月12日(水) 監督 黒澤明   志村喬 黒澤作品は なんと 七人の侍 以来 ですよ この作品を 見られるなんて 思っても ...