アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画を読む

2012-03-18 11:45:11 | ■読書・自由記述
 歯科通いの帰途、本屋に立ち寄る癖がついてしまった。中に入ると自然に足が向いてしまうのが、映画と銘打つコーナーの棚。
 最近は、DVD入りの本も多くなってきている。小津安二郎のセクションで、未見の「お早よう」を見つけた。「これは次回に延ばそうかな?」と思案錯誤中、ふと傍らで眼に入ったのがトップ画像の著書だった。
 私は1950年代初期は洋画党だった。従って愛読雑誌は「SCREEN」。双葉十三郎さんの「ぼくの採点表」は極めて個性的で印象深かったが、荻昌弘さんの映画批評は近代的な匂いがした。
 著書は、その中からピックアップして纏めている。懐かしい匂いが満ち足りる中で、薫り高い文体を味わいつつ今読んでいる。
 フェデリコ・フェリーニの「道」と、ロベール・ブレッソンの「抵抗」に共通点を見出し、人間讃歌を謳った文章など、映画批評を文学の域にまで昇華せしめたような趣がある。
 かってのテレビ番組「月曜ロードショー」での解説も印象深い。62才の若さで夭折されてから四半世紀経つ。合掌。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 少しばかり、宗教がわかり世... | トップ | 花と人生 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月曜ロードショー (ボー)
2012-04-01 09:41:05
中学生当時は、私は新潟に住んでいました。
テレビの映画番組といえば、土曜の夜中、月曜夜くらいしかなかったのです。
ですから、映画解説といえば、荻さんだったのです。懐かしいですね。
(雑誌は、後発の「ロードショー」派でしたが。)
ボー様 (アスカパパ)
2012-04-01 10:28:37
コメントありがとうございます。

そうでしたか。「ロードショー」は、本屋さんでよく立ち読みしました。(汗)

荻さんの解説は、明瞭で歯切れ良く、佳かったですね。もっと生きて居られたら、と惜しまれます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。