アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブラッド・ダイヤモンド

2007-04-24 12:46:09 |  映画(フ~ホ)
 RUFに洗脳された息子を必死に目覚めさせようとするソロモン(ジャイモン・フンスー)。その眼から止めどなく流れ落ちる涙。やっと父親への愛を取り戻したディア(カギソ・クイパーズ)。その頬に伝わる涙。それは本物の涙に見えた。

 シェラレオネの海に浮かぶ漁舟のシルエット。平和への祈りが込められたような朝焼け(夕焼け?)だ。冒頭「ディア、遅刻するぞ!」の声も和んだ親子に一応の平和は戻った。

 肉親愛を感動的に謳いつつ、ダニー(レオナルド・ディカプリオ)とマディ(ジェニファー・コネリー)の秘めたる愛も絡ませたドラマティックな演出は、さすが『グローリー(89)』や『ラスト・サムライ(03)』を撮ったエドワード・ズウィックと感じ入らせる。

 更に、ダイヤモンドの国シェラレオネに潜む悲劇的な宿命に想いを馳せしめたのがこの作品の非凡なところ。ダイヤが物欲に狂う人種を踊らせ、ダイヤより尊い人命を蔑ろにした。どちらが大事かは誰でも分かる。だがそれを出来ない人間の業をこの映画は赤裸々に描く。

 この国には今も、北朝鮮の拉致にも似たRUFに身を宿す少年が多く居るという。その状況は形こそ違え『ホテル・ルワンダ』も然り。けれどエンターテインメント性に差が出た。
 戦いの描写は正に地獄。無力な婦女子も顧みぬその残虐非道さは目を覆いたくなる。自分の目を隠して政府軍人を射殺するディアの背に「洗脳」の怖さが浮かび上がる。

 欧米諸国に依存する政府。対立を激化させるRUFの主張も判らぬはない。TIA(This Is Africa)という言葉が頻発する。アフリカはアフリカ人のものという主張が伝わって来た。
 独断偏見乍ら、この映画で白人のダニーやマディはあくまでも脇役。主役は黒人のジャイモン・フンスーだ。『アミスタッド(98)』で彼を初めて観た時に注目した。凄い俳優である。

 昨年の大学入試センター試験でもアフリカの出題が多かったと漏れ聞く。映画界のみならず、最近アフリカが世界の脚光を浴びて居る。

 2006年.米[監督]エドワード・ズウィック[撮影]エドゥアルド・セラ[音楽]ジェームズ・ニュートン・ハワード[出演]ジャイモン・フンスー。レオナルド・ディカプリオ。ジェニファー・コネリー。カギソ・クイパーズ[原題]Blood Diamond[上映時間]2時間23分[私の評価]85点

コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ラストコンサート | トップ | フェーム »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TIA (izumi)
2007-04-25 17:21:09
アスカパパさん、こんにちは~。
ご覧になられたんですね~。
ホント、しつこくオススメしちゃってすみません。

TIA、この言葉はかなり印象に残りました。
アフリカに生きてみないと理解できないだろうな~と思う程、アフリカの空気を感じました。

ジャイモン・フンスー、『アミスタッド』に出演していましたね~。本当に素晴らしかったですよね。
ついでに、レオナルド・ディカプリオもかなり成長したと思います!(笑)
どういたしまして! (アスカパパ)
2007-04-26 13:55:00
教えて頂いてよかったです。一見の価値がある映画でした。
実は私はこの映画についての予備知識が全くありませんでした。
それで、ダニー・アーチャーを演じている俳優がレオナルド・ディカプリオだとは気が付きませんでした。
それほど彼は変貌しましたね。フェイスだけでなく、演技面に於いても。
『タイタニック(98)』や『ギャング・オブ・ニューヨーク(02)』時代の甘さは完全に消えていますね。また『アビエイター(05)』では"髭とヌード"が目障りでした。
仰る通り可成りの成長です。
余談ですが、昔、大根と陰口を囁かれていた俳優が急成長して驚くことがあったのを思い出します。
『シェーン』で、この眼を疑ったアラン・ラッド。
『長い灰色の線』で、眼を見張らせたタイロン・パワー等々。
つい余談をお喋りしてしまいました。ごめんなさい。
観てきました~ (もく)
2007-05-07 17:32:08
まさに地獄のようなショッキングな映像に疲れ果てて観終えたあと、映画の始まりを忘れ去っていました。「ディア、遅刻するぞ!」という親子の朝の普通の会話で始まったんですネ。アスカパパさん、よくぞ覚えていて書いてくださいました♪。やっぱり良い映画でした~。
もくさん、コメントありがとうございました。 (アスカパパ)
2007-05-08 09:41:15
あの言葉が不思議に心に残りました。
こんなことを言えばソロモンに失礼かもしれませんが、「こんなところにもやはり学校があるのだ」と思ったからです。
この国の小学校就学率は30%強だったですか。
この現象もダイヤモンドの影響大ですよね。
あのようなショッキングなことが続くんですから。
ジャイモン・フンスー (ボー・BJ・ジングルズ)
2007-06-15 00:12:08
「アミスタッド」の頃から出ていたんですか。
確かに、彼が主役ですよね。映画の締めくくり方を見ても。
ディカプリオにしても、はじめて、いいなと思いました。
出来のいい映画です。
ボー・BJ・ジングルズさん、おはようございます。 (アスカパパ)
2007-06-15 10:24:42
モーガン・フリーマンらもそうですけど、私はジャイモン・フンスー も「ブラック・ムービー」の先駆けとなった演技者だと思います。
ディカプリオ、確かに脱皮しましたよね。
また、エドワード・ズウィックは、無難な作品を創る天才のような気もします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2 トラックバック

ブラッド・ダイヤモンド (ただの映画好き日記)
アフリカ・シエラレオネ共和国。反政府軍組織RUFに捕まり闇ダイヤの採掘場で強制労働を強いられていたソロモンは、作業中に大粒のピンクダイヤを発見。
ブラッド・ダイヤモンド (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ディカプリオが、見事な演技で光っています。 アフリカのシエラレオネ共和国では、闇でのダイヤモンドの取引が盛んに行われていました。反政府軍組織であるRUFに襲われて連れ去られ、闇ダイヤの採掘場で強制労働を強いられていたソロモンは、作業中に大粒のピンクダイ...