アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フレンジー

2010-12-17 19:14:50 |  映画(フ~ホ)
 ロンドン市街を流れるテムズ河。カメラはゆっくりとズーム・インして行く。やがて、タワー・ブリッジがその美しい威容を現して来た。

 

 その河岸に臥す女性の全裸死体。その首には縞柄のネクタイで絞められていた。やがて、離婚した女性や、共に働いたことのある女性も殺されたことから、リチャード・ブレイニーは追われる身になる。

 

 ということで、ハラハラドキドキが繰り返されてゆく。ヒッチコック作品は、ネタバレ防止のためこれ以上は書けないが、トラックに満載したジャガイモ袋から、ジャガイモ+αが、深夜の路上に転がり落ちるシークェンスはなかなかの見もの。

 ところで、わぁ~、こんな所に居られたとは、ヒッチコック先生!めつけ~!。

 [私の評価]可成りの意欲を感じる佳作。
 1972年.英/米(ユニヴァーサル=CIC)[監督]アルフレッド・ヒッチコック[撮影]ギル・テイラー[音楽]ロン・グッドウィン[主な出演者]ジョン・フィンチ。★バリー・フォスター。バーバラ・リー・ハント。アレック・マッコーウェン[原題]FRENZY[上映時間]1時間57分。(★=強印象)

コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 赤穂城断絶 | トップ | 引き裂かれたカーテン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネタバレは・・・ (十瑠)
2010-12-17 21:53:58
真犯人はすぐに出てくるので、謎解きではなく、真犯人がいつ、どのようにして捕まるかが気になる作り方ですよね。
無実の人が如何にして助かるかも気になる。

面白いカメラワークが幾つか見られる、技巧派ヒッチさんの面目躍如の傑作だと思いました。
十瑠さん、こんにちは。 (アスカパパ)
2010-12-18 14:03:42
>真犯人はすぐに出てくるので、謎解きではなく、真犯人がいつ、どのようにして捕まるかが気になる作り方ですよね。

その通りですね。
ラストで私は、「刑事コロンボ」を想起しました。
おはようございます☆ (miri)
2010-12-22 08:38:46
いつも予約投稿の私が下書きした後で、アスカパパさんのこの記事がアップされて、本当にビックリしました☆(ほぼ同時)

私は再見でしたが、嫌悪感しか残っていなかったこの作品の素晴らしさに、ビックリしました☆

>[私の評価]可成りの意欲を感じる佳作。

ヒッチ作品の中では、日本ではあまり知られていないような気がしますが、素晴らしい作品でしたね~。
TBさせて頂きました。
miriさん、こんにちは。 (アスカパパ)
2010-12-22 17:13:27
コメントとTBありがとうございます。
そうでしたか。miriさんとは、ニアミスが時折り在りまして、正に、ヒッチコックを感じます。
この作品は、私も初めて知りました。確かに知名度は低いほうかもしれないですね。
それなのに、なんと、堂々たる内容でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

3 トラックバック

フレンジー (テアトル十瑠)
(1972/アルフレッド・ヒッチコック監督/ジョン・フィンチ、バリー・フォスター、アレック・マッコーエン、ジーン・マーシュ、アンナ・マッセイ、ビビアン・マーチャント)
(1-310) フレンジー (2回目) (映画鑑賞の記録)
再見 FRENZY (フレンジー) 1972年・アメリカ 12月中旬 BS2を鑑賞しました。 監督 アルフレッド・ヒッチコック 主演 ジョン・フィンチ(ブレイニー役) 感想 初...
(1-310) フレンジー (2回目) (映画鑑賞の記録)
再見 FRENZY (フレンジー) 1972年・アメリカ 12月中旬 BS2を鑑賞しました。 監督 アルフレッド・ヒッチコック 主演 ジョン・フィンチ(ブレイニー役) 感想 初...